1. Home
  2. 読書
  3. 西野亮廣の本
  4. あなたをドキドキさせる絵本、『えんとつ町...

西野亮廣の本

2016.10.21 更新 ツイート

キンコン西野の新作

あなたをドキドキさせる絵本、
『えんとつ町のプペル』が発売になりました! にしのあきひろ

小さなときから、私たちのそばには、素敵な絵本がたくさんありました。
みなさん、いろんな絵本を読んできたことでしょう。
絵本といえば、多くの人になじみのあるものですが、このたび発売になったこの”絵本”は、今まで読んできたものとは、ちょっと違います。
「絵・文・監督」は、キングコングの西野亮廣さん。
ボリュームは90ページもあります。
そのタイトルは、
『えんとつ町のプペル』
です。

発売前から話題がいっぱいの本でした。

この本を作るのにかけた時間は、4年半。
関わったクリエイターは35人。
そのためにかかる費用は、すべて西野さんが自分で集めました。

なぜ、これだけの時間をかけたのか?
なぜ、こんなに多くの人を、たった一冊の本に注ぎ込んだのか?

それは、読む人をドキドキさせたいから。

ハッピーエンドのファンタジーを作り続けるキングコングの西野さんの、渾身の一冊。
彼と同じ時代に生まれ、この作品を手にすることができるあなたは幸せです。
存分に噛みしめてください!


発売当日のこの日、西野さんはブログで、この絵本に込めた思いを書いています。
物語を読んでからでもいい、物語を読む前でもいい。
ぜひ、このブログに書かれたメッセージをお読みください。
”煙に覆われ空を知らない町”に生まれたゴミ人間から、これからの時代を生きていくために大切なことをいっぱい感じ取ってください。

このブログの最後の文章だけ、ここにコピーさせていただきます。

「他の誰も見ていなくてもいい。
黒い煙のその先に、
お前が光を見たのなら、
行動しろ。思いしれ。
そして、常識に屈するな。

お前がその目で見たものが真実だ。
あの日、あの時、あの光を見た自分を信じろ。

信じぬくんだ。たとえ一人になっても」

この言葉の真意を、この言葉が背負っている世界を、知りたい人は、ぜひ、ブログを読んでください。
そして、絵本『えんとつ町のプペル』を手に取ってください。

 

『えんとつ町のプペル』

にしのあきひろ

☆全国の書店でお買い求めください。

☆amazonはこちらから

☆楽天ブックスはこちらから

 

{ この記事をシェアする }

西野亮廣の本

絵本作家、芸人、映画製作総指揮など、さまざまな肩書で活躍する、にしのあきひろ/西野亮廣さんの本にまつわるさまざまなニュースや新刊情報などをご紹介。

バックナンバー

にしのあきひろ 芸人・絵本作家

にしのあきひろ/西野亮廣 

1980年生まれ。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr. インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。

有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』は、会員数が6万人を突破し、国内最大となっている。

西野が製作総指揮を務めた、「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員170万人、興行収入24億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映決定、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP