1. Home
  2. 生き方
  3. ピンヒールははかない
  4. 産後鬱。それを伝える相手も、サポートシス...

ピンヒールははかない

2017.07.20 更新 ツイート

ラケルの話

産後鬱。それを伝える相手も、サポートシステムも持ってなかった。佐久間裕美子

母親、妻、仕事……。毎日仕事をするだけでも大変なのに、子を持ち働く女たちは、限られた時間の中で母の顔、妻の顔と、いくつもの役割を求められる。弱音を吐かない彼女たちが辛かった時間について口にするのは、たいていコトが終わってからだ。『ピンヒールははかない』の著者・佐久間裕美子さんがレポートするニューヨークの女たちの話。今回は、産後鬱と向き合ったラケルについて。

  *

 ラケルは、モデルで、アーティストで、母親だ。5年ほど前に友達のギャラリーで彼女が個展をやったときに知り合った。「live free in hell(地獄を自由に生きる)」というタイトルがついていた。

 当時の彼女はまだ20代前半で、男性モデルに特化する事務所に唯一の女性モデルとして所属し、異彩を放つ活動をする一方、ポラロイド・カメラで自分や家族の写真を撮っていた。スウェーデン人の母親と、アメリカ人の元ボクサーの父親との間に生まれ、ティーンエージャー時代にドラッグ依存症になって施設に入り、そこから少しずつ自分を発見してきた彼女の撮る写真は生々しく、正直で、自由で、衝撃的だった。ヴィンテージのライダース、タトゥー、中指、アメリカ国旗、ヌード、ストーナー・メタル……彼女の世界を構成するものたちは、泥臭くて荒々しいけれど粋だった。

  *

 しばらく経って、彼女から妊娠した、出産するという連絡があった。うっかり妊娠である。父親はしばらく付き合っているボーイフレンドで、結婚する予定もない。けれどラケルの言葉には、迷いは一ミリもなかった。キリリとした様子で「これまで私の表現は、いつもそのときそのときの自分を反映してきたし、メスとして生まれた少女が女性になりかわろうとすることがテーマだった。それがこの先どう変わっていくのか楽しみ」と言ったと思ったら、急に溶けんばかりの表情になって「でもほんとは、彼女が“bad ass”になってくれれば、他に何も望まない」と笑った。“bad ass”は訳しづらいところだけど、潔くてかっこいい彼女のような人によく似合う言葉である。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

{ この記事をシェアする }

ピンヒールははかない

バックナンバー

佐久間裕美子

1973年生まれ。ライター。慶應義塾大学を卒業後、イェール大学大学院で修士号を取得。98年からニューヨーク在住。新聞社のニューヨーク支局、出版社、通信社勤務を経て2003年に独立。アル・ゴア元アメリカ副大統領からウディ・アレン、ショーン・ペンまで、多数の有名人や知識人にインタビューした。翻訳書に『日本はこうしてオリンピックを勝ち取った! 世界を動かすプレゼン力』『テロリストの息子』、著書に『ヒップな生活革命』『ピンヒールははかない』がある。最新刊はトランプ時代のアメリカで書いた365日分の日記『My Little New York Times』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP