1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. 聴覚に障がいがある娘と家族の 生き生きと...

本の山

2021.04.24 更新 ツイート

聴覚に障がいがある娘と家族の 生き生きとした普通の日常――『宿題の絵日記帳』今井信吾 KIKI

本書は聾話学校に通う娘・麗の日常を描いた絵日記帳である。それは学校から両親に課せられた宿題のひとつ。母には麗の声をテープから書き起こすという別の宿題があったため、画家である父が必然的にこの絵日記を担当することになった。絵日記は、学校の授業で日々の出来事について子どもと先生が会話をするための材料になるのだという。2歳から6歳までの麗が描かれた何十冊と残された画帳から抜粋された日々は、特別な出来事ではないが、どれも鮮烈である。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

本の山

バックナンバー

KIKI モデル

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。山好きとして知られ、著書に美しい山を旅して』(平凡社)などがある。(photo: ohta yoko)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP