1. Home
  2. お知らせ
  3. 出口塾レポート
  4. 「ぼーっと常識のシャワーを浴びてんじゃね...

出口塾レポート

2018.11.14 更新 ツイート

「ぼーっと常識のシャワーを浴びてんじゃねーよ!」と出口さんに叱られた? 出口治明

「いまの日本」を前提にしていたら、ろくな考えが出てこない

 会場から寄せられた「自分が何を無自覚に前提にしているのか、いかに常識に縛られているのかに気づくのが一番難しいと思った」という感想に対して、「そうです、難しくて当然です。僕らは毎日、新聞やテレビで社会常識のシャワーを浴びているわけですから」と出口さん。

 ほかにも日本の農業の問題、大学教育の問題について、「いまの日本を前提にしていたら、ろくな考えが出てこない」という言葉が、出口さんの口からは何度も飛び出しました。

 物事を解決する新しい発想を生み出すために、社会レベルで必要なのは「よそ者、ばか者、若者の力で、社会のダイバーシティを高めること」。もっと下品に言えば、「世界中から、好きなことを徹底的にやるオタクとヘンタイが集まる社会にすること」。

 個人のレベルで必要なのは、自分が常識に縛られていることを自覚し、常識を疑うトレーニングをすること。意識して癖をつけなければ、「常識のシャワー」から逃れることはできません。そしてやはり、タテ(歴史)とヨコ(世界)の勉強、勉強、勉強。

「常識に縛られていてはいけない」とはよく言われることですが、なぜいけないのかが腑に落ち、「常識に縛られずに考えるとはどういうことなのか」が具体的にイメージできるようになりました(なった気がします)。

 チコちゃん人気に便乗させていただけば、「ぼーっと常識のシャワーを浴びてんじゃねーよ!」と出口さんに叱咤激励された2時間でした。
 
 11月15日の第5回、最終回では

 ■民主主義は絶対か?
 ■財政赤字は解消すべきか?
 ■公的年金は破綻するのか?
 ■海外留学はしたほうがいいのか?
 
……の4つを取り上げる予定です。

 毎回独立したテーマを扱っているので、これまで受講されておらず、1回だけの受講でも、出口塾の楽しさは十分にご体験いただけます。
 第5回の参加申し込みについては、こちらのページをご覧ください。
 皆さんにお目にかかれるのを楽しみにしています!

{ この記事をシェアする }

出口塾レポート

幻冬舎大学では、7月12日に「出口塾・自分の頭で考える日本の論点」(全5回)を開講します。この連載では、開講のねらいや、各回の講座の様子などをお伝えしていきます。

バックナンバー

出口治明

1948年三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命創業者。京都大学法学部卒。1972年、日本生命に入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退社。同年、ネットライフ企画を設立、代表取締役社長に就任。2008年に免許を得てライフネット生命と社名を変更、2012年上場。社長・会長を10年務めたのち、2018年より現職。『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『全世界史(上・下)』(新潮文庫)、『人類5000年史(I~III)』(ちくま新書)、『座右の書 『貞観政要』』(角川新書)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)、『還暦からの底力』(講談社現代新書)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP