1. Home
  2. 読書
  3. マンガ停留所
  4. 妖怪を見てしまう日本人の心性をあぶり出す...

マンガ停留所

2015.07.10 更新 ツイート

第6回

妖怪を見てしまう日本人の心性をあぶり出す、巨大なアンソロジー『漫画家たちが描いた怪談』
中条省平

読み応え抜群の傑作怪談集

 夏といえば怪談。暑気払いに芝居や寄席や映画で怪談が盛んに演じらますが、今年はマンガにも大きなプレセントがありました。

漫画家たちが描いた怪談』(監修・中野晴行、金の星社刊)。全3巻で、総計1200ページ近いボックスセットです。この監修者と出版社は、一昨年にも『漫画家たちの戦争』という全6巻のセットを出版し、本当に素晴らしい企画本だったので、拙著『マンガの論点』(幻冬舎新書)でも大推薦しています。

 今回は、日本マンガの怪談集で、期待にたがわぬ傑作揃いです。ただし、選択の範囲は、前回の『漫画家たちの戦争』と同じく、少年マンガが中心になっています。私はさっそく5歳の息子にいくつかの作品を読み聞かせてやりました。息子にとって初めての楳図かずおや水木しげるとの遭遇になったわけです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

{ この記事をシェアする }

マンガ停留所

バックナンバー

中条省平

1954年神奈川県生まれ。学習院大学フランス語圏文化学科教授。東大大学院博士課程修了。パリ大学文学博士。著書『中条省平は二度死ぬ!』『文章読本』など。翻訳書最新刊はロブ=グリエ『消しゴム』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP