1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 〈いま読みたい本〉を買うのではない

本屋の時間

2019.03.15 更新 ツイート

第57回

〈いま読みたい本〉を買うのではない辻山良雄

(写真:iStock.com/yaruta)

カメラマンのキッチンミノルは本を買う決断が早い。雑談の話題に上った本、ふと目についた本など、「これ、買います」と即決でカウンターの上に積み重ねていく。つまり本屋としてはありがたい客なのだが、これはあくまでもわたしの想像でしかないが、キッチンは買った本の半分も、まともに読んでいないのではないか。
 

先日、BSで『ヒグマを叱る男~世界遺産・知床~』というドキュメンタリーを放映していた。熊と共存して暮らしている知床半島の番屋(漁師が漁場近くに作る、作業所兼宿泊所)を追った番組を見ながら、発売時に買ったまま放置していた本があるのを思い出した。本棚の奥に埋もれていた『熊を彫る人』を引っ張り出して読んでみたら、先ほどのドキュメンタリーと重なる箇所も多く、「これはいま読むべき本だったなあ」と深く納得した。

「買うからにはどこかしら自分の興味に沿った本なのだが、差し迫って読まなければならないものでもないので、本棚に並べて満足する」。わたしには、そういうことがよくある。そのとき、読んでいない本は「開かれてはいないが、何かしら関りのあるもの」として、そこに並べられることになる。本棚は自分の外に取り付けた脳みそのようなものなので、それを太らせることで、そこにある知や感情の総量が増えてくる(運がよければ先ほどの『熊を彫る人』のように、本を深く理解できるタイミングで取り出すことができる)。

 

 

そして更にいえば、ネット書店では既にわかっている〈いま読みたい本〉は簡単に見つけることができるが、〈いま読む必要はないが、この先どこかで関わりそうな本〉とはなかなか出合うことができない。ネット書店が得意とする利便性は、いつも〈いま〉と関わっているからだ。しかし、それはいまの自分を増強するにすぎず、まだ芽を出していない可能性に水をやることにはならない。自分のまわりにそのとき必要な本しかない状態を考えると、わたしなどはどこかさみしい人間になってしまうような気がするのだが、どうなのだろう。

 

キッチンは本のことを「資料だ」と話していたが、彼は〈いま、ここ〉にあるまだ開かれていない本の可能性についてよく知っているのだと思う。

 

今回のおすすめ本

『熊を彫る人』写真・在本彌生 文・村岡俊也 小学館

文中に出てきた一冊。美しくも厳しい自然環境の中で、そこから何かを汲(く)むように生きてきた男の生涯が描かれる。

<お知らせ>

◯2020年1月31日(金)~ 2020年2月9日(日) Title 2階ギャラリー

 夏雨(ナツグレ)」加納千尋写真展
 写真集『夏雨』(Kite)刊行記念

 南西諸島の奄美大島に父方のルーツがある著者が、父を含む島出身の五人きょうだいに記憶をたずね、その言葉をたよりに現代の奄美大島を撮影した写真集「夏雨」。その東京での初個展。


◯2020年2月11日(火)~ 2020年2月27日(木) Title 2階ギャラリー

 詩人・山尾三省展~詩集・原稿・写真、そして画家nakabanの装画
 山尾三省詩集『新版 びろう葉帽子の下で』(野草社)刊行記念

 日常の中で非日常的な時をつづった詩人・山尾三省。彼の詩集新版刊行を記念し、過去の全著作、直筆原稿、アメリカの詩人ゲーリー・スナイダー氏との対談時に高野建三氏が撮影した写真、詩集『新版 びろう葉帽子の下で』の装画担当nakaban氏の作品原画などを展示。

ⓒKenzo Takano


◯2020年2月21日(金)19:30~ Title 1階特設スペース

 坊さん、本屋で語る。
『坊さん、ぼーっとする。~娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり~』(ミシマ社)刊行記念 白川密成さんトークイベント

愛媛県・栄福寺住職の白川密成さんのお話を聞く。本書の題名にもなっている「ぼーっと待つ勇気」や「見る」「ほっとく」「子ども」といったテーマを中心に、ミッセイさんが日常の中で考え、感じている仏教の智慧をやさしくポップに語る。

 


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売されました

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 


 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP