1. Home
  2. 生き方
  3. 51歳緊急入院の乱
  4. 筋肉があれば何でもできる

51歳緊急入院の乱

2022.12.16 更新 ツイート

第49回

筋肉があれば何でもできる 花房観音

退院して、1ヶ月ちょい。
6月下旬。
2泊3日の東京滞在から帰ってきてまもなく、私は再び新幹線に乗っていた。
今度は九州方面へ向かう新幹線だ。
行先は、福岡県北九州市小倉。

 

ストリップを見に北九州へ

小倉には、九州最後のストリップ劇場、「A級小倉」がある。
ストリップは、ここ4年ほどの、私の趣味で、ストリップを題材にした小説も書いていた。
実は5月に入院した日の翌日も、京都のストリップ劇場に行くつもりだったのだ。しかし入院し、退院してしばらく経っても体力が戻らず、それどころじゃなくなっていた。
しかし、心に潤いを持たないと、元気が出ない。
ストリップ鑑賞そのものは、6月半ばに、地元京都の劇場で、復活していた。
ただ、遠征となると、やはり多少心配はあったが、どうしても見たいメンバーだったので、行くことを決めた。

小倉のステージには、私が4年前に、ストリップを観るきっかけとなった、若林美保さんが舞っていた。彼女は今は他の活動が忙しく、ストリップ劇場で観られる機会が少なくなっていて、貴重な時間だ。
そして少し前に、東京上野で見て衝撃を受けた、海乃雪妃さんという、昭和のエロスを再現した確固たる世界を表現する踊り子さんも。
小倉という街そのものも、好きだ。
最初に行ったのは、それこそ4年前のこの時期、その際も若林美保さんを見るためだった。

駅のすぐ近くに、猥雑な匂いが残る一角があり、そこにストリップ劇場が紛れ込むように存在する。
小倉という街は、私が人生で一番影響を受け、小説家になるきっかけともなった、AV監督の代々木忠さんが生まれ育った場所でもある。
電車の乗り換えがもともと嫌いだし、今は体力もないので、A級小倉は新幹線の駅から近いのが、ものすごくありがたかった。
そして何より、食べ物がおいしい。
小倉に来ると、いつもひとりで食事をするのが楽しみだった。
もっとも今回は、病気をしたあとで、食事制限を続けているので、以前のようになんでも食べるというわけにはいかないけれど。

筋肉さえつければ何でもできる

平日のA級小倉劇場は、ほどほどに席は埋まっていた。
コロナの感染対策は、ここの劇場は本当にきちんとしていて、安心できる。
重症化リスクを背負ってしまってから、人混みが嫌いというより、怖くなった私にとっては、重要だ。
数時間鑑賞して、踊り子さんたちの舞を堪能し、夕方近くになって劇場を後にする。
九州に来てストリップを鑑賞できるまで、体力が回復して、よかった。
身体に栄養を与えないと死んでしまうように、心にも栄養補給をしなければ、心が死ぬ。
だから、こういった趣味は必要なのだ。
ストリップは、衣装や舞も楽しめるが、何より鍛えられた女性の裸が美しい。
そう、鍛えられた裸。
今回、小倉のステージにあがっていた踊り子さんたちは、みんな筋肉がすごかった。まるで筋肉大会だ。

もともと踊り子さんは、さまざまなポーズをつけたり、天井から布でぶらさがったりするので、みんな筋肉がすごい。スリムでスタイルよくても、筋肉すごい。ぽっちゃりめの人でも、筋肉すごい。
私は男性のマッチョには興味は全くないけれど、ストリップで女性の筋肉を見ると、「尊い」と今までも感心していた。
筋肉すごい、筋肉。
女は筋肉だ。
筋肉さえつければ、なんでもできる。
今回、小倉のステージを見て、自分も筋肉をつけようと、心に決めた。

もともと「運動はしたほうがいい」と、主治医には言われていた。
病気を治し、あらゆる数値を下げ健康になるために、退院して体力が少し戻ってからは、プールに行ったり、ウォーキングもしていた。
体育の成績はずっと悪く、マラソン大会はサボり、大学に入ってからも水泳の授業が嫌で窓から逃亡したこともある。何度も運動をはじめようとチャレンジしてきたけれど、必ず挫折してきた、筋金入りの運動嫌いだ。
しかし、今は、切羽詰まっている。
だって病気になってしまったんだもの。

(小倉)

運動するぞ、筋肉つけるぞ、動くぞ

筋肉だ、筋肉、筋肉をつけるぞ!
と、小倉から帰って、私は「筋肉」とひたすら唱え、プロテインを購入し、筋トレをはじめた。
あと、やっぱり、体力が欲しかった。
近年、体力がないなぁと思うことが増えたけれど、加齢だから仕方がないと諦めていた。
鍛えてない、運動していないから、なおさら衰えも早かったはずだ。
このままでは、生きのびても身体が動かなくなってしまう。
生きるために必要なのは、体力だ。
体力をつけねば。
それには運動するしかなかった。

ストリップを見始めてわかったのだが、踊り子さんには若い人もいれば、私と同世代の人が、結構いる。私より年上の人も、ちらほらいる。
でも、みんな、ものすごく動ける。
尋常じゃないほど、動くし、飛ぶ。
裸になるから、隠しようがない。贅肉も垂れた尻も、見られてしまう。
でも、堂々と裸で舞う彼女たちは、素晴らしくカッコいい。
生命力が溢れていて、あれを見ていると、「もう年なんだから」と言ってられない。

そんなわけで、私は51歳にして、体力をつけるために身体を鍛え始めた。

問題は続くかどうかだ……今まで挫折しかしてこなかったから!

関連書籍

花房観音『ヘイケイ日記 女たちのカウントダウン』

いつの時代も女の人生、いとめんどくさ。 諸行無常の更年期。花房観音、盛者必衰の理を知る。 とはいえ花の命はしぶといもので生理が終われど女が終わるわけじゃなし。 五十路直前、滅びるか滅びないかは己次第。 いくつになろうが女たるもの、問題色々、煩悩色々。

{ この記事をシェアする }

51歳緊急入院の乱

更年期真っ只中。体調不良も更年期のせいだと思っていたら……まさかの緊急入院。「まだ死ねない」と確信した入院日記。

バックナンバー

花房観音

2010年「花祀り」にて第一回団鬼六賞大賞を受賞しデビュー。京都を舞台にした圧倒的な官能世界が話題に。京都市在住。京都に暮らす女たちの生と性を描いた小説『女の庭』が話題に。その他著書に『偽りの森』『楽園』『情人』『色仏』『うかれ女島』など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP