1. Home
  2. 生き方
  3. いつまで自分でせいいっぱい?
  4. 舞台に立つということ

いつまで自分でせいいっぱい?

2021.10.04 更新 ツイート

#3

舞台に立つということ 佐津川愛美

幕があいた。
初日のカーテンコール。お客様の前でお辞儀をしているとき、少し泣きそうになってしまった。

このご時世に舞台に立つということ、立てるということ、凄く沢山の想いがあった。

前回立つ予定だった舞台は、結果的に全公演中止となった。ゲネまでやって、初日前日、24時すぎに。ギリギリまで待って、幕はあかなかった。
昨年の3月。まだコロナ初期の頃で、稽古を重ね続けても舞台に立てない、お客様の前でお芝居が出来ない、という得体の知れないもやもやは、やるせないという言葉を初めて実感したようだった。
個人的な考えでは、人様の安全に関わることならば中止にするべきだと思っていたし、仕方がないと心から思ったから、怒りや辛さといった類のものは感じなかったけれど、やっぱりやるせないと思った。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

いつまで自分でせいいっぱい?

自分と向き合ったり向き合えなかったり、ここまで頑張って生きてきた。30歳を過ぎてだいぶ楽にはなったけど、いまだに自分との付き合い方に悩む日もある。なるべく自分に優しくと思い始めた、役者、独身、女、一人が好き、でも人も好きな、33歳のリアルな日常を綴る。

バックナンバー

佐津川愛美

1988年8月20日生まれ、静岡県出身。女優ときどき監督。
Instagram http://instagram.com/aimi_satsukawa

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP