1. Home
  2. 生き方
  3. 人生は理不尽
  4. 「なんとかなるさ」の覚悟を持とう

人生は理不尽

2019.02.02 更新 ツイート

「なんとかなるさ」の覚悟を持とう佐々木常夫

「期待しすぎずに、楽観でいこう」元・東レ経営研究所社長の佐々木常夫さんが晩年について語った『人生は理不尽』(小社刊)が刊行されました。佐々木さんは東レ時代、肝臓病とうつ病を患い自殺未遂を繰り返した奥さまと自閉症のご長男を支えながら、必死に取締役にまで上りつめるも突然、左遷人事を言い渡されてしまいます。なぜ私が…そんなやりきれない想いに悩みますが、「なんとかなるさ」と前を向き『ビッグツリー』『そうか、君は課長になったのか。』とベストセラーを著しました。そんな佐々木さんも74歳。死を意識するようになった今、何を想うのか。人生の暗夜に苦しむ全ての方に贈るメッセージです。

『人生は理不尽』(1月25日小社刊、1200円+税、B6判変形260頁)

「なんとかなるさ」の覚悟を持とう

夢や目標を持って計画的に生きることは、人生を受け身でなく、意思を持って主体的に生きることにもつながります。

意思を持って主体的に生きられると、ただ漫然と生きるより、人はずっと強くなります。失敗や不安な出来事が起きても、くよくよせず「なんとかなるさ」と前向きになることもできます。

『幸福論』で知られるフランスの哲学者アランは「悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意思のものである」と説いていますが、気分ではなく意思で物事を捉えられれば、「なんとかなるさ」という気持ちが生まれ、老いや死に対する不安も少なくなるのではないでしょうか。

たとえば老後が不安だとしたら、その原因はいったい何か考えてみて下さい。

健康かお金か、それとも支えてくれる人がいないことでしょうか。

健康やお金のことは、役所などに相談すればそれなりの方法を探してくれます。生活の立て直し方も教えてくれます。身寄りがないならないなりに、孤独死せずに済む方法はいくらだってあります。

こうやって「意思」で考えると、不安の正体が見えてきて、すべて解消されないまでも心がいくらか落ち着いてきませんか。

最近は「下流老人」や「老後破産」など高齢者の心をざわつかせる言葉も流布していますが、こうしたワードに気分だけで反応せず、調べるなり相談するなり意思をもって対処すれば、「いざとなったらなんとかなる」と思えてくるはずです。

(写真:iStock.com/Nicholas Free)

私はどちらかと言えば楽天的で、老いや死への不安はほとんどありませんが、思えばそれは多くの逆境があったからかもしれません。

父親のいない貧しい家庭で育ち、最初に授かった長男は障がいを持って生まれ、妻はうつ病を患い自殺未遂を繰り返しました。おまけに死に物狂いで戦った出世競争に敗れ、子会社への左遷を余儀なくさせられました。

「なんで自分が」「どうしてこんな目に」と思ったこともありましたが、「何とかするしかない」と対処するうち、「なんとかなる」と考えられるようになりました。逆境が否応なしに意思の力を育んでくれたのです。

これらの逆境がなかったら、私も漫然と人生を生きて、意思も主体性もない覚悟のない老人になっていたかもしれません。

私の実家はそこそこ裕福でしたから、父が病死しなければ貧困に陥ることもなく、苦労知らずのお坊ちゃんのままわがままな人生を送り、老後の不安にジタバタしていたかもしれません。逆境のおかげで怖いものなしになったと思えば、今では感謝したいくらいです。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

人生は理不尽

「期待しすぎずに、楽観でいこう」元東レ経営研究所所長の佐々木常夫さんが、壮絶な半生から学んだ人生晩年の哲学『人生は理不尽』(1月25日、小社刊)より一部公開。人生の暗夜は本書で照らせ!

 

~うつ病の妻、自閉症の長男を支えながら死に者狂いで辿り着いた東レ取締役。しかし、妻が2か月後自殺未遂。そして突然の左遷――。会社のために頑張ったのに、なぜ報われないのか。なぜ自分や家族が、こんな目に遭わねばならないのか。苦悩の中で、私は物事を客観的に見るコツを身につけました。それが「期待するのをやめる」ことです。人生は時に理不尽です。しかし理不尽から学ぶものも決して少なくないのです。~

 

バックナンバー

佐々木常夫

1944年、秋田市生まれ。株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役。69年、東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。自閉症の長男を含め3人の子どもを持つ。しばしば問題を起こす長男の世話、加えて肝臓病とうつ病を患った妻を抱え多難な家庭生活を送る。一方、会社では大阪・東京と6度の転勤、破綻会社の再建などさまざまな事業改革に多忙を極めたが、いかにワークライフバランスを保つかを考え、定時に帰る独自の仕事術を身につける。2001年、東レ株式会社の取締役に就任。03年より東レ経営研究所社長。何度かの事業改革の実行や3代の社長に仕えた経験から独特の経営観をもち、現在経営者育成のプログラムの講師などを務める。内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職を歴任している。『そうか、君は課長になったのか。』(WAVE出版)、『40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい』(文響社)、『運命を引き受ける』(河出文庫)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP