1. Home
  2. 暮らし術
  3. もう怒らないレッスン
  4. イラッときたら3秒深呼吸――怒りの制御装...

もう怒らないレッスン

2017.12.07 更新 ツイート

Method1

イラッときたら3秒深呼吸――怒りの制御装置 “皮質” は、酸素が大好き 和田秀樹


怒っていいことは一つもない。2018年からの自分が変わる! ためない。爆発しない。翻弄されない。怒りをコントロールできる大人になる24のメソッド。『もう怒らないレッスン』和田秀樹著(幻冬舎文庫)

 

心配が怒りに変わる

「毎日、娘の帰りが遅い。年ごろなのに……」

 そんな心配をしているお父さん、お母さんも多いでしょうね。

「何時ごろに帰るの?」

 はじめのうちは、そんなメールをすると、「もうすぐ帰るから心配しないで」と返事が来たりします。でも、毎日毎日、「何時に帰るの?」なんてメールが届くのは、娘さんとしても「ウザい」ですから、あるときから返事が来なくなります。

 そうなると、待つ親にしてみればイライラしてくる。怒りが収まらなくなります。

「あいつは何時に帰ってくるんだ!」

「知りませんよ、そんなの。あなた、メールしてみたらどうですか」

 夫婦の間にも怒りの嵐が巻き起こりはじめます。

「なんで、俺がしなきゃいけないんだ。お前がしろ」

「メールしても、返信なんかありませんから。私にばかり押し付けないでください」

 そんな調子で、今度は夫婦ゲンカがはじまることもあります。

 イライラ、カッカ。帰ってこない娘には腹が立つし、夫は妻に対して、妻は夫に対して、怒りが膨張していきます。夫婦で怒りをぶつけ合ったところで、娘が早く帰ってくるわけではありません。むしろ、夫婦の怒りのほうが大きな問題ですね。

 

怒りの制御装置「皮質」は、酸素が大好き

 家族の怒りが充満しているような家は、娘さんにとっても居心地がいいはずがありません。家族と顔を合わせたくありません。遅くまで外にいて、帰ったら、お風呂に入って、部屋に戻って、さっさと寝てしまいたい気分にさせられます。

 子どもとしては、両親の不愉快な顔は見たくないし、説教なんか聞きたくない。もちろん、原因が自分であると感じていても、自分の好きなようにやりたいのです。両親の理屈は通用しません。誰もが経験で知っていることではないでしょうか。

 怒りを発生させるのは、大脳辺縁系と呼ばれる原始的な脳です。序章でも述べていますが、この脳の作用だけなら、怒りが発生すると、すぐに暴力といったように、感情が行動に出てしまいます。

 しかし、人間には大脳皮質という理性的な脳があります。その脳が「人を殴っちゃいけない、ここは我慢のしどころだ」と、ブレーキをかけるのです。皮質が正常に働いていれば、怒りを感じても、それが行動に移ることは防げます。

 では、どうやってこの皮質の働きを促せばいいのでしょうか。

 その決め手は「酸素」です。この皮質、怒りなどで感情が高まっているときや不安が強いときなどには、酸素が不足していて窒息状態になっていることが、実験でわかっています。すぐに怒鳴りつける夫とか、ヒステリックになる妻は、皮質の酸素不足の場合が多いと考えられます。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

もう怒らないレッスン

ためない。爆発しない。翻弄されない。怒りをコントロールできる大人になる24のメソッド。

バックナンバー

和田秀樹

1960年生まれ。東京大学医学部卒業後、同大学医学部附属病院精神神経科助手、カール・メニンガー精神医学校国際フェロー等を経て、和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授、川崎幸病院精神科顧問等も務める。著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP