1. Home
  2. 読書
  3. 「アイネクライネナハトムジーク」絶賛上映中
  4. #3 灰色のスーツの彼女…“出会いがない...

「アイネクライネナハトムジーク」絶賛上映中

2019.10.01 更新 ツイート

#3 灰色のスーツの彼女…“出会いがない”の呪縛がとける恋愛ストーリー伊坂幸太郎

「じゃあ、ごくろうさん」アンケートに協力してくれた中年男性が立ち去っていく。

後ろ姿を眺めながら視線を動かす。空は薄い藍あい色いろだった。ずいぶん寒くなってきており、コートが必要だったが、僕にはコートがなかった。デッキの上をさまざまな人たちが行き交っている。勤め帰りの会社員が多い。制服を着た高校生らしき姿もちらほらある。

目の前を、黒の薄手のコートを着た女性が歩いてきたので、「お忙しいところすみません」と声をかけてみる。

「急いでいるので」女性は、僕の顔に一瞥(いちべつ)をくれたものの、すぐに通り過ぎた。僕は短く謝罪の言葉を口にする。

仕事とはいえ、物腰柔らかく近づき、丁寧に声をかけ、乱暴に拒否されるうちに、自分がとてつもない嫌われ者に思えてくる。強い精神力が必要だったが、コート同様それも僕にはなかった。溜息(ためいき)をこらえ、じっと手のアンケート用紙を見る。

誰に声をかけようか、と見定めるつもりで通行人に目を向けた。誰も彼もが自分を避けていくように見える。群れるペンギンのようにたくさんいるにもかかわらず誰も彼もが素通りだ。

藤間(ふじま)さんのことを思い出した。優秀なシステム管理者で、妻に逃げられたことで動揺した、かの有名な藤間さんだ。一昨日の例の騒動の後、心労のためなのか藤間さんは、めったに取らないはずの有給休暇を取り、休んでいた。奥さんの帰ってこない家で眠っているほうが、身体(からだ)に悪いんじゃなかろうかと思わないでもなかったが、とにかく僕は、その藤間さんの分まで頑張らなくては、とそんな気分だった。

後ろで、わっと大きな声がした。振り返る。駅の構内に人だかりができていた。二十人ほどだろうか、会社員たちが、僕には背中を向ける形で立っている。彼らの正面には、少し見上げた角度の場所に、大きめの画面があった。

(写真:iStock.com/Pavie Bugarski)

ボクシングだ。

今晩、日本人ボクサーが、ヘビー級のタイトルマッチをやるのだった。以前からずっと待ち望まれていた一戦で、社内でも生中継を観(み)たいがあまり、いそいそと退社する者がいた。そういえば、課長もそうだったんじゃないか。

中継を眺める人だかりが、駅の中にある。外にいる僕の場所からは、画面の一部しか見えなかったが、試合ははじまっていないようだとは窺(うかが)い知れた。

それから二十分、僕は十人ほどに声をかけたが、一人にも相手にされず、ますます落ち込みは酷(ひど)くなっていく。丁寧なナンパ師だと警戒されているのか、もしくは、怪しい商品勧誘だと思われているのか、どちらにせよ声をかけどもかけども、誰も協力してくれない。

 

 

正面から歩いてきた彼女は小柄とも大柄とも言えない体格だった。髪を上げ、束ねているのが似合っていたが、服装はといえば地味な灰色のスーツで、俯(うつむ)き気味に歩いている。

自分の数メートル前までやってきたところで、「お忙しいところ、すみません」と呼び止めた。

「はい?」彼女が立ち止まってくれたことにほっとしつつ、アンケート依頼の趣旨と自分の会社の説明を素早く話す。逃げないでください、逃げないでください、と内心では必死に唱えた。

一通り話を聞いたところで彼女は、「いいですよ」と顔を上げ、うなずいた。嬉々(きき)として、という雰囲気ではなかったが渋々な気配もなかった。

それまでの連敗続きの状態から、今回も当然、断られるものだと思い込んでいたので、「え、いいんですか?」と僕は聞き返した。

「え、だめですか?」

「いえ、本当にありがとうございます」

関連キーワード

関連書籍

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

妻に出て行かれたサラリーマン、声しか知らない相手に恋する美容師、元いじめっ子と再会してしまったOL……。人生は、いつも楽しいことばかりじゃない。でも、運転免許センターで、リビングで、駐輪場で、奇跡は起こる。情けなくも愛おしい登場人物たちが仕掛ける、不器用な駆け引きの数々。明日がきっと楽しくなる、魔法のような連作短編集。

{ この記事をシェアする }

「アイネクライネナハトムジーク」絶賛上映中

9月20日全国ロードショー!!

“出会いがない”というすべての人へ――10年の時を越えてつながる〈恋〉と〈出会い〉の物語

妻に出て行かれたサラリーマン、声しか知らない相手に恋する美容師、元いじめっ子と再会してしまったOL……。人生は、いつも楽しいことばかりじゃない。でも、運転免許センターで、リビングで、駐輪場で、奇跡は起こる。情けなくも愛おしい登場人物たちが仕掛ける、不器用な駆け引きの数々。明日がきっと楽しくなる、魔法のような連作短編集。

バックナンバー

伊坂幸太郎

一九七一年千葉県生まれ。二〇〇〇年『オーデュボンの祈り』で、第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。〇四年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第二十五回吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で第五十七回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。〇八年『ゴールデンスランバー』で第五回本屋大賞と第二十一回山本周五郎賞を受賞する。他の著書に『火星に住むつもりかい?』『AX アックス』などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP