1. Home
  2. お知らせ
  3. 幻冬舎文庫からのおしらせ
  4. 6月の幻冬舎文庫新刊は、笑って泣けるエッ...

幻冬舎文庫からのおしらせ

2019.05.22 更新 ツイート

6月の幻冬舎文庫新刊は、笑って泣けるエッセイから時代小説まで、充実のラインナップ!幻冬舎編集部

6月発売の幻冬舎文庫は、笑って泣けるエッセイから、時代小説文庫まで、充実のラインナップ。そして、映画にもなった『T校バスケット部』の最新作が登場です!

6月11日(火)から店頭に並びますので、ぜひチェックしてみてください。

 

『実話芸人』/コラアゲンはいごうまん

「SM女王様の奴隷に弟子入り」「後期高齢者しかいないソープランドへ突撃」「会ったこともない人の葬儀に参列」など、著者が体を張って体験した、笑って泣ける壮絶実話ネタが満載。

 

『浮世絵の女たち 美人画に隠された謎』/鈴木由紀子

浮世絵の中で艶然とほほえむ美女はいったい何者なのか? わずかなヒントを手がかりに有名絵師とモデルにまつわる謎を大胆に推理。貴重な資料を多数収録、浮世絵鑑賞がもっと面白くなる!

 

『生涯健康脳』/瀧靖之

65歳以上の5人に1人が認知症になる時代がやってくる。その予防には、睡眠・運動・知的好奇心が重要。脳が生涯健康であるための習慣を、16万人の脳画像を見てきた脳医学者がわかりやすく解説。

 

『リーダーの教養書』/出口治明 ほか

日本が米国に勝てない理由は「教養の差」にあった――。10の分野の識者が、歴史学、医学、経営学といった専門から推薦書を選出。経営判断、思考、洞察力を深めるものなど、120冊を収録。

 

『超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ』/房野史典

マンガみたいに読めて、ドラマよりもワクワク。 笑いあり涙ありの戦国物語。「関ヶ原の戦い」「真田三代」などのキーワードで、複雑な戦国の歴史がみるみる頭に入り、日本史が一気に身近に!

 

『人生の勝算』/前田裕二

8歳で両親を亡くした起業家・前田裕二が生きるための路上ライブで身につけた、人生とビジネスの本質とは。外資系銀行員時代、「SHOWROOM」の立ち上げ、未来のこと。魂が震えるビジネス書。

 

『走れ! T校バスケット部9』/松崎洋

神津高校バスケ同好会の顧問になった陽一。部員に学校一の身体能力を誇る新海、卓越した観察眼を持つ神谷、シエラレオネからの留学生オマールらが加わり、T校バスケ部との練習試合に挑む。

 

              ♢幻冬舎時代小説文庫♢

『墨の香』/梶よう子

突然、嫁ぎ先から離縁された女流書家の雪江は、心機一転、筆法指南所(書道教室)を始める。そんなある日、元夫の章一郎が事件に巻き込まれたことを知り――。江戸時代の「書家」を描いた感動作。

 

『追われもの三 標的』/金子成人

嫁と情夫に家業を潰されて行方知れずとなった兄・佐市郎を救うため、島抜けを果たした丹次。懐かしい兄の絵に似た忘れ草の刷り物を見つけたことで丹次に光明が差す。急展開のシリーズ第三弾!

 

『若旦那隠密4 門出』/佐々木裕一

表の顔は大店の若旦那。裏の顔は公儀隠密。塩の買付のため四国高松に向け出帆した藤次郎だったが幾度も刺客が現れ、更に身内の裏切りも発覚。 伝来の必殺剣が唸る大人気シリーズ、堂々完結。

 

『飛猿彦次人情噺 恋女房』/鳥羽亮

しがない屋根葺き・彦次の正体は、風変わりな盗みの手口が巷で話題の怪盗「飛猿」。彦次の正体をただ一人知る老剣客・玄沢と、残虐な強盗殺人の下手人を探し始めるが……。新シリーズ開幕!

{ この記事をシェアする }

幻冬舎文庫からのおしらせ

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP