1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 荻窪にある本屋「Title」です

本屋の時間

2016.12.01 更新 ツイート

第1回

荻窪にある本屋「Title」です 辻山良雄

町の本屋さん「Title」店主の新連載。店主おすすめの書籍もご紹介。月2回更新です。(photo:齋藤陽道)

 はじめまして。Titleという本屋を営んでおります辻山良雄と申します。Titleは東京の西にある荻窪駅から10分少々歩いたところに店があり、今年の一月に開店しました。まもなくできて一年になります。青梅街道沿いのイチョウ並木の横にある、古い一軒家を改装した店で、1階が本屋とカフェ、2階をギャラリーにしております。

 個人で新刊書店を開いた例というのはここ10年の間でもほとんどないと、後から多くの人に聞きました。私がこの仕事をするようになった20年ほど前から、「本が売れない時代になった」とずっと言われておりました。しかし、個人で本を売りながら自分とその家族を養い、しかも楽しく生きていくことができないかと思い、勤めていた書店の閉店を機会に自分の本屋を開くことにしました。

 いざ、町の中に自分の店を出して、そこに一日中いるようになると、本を売ることの意味が以前よりもはっきりと実感できるようになりました。来店されるお客さまは、POPやサインもない簡素な店の中、ずっと本棚を眺めたあとで、大事そうに本を数冊抱えてレジに来られます。小さな空間の中では、一冊の本の存在感がより増してくるようであり、その人にとってかけがえのないものになるかもしれない一冊を手渡しているという、本を売る仕事の醍醐味を毎日感じています。

 何せ朝から晩までずっと店にいるので、どんなお客さまがどんな本を買っていったのか、店の中で起こった様々なことや一冊の本にまつわる話などを、ずっとレジの中から見てきました。この連載では、そうした本屋の中で生まれた話や、本屋という場所について考えたことを、思いつくままに綴っていきます。

 一冊の本の中には、それぞれ広い世界が広がっているように、一軒の本屋という場所にも、底知れぬ不思議さがあるように思います。

 

今回のおすすめ本

フジモトマサル『二週間の休暇』(講談社)

 一年前、急逝したフジモトマサルさんが遺した長編漫画。壁をひとつ隔てた先には、こんな不思議な世界が広がっているのではないか。そう思わせる、ひやりとしてあたたかな世界。この本の中に「ニライ書房」という小さな本屋がちょっとだけ出てきますが、こんな感じの本屋になりたいと思っています。

◯連載「本屋の時間」は単行本でもお楽しみいただけます

連載「本屋の時間」に大きく手を加え、再構成したエッセイ集『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』は、引き続き絶賛発売中。店が開店して5年のあいだ、その場に立ち会い考えた定点観測的エッセイ。お求めは全国の書店にて。Title WEBSHOPでもどうぞ。

齋藤陽道『齋藤陽道と歩く。荻窪Titleの三日間』

辻山良雄さんの著書『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』のために、写真家・齋藤陽道さんが三日間にわたり撮り下ろした“荻窪写真”。本書に掲載しきれなかった未収録作品510枚が今回、待望の写真集になりました。
 

◯2022年9月16日(金)~ 2022年10月3日(月)Title2階ギャラリー

安達茉莉子 新刊3冊刊行記念展「かけがえのない日々」

作家・文筆家の安達茉莉子さんのエッセイ集が、本年3冊――『毛布 – あなたをくるんでくれるもの』(玄光社)、『私の生活改善運動 THIS IS MY LIFE』(三輪舎、9月発売)、『臆病者の自転車生活』(亜紀書房)――の刊行を記念して、出版記念展を開催します。一見テーマは違うようでいて、響き合い、通い合う3冊。今回の展示では、3冊それぞれの文章や世界観を基にした描き下ろし原画の販売や、書籍の一節や書き下ろしエッセイなどを展示します。

 

◯2022年10月7日(金)~ 2022年10月24日(月)Title2階ギャラリー

絵本『あんまりすてきだったから』原画展

『あんまりすてきだったから』(くどうれいん 作・みやざきひろかず 絵/ほるぷ出版)の出版を記念して、絵本の原画展を開催します。原画の展示のほか、くどうさんとみやざきさん、お二人のサイン入りの絵本(数量限定)、ポストカードセット(制作/nowaki)、みやざきさんの作品などを販売。関東近郊では、今回のみの開催です。お近くの方は、ぜひお越しください。

 


◯インタビュー(全4回)
兼業生活「どうしたら、自分のままでいられるか」~辻山良雄さんのお話(1)室谷明津子 2022/8/5
 

◯【書評】
こまくさWeb
〈わたし〉の小さな声で歌おう~榎本空『それで君の声はどこにあるんだ? 黒人神学から学んだこと』に寄せて /評:辻山良雄


「波」2022年6月号
『やりなおし世界文学』津村記久子(新潮社)/止まらない「本の話」 評:辻山良雄

見よ、これがブレイディみかこだ―― 評: 辻山良雄
『ジンセイハ、オンガクデアル――LIFE IS MUSIC』ブレイディみかこ(ちくま文庫)

関連書籍

辻山良雄『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』

まともに思えることだけやればいい。 荻窪の書店店主が考えた、よく働き、よく生きること。 「一冊ずつ手がかけられた書棚には光が宿る。 それは本に託した、われわれ自身の小さな声だ――」 本を媒介とし、私たちがよりよい世界に向かうには、その可能性とは。 効率、拡大、利便性……いまだ高速回転し続ける世界へ響く抵抗宣言エッセイ。

齋藤陽道『齋藤陽道と歩く。荻窪Titleの三日間』

新刊書店Titleのある東京荻窪。「ある日のTitleまわりをイメージしながら撮影していただくといいかもしれません」。店主辻山のひと言から『小さな声、光る棚』のために撮影された510枚。齋藤陽道が見た街の息づかい、光、時間のすべてが体感できる電子写真集。

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂・ちくま文庫)、『365日のほん』(河出書房新社)、『小さな声、光る棚』(幻冬舎)、画家のnakabanとの共著に『ことばの生まれる景色』(ナナロク社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP