1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 34歳、今は婚活に興味がないけど、いつか...

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2020.07.15 更新 ツイート

34歳、今は婚活に興味がないけど、いつか後悔するのでしょうか真木あかり

(写真:iStock.com/igor_kell)

人気占い師、真木あかりさんが、読者の恋愛相談にお答えします。

*   *   *

 

恋愛に関する悩み相談の場ですが、今は彼氏も好きな人もいません。

約12年間付き合っていた人と5年前に別れてから、付き合うまでに発展した人はいませんでした。別れを切り出したのは私からで、相手に決定的な嫌なところはなかったですが、これからも一緒にいたいと思うことができず、別れることを決めました。

それからは、どちらかと言えば、早く相手が欲しいというよりも、仕事やプライベートで挑戦していきたいという気持ちのほうが強く、34歳にも関わらず、婚活などを始める気がしません。

また海外志向も強いため、一人での東南アジア移住を目指しています。

ですが、周りの独身同級生は、婚活パーティー行ったりと具体的に動いていますし、実際それは結果に結びついています。その様子を聞いていると、そのような年齢なのかと不安になったりします。

将来的に、将来、なんであのとき焦って動かなかったんだろうか……と後悔するときがくるんじゃないか、と時々ゾッとしながらも、行動していません。

今34歳の私は、将来的なことを考えて、やみくもでも、パートナー探しに動いたほうが良いのでしょうか?? 将来的には結婚したいです!!

(Ashさん・いて座)

Ashさん、こんにちは。

ご相談をいただきましてありがとうございます。挑戦したいものがたくさんあるとのこと、素晴らしいですね。そのなかにパートナーを探す、という項目がないのなら、なさらなくて大丈夫なのではないでしょうか。というより、「できない」のではないかと思います。いて座は、やりたくないことは一切やらない星座です。

もちろん社会生活を送るうえで「やるべき」ことはするのですが、「やったほうが良い」レベルでは動かないでしょう。恋以外のこともそうなのですが、いかがでしょう。少なくとも、本腰を入れる状態にはなれないことがほとんどなのではないでしょうか。「やりたい」に変わったときだけ、持ち前のパフォーマンスと魅力を発揮するのが、いて座なんですね。

もちろん「絶対にやるな」とは申しません。ただ、「やりたい」状態になっていないときは、カスをつかみやすいので注意しなければなりません。気が進まないことをして、なおかつカスをつかんでしまうなんてたまったものではありません。Ashさんは、同じ時間を使ってもっとやりたいことがありますよね。

忙しくってもパートナーは作れます

Ashさんのご相談を拝見していると、これからしたいと思っている挑戦と、パートナー探しのためのアクションがきっぱりと切り離されて別項目になっているようにお見受けしました。もしかして、それらは別問題として頑張らなくてはいけないと考えておいででしょうか。無理にとは申しませんが、くっつけて考えるとスッキリするのかと思います。「挑戦もするし、ぴったりのパートナーと出会う」といった感じですね。「挑戦する自分に共感してくれる人がパートナーになる」でも素敵かなと思います。

これはAshさんに限った話ではないのですが、やりたいことがたくさんある方のなかには、たまに「パートナーができたらやりたいことができなくなる」「忙しくて出会う暇なんてない、無理」といった考えをお持ちの方がおられます。でも婚活しなければ……と思うのが嫌すぎて、「自分は一人で生きていく」と自分に言い聞かせるようにしている方もおられます。

でも、こうしたことは、思い込みなんですね。一緒に同じ方向を向き合える人もいます。「俺は俺! お前はお前! お互いにやりたいことをやる最高の相棒!」といったカップルもいます。そういう人と、出会っていいんです。パートナーになっていいんですよね。

やりたいことと婚活の枠組みを見直す

やりたいことがたくさんある、でも何らかのかたちで制限されるに違いない。こうした意識を根強く持ったまま過ごしていると、婚活をしても不思議と足を止める要素を持っている人と知り合いやすくなるのです。たとえば転勤族であったり、何かと反対したりけなしたりしてくるタイプだったり。これが、先ほど書いた「カスをつかむ」のしくみです。大事なのは、思い込みをそっと手放すこと。そして「挑戦もするし、ぴったりのパートナーと出会う」という意識を、心に入れ込んでいくことなんですね。

年齢を重ねると、出会いにくくなるという心配もあるかもしれませんね。確かに一理ありますが、年齢や容姿で人を判断するタイプのカスを、ふるいにかけられるというメリットもありますよ。いえ、正確にはふるいにかけられるんじゃない、かけるんです。そのために必要なのは、輝き続けていること。やりたいことをとことんやって、自分の人生をしっかり生きて、きらきらした瞳と心でいることです。Ashさんなら、大丈夫ですね。

パートナーがいればいいわけじゃないんです。Ashさんが自分らしく生きて、やりたいことをやって、幸せでいる延長線上に自然なかたちでパートナーがいればいいし、一人でいたければいればいい。それが、この先のいつかの夜、お酒を飲みながら「いい人生だったなあ」と思えることにつながるのではないでしょうか。やりたいことと婚活の枠組みを、ちょっとブラッシュアップしてみると良いだろうと思います。

*   *   *

やりたいことが見つからない人へ

本コラムはオープンな場ですから、Ashさんにちょっぴり場所をお借りするかたちで「やりたいことがない」という方向けにもひとこと、書いておきます。やりたいことがたくさんある人の人生と同じように、やりたいことがない人の人生もまた、価値があります。ただ、時々「やりたいことがないし趣味もない。だから出会う場がないし共通の話題も持てない」という思い込みを抱えてしまう方もおられます。もしもパートナーが欲しいと考えたときは、「今はやりたいことはないけれど、その私を理解してくれるパートナーと出会う」と決めておかれるとよろしいかと思います。たとえば「一緒にやろうか」と、初めての挑戦を共に楽しんでくれるような人とか。「ふたりで探そう」と、行く道を照らしてくれる人とか。それは、一人でも歩けるかもしれない人生を、ふたりで歩くことの意味のひとつであろうと、私は考えています。

私に相談してくださって、ありがとうございました。

真木あかり

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2020年下半期 12星座別あなたの運勢』

物質や金銭中心の「地の時代」から、知性やコミュニケーションを重視する「風の時代」へ。2020年下半期は年末に向けて運気が大きく変動していきます。 星の動きが教えてくれる「幸せのヒント」とは?ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2020年下半期の星占いです。 本作品では、真木あかり先生が12星座別にあなたの運命の流れを徹底解説。 さらに電子書籍版限定コンテンツが盛りだくさん!! ◆恋愛運・仕事運の月ごと(7月〜12月)の流れ ◆幸せになるために手放したいもの ◆幸せになるために手に入れたいもの ◆チャンスにつなげやすいタイミング ◆敢えて無理をしてみたい一歩 ◆グレートコンジャンクションで変わること ◆辛い思いをしているあなたへ などを12星座別にボリュームたっぷりでお知らせいたします。 スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP