1. Home
  2. 生き方
  3. 51歳緊急入院の乱
  4. 生きていくにはお金がかかる

51歳緊急入院の乱

2022.12.09 更新 ツイート

第47回

生きていくにはお金がかかる 花房観音

退院して10日が過ぎた。
今日は退院してはじめての検査の日なので、病院に向かった。
一階の会計窓口の近くにある機械に診察券を入れて、自動受付を済ます。
そして移動して、血液検査、尿検査、レントゲンだ。
さすが大きな病院で、無駄がなく検査もそんな待たされることもなく、動きやすかった。
診療時間になって呼ばれて、10日ぶりに主治医にあう。
今、どんな状態かを聞かれ答え、検査結果を見せてもらいながら、「経過は良好で、問題ないですね」といわれ、ホッとする。
また一ヶ月後に診察の予約をとり、処方箋をもらって会計を済ませた。
会計窓口のフロアには人が溢れていたけれど、導線がスムーズで、ここもあまり待つこともなく、機械で支払いをした。
そして近くの薬局で、薬をもらった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

花房観音『ヘイケイ日記 女たちのカウントダウン』

いつの時代も女の人生、いとめんどくさ。 諸行無常の更年期。花房観音、盛者必衰の理を知る。 とはいえ花の命はしぶといもので生理が終われど女が終わるわけじゃなし。 五十路直前、滅びるか滅びないかは己次第。 いくつになろうが女たるもの、問題色々、煩悩色々。

{ この記事をシェアする }

51歳緊急入院の乱

更年期真っ只中。体調不良も更年期のせいだと思っていたら……まさかの緊急入院。「まだ死ねない」と確信した入院日記。

バックナンバー

花房観音

2010年「花祀り」にて第一回団鬼六賞大賞を受賞しデビュー。京都を舞台にした圧倒的な官能世界が話題に。京都市在住。京都に暮らす女たちの生と性を描いた小説『女の庭』が話題に。その他著書に『偽りの森』『楽園』『情人』『色仏』『うかれ女島』など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP