1. Home
  2. 社会・教養
  3. 経済政策大全
  4. シムズの提言の本当の問題点とは何か

経済政策大全

2017.02.03 更新 ツイート

<経済政策大全>第6回

シムズの提言の本当の問題点とは何か小幡績

 シムズと「物価水準の財政理論」の話が続くが、これは現在の経済政策の危機を象徴する事例だから、もう数回続けよう。

 実は、シムズの提言、インフレになるまで増税を徹底的に延期せよ、ということの問題点は、多くの人が危惧している「一旦インフレになってしまったら、止められなくなってしまうのではないか(ハイパーインフレと呼ばれる20%以上のインフレになってしまう懸念)」ではなく、「どうやってもインフレにならないのではないか、ということ」だ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

経済政策大全

経済政策とは何か? なぜ専門家の政策提言は経済を悪くするのか? 経済政策はなぜ政治家のオモチャになりやすいのか? 「経済政策」の全体像を、そもそもの出発点から平易に考える。専門家に騙されない武器が身に付く集中連載。

 

バックナンバー

小幡績

1967年生まれ。慶應義塾大学ビジネススクール准教授。個人投資家としての経験も豊富な行動派経済学者。メディアなどでも積極的に発言。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。著書に『リフレはヤバい』(ディスカバートゥエンティワン)、『成長戦略のまやかし』(PHP研究所)、『GPIF 世界最大の機関投資家』(東洋経済新報社)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP