1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. いまわたし(たち)が直面している〈貧しさ...

本屋の時間

2019.09.15 更新 ツイート

第68回

いまわたし(たち)が直面している〈貧しさ〉について辻山良雄

撮影/齋藤陽道

最近ではテレビのニュースを見ても、ツイッターのタイムラインを眺めても、こころ冷えることばかりであり、無意識に気持ちがとじこもりがちになる(こうしたとき、趣味が読書というのは都合がよい)。

Titleは開店して来年で5年目を迎えるが、急速に世のなかを覆いはじめた〈貧しさ〉と無関係ではいられなくなった。貧しさといえば、まずはお金のことを想像されるかもしれないが、ここではそれに関して触れない。むしろささいなことに〈貧しさ〉の芽はあり、本屋において、知らない本に触ろうとしない人が増えたことは、その表れの一つだと思う。

 

 

本でも映画でも、旅先の風景でもそうかもしれないが、一般に知識と体験の量が増えるにつれ、同じものを見たときの、理解できる箇所は増えてくる。

それに対して、「聞いたことのない本だから」と、未知のものに触れることをやめてしまえば、その人に見える世界は段々と狭まってくる。それはまさに、日常の様々な場面で見られることでもあり、この社会が経済や効率を優先し、そこに含まれないものは切り捨ててきた結果、人の思考は単純化しつつある。
 

(写真:iStock.com/hyejin kang)

本はもともと、こうした〈貧しさ〉とは対極にあるものだ。ある本をきっかけにして、世界がそれまでとはまったく違って見えるという経験をした人もいるかもしれないが、それはその本により知らなかった知識や感情が刺激され、世界の解像度が高まったことによる。

本の世界に利便性が持ち込まれると、人の情緒に触れ、読む人を根本から変えていくような本は軽視される。その代わりに、コンビニエントで理解しやすい本の需要が高まるが、簡単に得た知識は忘れ去られるのも早く、その人の興味を押し広げることにはつながらない。便利だが貧しいという社会の状況に、本を取り巻く世界も飲み込まれているように思う。

 

たとえ知らなくても、少しでも興味を惹かれた本があれば、まずはその本に触ってみることだ。触っているうちに、ただの紙の束にしか見えなかった物体は、〈本〉として認識されるようになる。そうした未知の本こそがその人自身、引いては世界を豊かにする。本屋の本棚に知らない本が並んでいることは、〈壁〉を意味するものではなく、世界の豊かさを示している。

 

 

今回のおすすめ本

『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』吉岡乾・著 マメイケダ・イラスト 創元社

著者は小さな言語を求めて、実際にパキスタン・インドの山奥に入る、あまのじゃくな言語学者。文章はサービス精神に溢れ、新たな発見に驚きつつも、世界を覆う単一なグローバリズム的価値観には「ノン」という。真に熱いとは、このような人のことをいうのだろう。


 

◯Titleからのお知らせ
6月1日(月)から、書店・カフェともに店頭での営業を行います。短縮営業です。詳細はこちらをご覧ください。

 

◯2020年7月30日(木)~ 2020年8月25日(火)Title2階ギャラリー

台風と小旅行
石山さやか「Short Trip with Typhoon」原画展

新潟県寺泊への小旅行を綴ったzine「Short Trip with Typhoon」の原画と、旅行にまつわる新作ドローイングを展示。「ささいなもの/ささいなもの「これを覚えていたい」の連続/でも旅が終われば/朝見た夢のようにさらさらと記憶はうすれて/またいつもの生活に戻ってしまう」――。旅が遠い今たどりたい空間。
 

◯朝日新聞(耕論)2020.6.18
自粛要請と自由 新型コロナ 辻山良雄さん、戸羽太さん、青井未帆さん

◯nippon.com インタビュー 2020.5.4
たたかう「ニッポンの書店」を探して
本を自分で紹介し、売ることに賭ける-東京荻窪「Title」


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売、たちまち重版!!

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP