1. Home
  2. 社会・教養
  3. たった1分で できると思わせる話し方
  4. 好きな相手と親しくなるには「頼みごと」と...

たった1分で できると思わせる話し方

2022.06.29 更新 ツイート

好きな相手と親しくなるには「頼みごと」と「打ち明け話」が効果的 樋口裕一

雑談から、会議、スピーチ、営業トーク、異性をオトす口説き文句まで、「話し方」ひとつで印象は大きく変わるもの。どうせなら、あなたも「できる人」に思われたいですよね。数多くのベストセラーを世に送り出している樋口裕一さんの『たった1分でできると思わせる話し方』は、すぐに使えるフレーズや会話例が満載の一冊。書かれていることをマネるだけで「できる人」だと思われる、そんなお得な本書から、とっておきのワザを公開します。

*   *   *

人はこの2つに弱い生きもの

「だらしのない甘えん坊」と思われずに、ほんの少しの甘えとスキを見せるには、「頼みごと」と「打ち明け話」が無難だ。

(写真:iStock.com/Choreograph)

「頼みごと」といっても、労力や時間を要することは避けるべきだ。仕事の上での頼みごとでも意味がない。仕事の頼みごとは、相手を信頼していることを示す役には立つが、それ以上に発展させる役には立たない。

「煙草を買ってきてくれ」「お茶をいれてくれ」などは論外。楽しんでしてくれそうな頼みごとを見つけるべきだ。

まずは、相手の趣味を利用するのが一番。絵を描く人には「あなたの絵が一枚ほしい」、芝居好きな人には、「先日、芝居を見て自分はおもしろかったけど、あなたがどう思うか教えてほしい」というような、「おだて」を含むような「頼みごと」がベストだ。こうしておいて、だんだんと深入りさせてゆくわけだ。

 

「打ち明け話」のほうも、初めのうちは深刻なものはよしたほうがよい。「実は昔、大恋愛をして……」といったややもすると深刻になりがちな告白は、結婚を考えるほど親しくなってからにとっておいて、つき合い始めには避けるべきだ。

せいぜい、子どもの頃の他愛のない思い出話や「実は同じ課のだれだれとうまくゆかずに、先日、言い合いをした」といったくらいの話にしておくほうが無難。

そして、だんだんと、心を許して、心の悩みを打ち明けるのもいいだろう。

「共通の敵」を見つけてみる

ところで、この「打ち明け話」は必ずしも事実である必要はない。「心の悩み」と今書いたが、それも、本当の悩みである必要はない。

まったくのでは、後で辻褄が合わなくなることがあるのであまり勧められないが、多少の脚色は許される。人の話として聞いたことを自分の身に置きかえてしゃべったり、やや話をオーバーにしたりするくらいのことはかまわない。

ということはつまり、相手の女性の性格によっては、かわいそうな少年時代を作り上げて、それを売り物にするのもいいだろう。自分にだけ明かされる「暗い過去」というものも、女性には、悪い気はしないはずだ。

(写真:iStock.com/Inside Creative House)

もう一つ、女性と意気投合するいい方法がある。

女性の嫌っている人物の悪口を言うことだ。共通の敵をもつことが、団結を強める上で非常に有効であることは、歴代の独裁者が国内のまとまりが悪くなると、外に敵を求めたことからもわかるというものだ。

女性同士の場合、親しそうに見えても、実はお互いに苦々しく思っていることが多い。当の女性がだれを心の奥では嫌っているかを見きわめて、その批判をするわけだ。

 

もちろん、初めから口汚くののしってはいけない。軽く批判して、相手が乗ってきたら、だんだんとエスカレートさせればよい。とはいえ、言うまでもないことだが、そのために人間関係がギクシャクしてきたり、いじめにつながったりしないように配慮する必要はある。

共通の敵は必ずしも人間である必要はない。私は、その昔、同じベータ方式のビデオをもっていて、顔を合わすたびにソニーのグチを言っているうちに、女性と親しくなったことがある。このように、共通して利用している製品やブランドを通して、親しくなることができる。

いずれにせよ、共通の敵を見つけて意気投合するわけだ。

*   *   *

続きは書籍『たった1分でできると思わせる話し方』をお求めください。

関連書籍

樋口裕一『たった1分で できると思わせる話し方』

自分の意見は人の話を聞いた後に言え、得意の失敗談を作れ、しゃべりには小見出しをつける要領で――本書の会話術をマスターし、手っ取り早くあなたへの評価を上げよう。本書は、できる人を「頭のいい人」「底知れぬ人」「才気ある人」の三つに分類、会話の型や口癖集、ふだんからの練習方法を伝授する。まずはこの一冊をマネるだけで十分。

{ この記事をシェアする }

たった1分で できると思わせる話し方

雑談から、会議、スピーチ、営業トーク、異性をオトす口説き文句まで、「話し方」ひとつで印象は大きく変わるもの。どうせなら、あなたも「できる人」に思われたいですよね。数多くのベストセラーを世に送り出している樋口裕一さんの『たった1分で できると思わせる話し方』は、すぐに使えるフレーズや会話例が満載の一冊。書かれていることをマネるだけで「できる人」だと思われる、そんなお得な本書から、とっておきのワザを公開します。

バックナンバー

樋口裕一

1951年、大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士後期課程満期退学。フランス文学、アフリカ文学の翻訳家として活動するかたわら、受験小論文指導の第一人者として活躍。現在、多摩大学名誉教授、東進ハイスクール講師。通信添削による作文・小論文の専門塾「白藍塾」塾長。MJ日本語教育学院学院長。250万部の大ベストセラーとなった『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書)のほか、『65歳 何もしない勇気』(幻冬舎)、『「頭がいい」の正体は読解力』『すばやく鍛える読解力』『笑えるクラシック』(すべて幻冬舎新書)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP