1. Home
  2. 読書
  3. 西野亮廣の本
  4. キンコン西野さん『えんとつ町のプぺル展』...

西野亮廣の本

2016.11.13 更新 ツイート

キンコン西野さん『えんとつ町のプぺル展』で、
アート作品が1000万円で売れちゃった! にしのあきひろ

キングコングの西野亮廣さんが、絵・文・監督をつとめ、総勢35人のクリエイターと4年半かけて一冊の絵本を作る、しかもその制作費はクラウドファンディングで集める…という壮大な計画で生まれた絵本『えんとつ町のプペル』
発売からたちまち話題になっており、発売2週間で早くも7万部突破という勢いですが、
「まだまだ! もっと多くの人に届けなければ!」と、メンバーの結束力は強い。

この絵本の原画展が、11月3日よりセゾンアートギャラリーで開催されているのですが、この原画展も一風変わってます。
会場には、絵本に掲載された全41点の絵が飾られているのですが、すべての絵が、暗闇で光っている!
この絵を一目見るためと、お客さんは絶えず、毎日大賑わいです。

さて、この個展で展示しているのは、約60センチ四方のLEDライト作品41枚。
これと同じものを限定1セット1000万円で販売していたのですが、この全41枚のセットが、なんと早くも売れました!
なお、西野さんによると、売上は全額次回作の制作費に回すとのことです。男気!
光る原画展は、まだまだ今月いっぱい開催中ですので、ぜひみなさん、足を運んでください。

[会場]SEZON ART GALLERY 1F / 東京都渋谷区神宮前3-6-7
[会期] 2016年11月3日(木)〜2016年11月30日(水)   
11:00〜18:00(17:30最終入館) ※混雑時は10:45から整理券を配布させて頂く場合がございます。
[入場料] 無料  
[展示作品] 「えんとつ町のプぺル」全ページのイラスト41作品をLEDライトで光らせた状態で展示
 

話題の絵本は、全国の書店で発売中です。

『えんとつ町のプペル』

にしのあきひろ

幻冬舎刊

amazonはこちら

楽天ブックスはこちら

{ この記事をシェアする }

西野亮廣の本

絵本作家、芸人、映画製作総指揮など、さまざまな肩書で活躍する、にしのあきひろ/西野亮廣さんの本にまつわるさまざまなニュースや新刊情報などをご紹介。

バックナンバー

にしのあきひろ 芸人・絵本作家

にしのあきひろ/西野亮廣 

1980年生まれ。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr. インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。

有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』は、会員数が6万人を突破し、国内最大となっている。

西野が製作総指揮を務めた、「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員170万人、興行収入24億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映決定、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP