1. Home
  2. 生き方
  3. 橋本治のかけこみ人生相談
  4. 中学で不登校に。人生が終わってしまいまし...

橋本治のかけこみ人生相談

2019.01.07 更新 ツイート

中学で不登校に。人生が終わってしまいました。【リバイバル】橋本治

●とろり・無職・35才・女性・岡山県

中学の時不登校になり、人生が終わってしましました。

進学ができなかったので、就職はできないし、どうしたらいいのかわからない状態が続いています。

家族は元々DVの家庭で、兄弟からコントロールされて育っていますので、私自身、主体性がなく、何をしたらいいのかわからないです。もとは絵が得意で音楽が好きだったりしますが、この歳でどうしようもありません。

人前で目立つのが好きですが、容姿もそれほど良くないので、出たくありません。

注目されるくらいキレイなら外に出たくなるので、整形しようか?とずっと迷っていますが、まわりの反応や身体のことを考えて、まだしておりません。

誘いがあえば遊びに行きますが、あとは家にいてネットをやっているくらいです。

このまま歳をとるだけなのが、こわいです。

何から始めたらいいのでしょうか?

 

回答「あなたが勝手に「終わった」とされた場所で確認すべきことがあります」

「何から始めたらいいのでしょうか?」とおっしゃるので申しますが、まずあなたのなさるべきことは、二十年以上前に不登校になって終わったままの中学校へ行って、「私はこの中学校を卒業したことになっているのでしょうか?」という確認をなさることです。

「中学の時不登校になり、人生が終わってしまいました」とおっしゃり、「このまま歳をとるだけなのが、こわいです」とおっしゃるのなら、あなたが勝手に「終わった」と思っている中学校の時点までさかのぼって、「終わっていたわけではない、私が自分の人生のパイプを勝手にふさいでいただけだ」とお思いになるしかないと思います。

 

 

不登校のまま終わった中学で、自分が中学を卒業したかどうかを確認してどうするのかというと、「卒業したことになっている」と言われたら、高校の進学を目指します。「卒業したことになっていない」と言われたら、「どうすれば中学を卒業したことになれますか?」とお尋ねになるのです。

「進学が出来なかったので、就職はできないし」とおっしゃっているのですから、二十年以上詰まったままになっている人生をやり直すためには、「中学を卒業する」があって、次に「進学をする」です。

あなたは「進学が出来なかったので、就職はできない」とお考えのようですが、世の中には中卒のまま仕事に就いている人もいます。

だから「何から始めたらいいのでしょうか?」とおっしゃるあなたは、今すぐに就職口を探して働くという手もあります。

働けばいいのに、どうやらあまり働かないままで二十年以上の時間を過ごされたようですが、「中学の時不登校になり、人生が終わってしまった」ということを言いわけにしていたから、それが可能になったのではないかと思います。

『橋本治のかけこみ人生相談』幻冬舎文庫

あなたの行き先をふさいでいる最大の障害は、「中学の時不登校になり、人生が終わってしまった」というあなたの思い込みであるはずなので、そのふさがってしまった扉である中学をお訪ねになるべきだと申しております。

中学校に行って「君は卒業したことになっている」と言われても、中学校の勉強を途中で放棄してしまったあなたですから、そのまま高校受験に合格するとも思えません。二十年以上のブランクもあります。

だから、あなたが「中学卒業」ということになっていようと、なっていまいと、もう一度中学生の勉強をやり直す必要があります。

中学校の先生に、「もう一度中学生の勉強をやり直すにはどうしたらいいですか?」とお尋ねになることをお勧めします。

(写真:iStock.com/nerosu)

あなた自身がどうお思いかは知りませんが、あなたはとても言いわけの多い方です。

思いつきのような言いわけを重ねているだけで、ご自身のことがちゃんと自分で説明出来ていません。

「家族は元々DVの家族で、兄弟からコントロールされて育っていますので」とおっしゃっても、それがどういうことなのか、具体的な様子がさっぱり分かりません。

それは、あなたが「主体性がなく、何をしたらいいのかわからない」になっているご自身の理由を、家族や兄弟のせいにしているからです。

普通は、そんな状態に置かれたら、「私の家はどうなっているんだろう?」と考えるものです。それが考えられれば、もう少し具体的な説明も可能になります。

「元々DVの家族で」というそのご家族は、ご兄弟のことだけなのですか? 「兄弟からコントロールされて」という間、あなた達のご両親はなにをしていたのですか? 

「なにが私を不幸にさせているんだろう?」ということを少しでもお考えになっていたら、もう少し「主体性」も芽ばえて、自分なりの考えもお持ちになれると思いますが、あなたは「自分のやりたいこと」や「憧れのこと」をぼんやり考えているだけで、考えるべきことを考えていないのです。

だから、「このまま歳をとるだけなのが、こわいです」になるのです。

就職や進学もありますが、まず自分のことを把握して、自分のことをちゃんと他人に説明出来るように、中学生の勉強をやり直すべきだと思います。

 

『橋本治のかけこみ人生相談』(幻冬舎文庫)Amazon

関連キーワード

関連書籍

橋本治『福沢諭吉の『学問のすゝめ』』

君も賢くなれる、と諭吉は言った――。で結局、何を学ぶのか? いまだにベストセラー!!(当時20万部、岩波文庫71万部) 感動!興奮!泣ける!! 橋本治の熱血講義

橋本治『橋本治のかけこみ人生相談』

母親に逆らわず育ち、帰省が憂鬱と悩む女性に「『お母さんが嫌いだから私は帰らない!』と電話でぶちまけるべき」と対話法を指南。中卒の学歴を子供に言えないと嘆く父親には「語るべきはあなたの人生、そのリアリティです」と感動の後押し。橋本流の謎解きと意外な処方に、生きる気力がわいてくる。壁にぶつかる人生も、たまには悪くないのかも。

{ この記事をシェアする }

橋本治のかけこみ人生相談

「自分はあんまり幸福じゃない病」にかかったら、たまにはバカになるのも手……愛と感動の人生指南。幻冬舎plus人気連載「かけこみ人生相談」が文庫化。

バックナンバー

橋本治

1948年東京生まれ。東京大学文学部国文学科卒業。小説、評論、戯曲、古典の現代語訳、エッセイ等、多彩に活動。『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』(小林秀雄賞)、『双調平家物語』(毎日出版文化賞)等、著書・受賞歴多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP