1. Home
  2. 生き方
  3. 山野海の渡世日記
  4. 新たな決意

いやあ、今年の夏は暑いですねえ。
今撮影中のドラマのロケで、先日水戸に行って来たんですが、その日は40℃まで気温が上がって、おまけに撮影場所の冷房が壊れてて、久しぶりに自分の汗に溺れそうになりました。
17回目のこんにちは! 山野海です。

最近まで立て続けに舞台をやっていて、それと並行してドラマの撮影や執筆の仕事もあり、ずっと忙しくしていましたが、やっと少しだけ落ち着いて休めると思っていた矢先。今住んでいる所が取り壊すことになりまして、急遽引っ越しをする事に。
なので現在は引っ越し準備とドラマと執筆の仕事を並行してやっているわけで。
一体いつになったらゆっくり休めるのでしょう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

山野海の渡世日記

4歳(1969年)から子役としてデビュー後、バイプレーヤーとして生き延びてきた山野海。70年代からの熱き舞台カルチャーを幼心にも全身で受けてきた軌跡と、現在とを綴る。月2回更新。

バックナンバー

山野海 女優、劇作家、脚本家

1965年生まれ。東京新橋で生まれ育ち、映画女優の祖母の勧めで児童劇団に入り、4歳から子役として活動。19歳で小劇場の世界へ。1999年、劇団ふくふくやを立ち上げ、全公演に出演。作家「竹田新」としてふくふくや全作品の脚本を手がける。好評の書き下ろし脚本『最高のおもてなし!』『向こうの果て』は小説としても書籍化(ともに幻冬舎)。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP