1. Home
  2. お知らせ
  3. 出口塾レポート
  4. 人間は10年後のことだって分からない。だ...

出口塾レポート

2018.10.18 更新 ツイート

人間は10年後のことだって分からない。だから「考える力」がすべてなんです出口治明

 9月27日、第3回「出口塾・自分の頭で考える日本の論点」が開催されました。
 今回も会場に使わせていただいていたのは、出口さんが社外取締役を務める、株式会社サンワカンパニーさんの東京ショールーム
 地下鉄外苑前駅から徒歩1分と抜群のアクセスに加えて、昼間はカフェも併設された、お洒落で開放感あふれるスペースです。

 第3回のテーマは
  ■日本はこのままアメリカの「核の傘」の下にいていいのか?
  ■人間の仕事はAIに奪われるのか?
  ■貧困対策は生活保護か、ベーシックインカムか?
  ■がんは早期発見・治療すべきか、放置がいいのか?
 の4つ。
 
 受講者の皆さんには、それぞれの問題についての基礎知識をまとめた資料を事前配布。当日は、出口さんが、まず問題の本質はどこにあるかを解説し、それについてご自分はどのような理由でどのように考えるかをレクチャー。そのあとは、受講者からの質問に1対1で答えていく、というスタイルです。

 今回最初にとりあげたテーマは、日本はこのままアメリカの「核の傘」の下にいていいのか、安全保障の問題です。
 聞くからに固くて難しそうな問題ですよね。でも出口さんのレクチャーの第一声は――そう、これまでの出口塾レポートをお読みくださったかたはお察しのように――「ものすごい簡単な問題だと思うんですけれど」でした。

 なぜ簡単なのか? 

 まず日本は、「大きい国」であるということ。よく「小さい国」だと言われるけれど、日本地図をヨーロッパの上においてみれば一目瞭然で、日本は国力だけでなく、面積においても十分に「大きい国」。
 自分より小さい国に守ってもらおうとはふつう考えないので、日本を守ってくれるとしたらアメリカか、中国か、EUの3つしかない。
 過去の経緯や国民感情を考えると、消去法で残るのはアメリカ。順序立てて考えたら当面の選択肢はほかにない。
 
……と、今回も鮮やかな説明でした。

 出口さんと相談してこのテーマを選んだとき、身近な話題でないので皆さんとっつきにくいかなと危惧していたのですが、全くそんなことはありませんでした。活発な質問が続いて、日中関係、北朝鮮の核問題、日本の核武装の現実味……と話題が膨らみ、とても充実したセッションになりました。
 今回も終了後のアンケートに「ふだん考えたことのない問題を考えるのが楽しい」とお書きくださったかたがいて、運営サイドとしても嬉しいことでした。

関連キーワード

関連書籍

出口治明『人生を面白くする 本物の教養』

{ この記事をシェアする }

出口塾レポート

幻冬舎大学では、7月12日に「出口塾・自分の頭で考える日本の論点」(全5回)を開講します。この連載では、開講のねらいや、各回の講座の様子などをお伝えしていきます。

バックナンバー

出口治明

立命館アジア太平洋大学(APU)学長。1948年、三重県生まれ。京都大学法学部卒業。72年、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。08年4月、ライフネット生命保険相互会社を創業。代表取締役社長、代表取締役会長兼CEOを経て17年に退職。18年1月より現職。『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『「全世界史」講義』Ⅰ・Ⅱ(新潮社)ほか著書多数。『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)は15万部を超えるベストセラー。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP