1. Home
  2. 生き方
  3. 人生は理不尽
  4. 『7つの習慣』から学んだ「自己愛」の大切...

人生は理不尽

2019.02.06 更新

『7つの習慣』から学んだ「自己愛」の大切さ佐々木常夫

「期待しすぎずに、楽観でいこう」元・東レ経営研究所社長の佐々木常夫さんが晩年について語った『人生は理不尽』(小社刊)が刊行されました。佐々木さんは東レ時代、肝臓病とうつ病を患い自殺未遂を繰り返した奥さまと自閉症のご長男を支えながら、必死に取締役にまで上りつめるも突然、左遷人事を言い渡されてしまいます。なぜ私が…そんなやりきれない想いに悩みますが、「なんとかなるさ」と前を向き『ビッグツリー』『そうか、君は課長になったのか。』とベストセラーを著しました。そんな佐々木さんも74歳。死を意識するようになった今、何を想うのか。人生の暗夜に苦しむ全ての方に贈るメッセージです。

『人生は理不尽』(1月25日小社刊、1200円+税、B6判変形260頁)

幸せになるというのは、特別むずかしいことじゃない

毎年花見の季節になると、中学時代の仲間で集まります。桜を眺めながら、みんなで食事を楽しみます。そのとき友人の一人が、私にこんなことを言いました。

「佐々木、お前が一番幸せそうだな。健康そうだし、仕事もあるし、友だちも多いし。しかもみんなに好かれているじゃないか」

この時期私は花粉症がひどく、内心(花粉症がつらいんだけどね)と思いつつ、彼にこう返事しました。

「だって、そういう生活を心がけてきたんだもの。別におれが特別だというわけじゃない。やろうと思えば誰だってやれる。幸せになりたかったら、みんなもそうすればいいんだよ」

何気なく出た言葉でしたが、これは70年あまりを生きてきた私の実感です。

幸せになるというのは、特別むずかしいことじゃありません。「自分を幸せにするぞ」という自己愛にしたがって行動すれば、本当は誰だって幸せになれます。

ところが多くの人が失敗します。幸せになるはずが逆に不幸になってしまいます。

いったいなぜかと言えば、「自己愛」ではなく「自己中心」で行動しているからです。

自己中心に振る舞えば、当然人から嫌われます。他人をないがしろにすれば周囲から相手にされなくなります。こうなったら幸せでもなんでもありません。最初はよくても結局不幸な老後が待ち受けています。

(写真:iStock.com/yu-ji)

一方自己愛は短絡的な自己中とは異なります。自分より他人をまず優先する、個人的な欲求より周囲への貢献を考える。そうすれば周囲から好かれます。おのずと磨かれ成長もできます。こうして自らを幸せへと導いてくれるのが私の言う自己愛です。

つまり「私が私が」という気持ちを少しだけ抑え、まずは相手に「どうぞ」と道を譲る。自分が困らない範囲で他人に尽くし貢献する。簡単に言うと、こういう心がけが自己愛を極める=幸せな老後を送るコツなのです。

組織での成功なんて二の次だ

私はこの考え方をスティーブン・R・コヴィー氏の『7つの習慣』から学びました。ご存じの方もいると思いますが、コヴィー氏は経営管理の専門家です。この本も優れたリーダーの育成を目的に書かれましたが、老後の人生を生き抜く知恵としてもたいへん役立ちます。参考までに7つの習慣を上げてみましょう。

1)人生を主体的に生きなさい

2)目標を持ちなさい

3)何が重要かを考えなさい

4)自利他利円満でいきなさい

5)理解してもらう前に相手を理解しなさい

6)お互いのためになることを考えなさい

7)よい習慣を身につけなさい

この7つがバランスよくとれてこそ人は幸せになれる。コヴィー氏はそう説いているわけです。

(写真:iStock.com/yu-ji)

ちなみにコヴィー氏には9人の子どもと36人の孫がいます。その1人1人とフェイストゥフェイスで向き合い、全員を立派な社会人に育て上げました。そして組織において大成功を遂げたにもかかわらず、彼は堂々とこう言ってのけます。

組織での成功なんて二の次だ。私の人生の誇りは子どもや孫たちである。彼らと向き合い、彼らに慕われることが最高の幸せなのだ」

仕事のために家族を犠牲にする日本のトップとは正反対。驚くと同時に、私はこの言葉に深く感銘を受けたのでした。

彼にはとうてい及ばずとも、7つの習慣を心がけることで家族から慕われ最高の老後が得られるなら、マネしてみる価値はあるはず。私もコヴィーさんにならって愛されるおじいちゃんを目指したいと思っています(笑)。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

人生は理不尽

「期待しすぎずに、楽観でいこう」元東レ経営研究所所長の佐々木常夫さんが、壮絶な半生から学んだ人生晩年の哲学『人生は理不尽』(1月25日、小社刊)より一部公開。人生の暗夜は本書で照らせ!

 

~うつ病の妻、自閉症の長男を支えながら死に者狂いで辿り着いた東レ取締役。しかし、妻が2か月後自殺未遂。そして突然の左遷――。会社のために頑張ったのに、なぜ報われないのか。なぜ自分や家族が、こんな目に遭わねばならないのか。苦悩の中で、私は物事を客観的に見るコツを身につけました。それが「期待するのをやめる」ことです。人生は時に理不尽です。しかし理不尽から学ぶものも決して少なくないのです。~

 

バックナンバー

佐々木常夫

1944年、秋田市生まれ。株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役。69年、東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。自閉症の長男を含め3人の子どもを持つ。しばしば問題を起こす長男の世話、加えて肝臓病とうつ病を患った妻を抱え多難な家庭生活を送る。一方、会社では大阪・東京と6度の転勤、破綻会社の再建などさまざまな事業改革に多忙を極めたが、いかにワークライフバランスを保つかを考え、定時に帰る独自の仕事術を身につける。2001年、東レ株式会社の取締役に就任。03年より東レ経営研究所社長。何度かの事業改革の実行や3代の社長に仕えた経験から独特の経営観をもち、現在経営者育成のプログラムの講師などを務める。内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職を歴任している。『そうか、君は課長になったのか。』(WAVE出版)、『40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい』(文響社)、『運命を引き受ける』(河出文庫)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP