1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 2020年7月の恋愛運

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2020.06.30 更新 ツイート

2020年7月の恋愛運真木あかり

この占いでは、今月のあなたが得る「ご縁」や傾向をお届けします。

6月末、約40日にも及ぶ金星逆行が終わって迎える7月。6月18日から逆行している水星が順行に戻るのは12日なので、コミュニケーションにおいてモヤモヤを抱える方は「まあ後半には調子が出てくるだろう」くらいに、ちょっとゆったりめに構えておくとよろしいかと思います。話し合いについても、その頃からがベストでしょうね。

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】
会話が盛り上がったり、偶然が重なって好きな人に会えたりと、嬉しいことがありそう。あなたにとっても調子良く動けるときなので、前向きに行動を起こしてみるといいでしょう。なお、キャリアにおいては比較的長い時間をかけた挑戦が報われつつも、今後に楽観的な展望を抱きにくい部分がある時期です。安定した生活に目が向くときではありますが、それと結婚を重ねはしないほうがよさそう。こういう時期だからこそ、キャリアと生活はそれぞれ個別に大事にしたほうが悔いが残らないでしょう。

【カップルの人】
月の上旬はちょっと意思疎通がしにくいような部分もあるのですが、コミュニケーションに愛を感じることが多くなります。お出かけ先でちょっとした気遣いをしてくれるとか、落ち込んでいるときになんとなく励ましてくれるとか、相手がいることの心強さを感じられることでしょう。なお、いつも仕事や夢のことで突っ走りすぎて相手を心配させている人は、その気持ちを汲んでバランスのいい行動をすること。「自分がどんなに気にかけてもムダ」と思わせてしまうと、あなたも悲しいでしょうから。

【シングルの人】
出会いが増えてきます。ここまでなんとなく積極的になれずにきた人も、またコミュニケーションを楽しめるようになるはずです。特に趣味や勉強といった、好奇心を熱烈に燃やしていることについては、共感し合える仲間を見つけやすいはず。誰かと交流するタイプの趣味ではなくとも、SNSなどで「こういうの大好き!」ということを発信しておくときっかけづくりになるでしょう。この時期はすぐに恋にもっていこうとするよりは、一緒に楽しい時間を過ごすことが切れにくい絆づくりにつながります。

【障害のある恋に悩んでいる人】
自分を大事にしたいという気持ちが強くなってきます。振り回されるのはうんざり、そうした自分から脱却したいと考えるようになるのですね。もしそうしたお気持ちがあるのでしたら、苦しい関係性を卒業する機会にしやすい時期です。自分を幸せにできるご縁を、ここからまた選び直していけるのです。ひとまずは物理的な距離をとってみるのもよろしいでしょう。一方で、それでもご縁を続けていきたいという人の場合は、感情の上手なコントロールがカギです。「話すのが楽しい。それだけで嬉しい」くらいに、小さな喜びをしっかりと味わうことに意識を向けていけると続きやすいでしょう。

 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】
今月は1日1日と、時間が経つごとに楽になってくるでしょう。それはあなたが少しずつ、自分を成長させていけるから。恋する気持ちの扱いもうまくなりますし、相手への接し方が変わってくるのですね。たとえばこれまで、人から指摘されたりケンカしたりしたときに「こういうコミュニケーションはよくないな……」と思っていたことがあったなら、ここから変えていけます。すぐにはうまくいかなくても、1ミリずつ変えていくくらいの気持ちでいれば大丈夫です。

【カップルの人】
長く続く愛を育てていけるときです。食事をする、いい香りをかぐなど、五感を刺激する体験をともに経験すると愛が深まっていくでしょう。一方、相手からなかなか連絡が来ない、約束したくても話が進まないといった人は、12日以降に調整しやすくなるはずです。それまでは焦ったり、変にSNSを深読みして不安を高めたりはしないでおきましょう。この時期は、独占欲や不安が執着に変わりやすいのです。そうなってしまうと、うまくいくものも不調に陥る可能性も。自分の気持ちをよくモニタリングしておくことで、今後愛あるコミュニケーションが復活しやすくなります。

【シングルの人】
月初は気持ちにストップをかけてしまいがち。確実でなければ動きたくない、傷つく可能性があるならそもそも恋なんて始まらないほうがマシ、などといった気持ちが強くなりそうです。そうした自分をダメだとか思わなくて大丈夫ですよ。それだけ真摯に恋をするのが、おうし座ですから。だいたい、中旬あたりになるとあなたのなかに「話したい」「話を聞きたい」といった気持ちが湧いてきます。その頃、あなたらしく自然なかたちで、好きな人やこれから出会う人と話をしてみるのがよさそうです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
相手を自分だけのものにしたいとか、他の人を見てほしくないといった、愛するがゆえの欲求が強くなる時期。お相手に、ほかに特別な関係の人がいる場合はもちろん、「新しい恋人ができたのでは」「気になる人がいるのでは」などと思い始めると、感情に歯止めがききにくくなってしまうことも。「いくら想像してもムダ。自分は自分」と考えていけると素敵です。一生懸命不安がっても、どうにかなるわけではありませんからね。月の後半にはお相手とお話できるようにもなるはずですから、自分の想像よりもお相手が話したことを見つめていきましょう。

 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】
恋のシーズンが始まります。5月中旬からあなたの星座で逆行を続けていた「愛と美の星」と呼ばれる金星が、6月末にその後ろ向きの旅を終え、また前に向かって歩み始めたのです。2020年は4月頭から8月8日までの長期間、人を愛し、愛されることにスポットライトが当たり続けるふたご座。停滞が見られる逆行の40日間を乗り越えた今月、しなやかな愛し方・愛され方がやしなわれたことを実感する人も、多いかもしれません。逆行期間の体験が、「そういうことだったのか!」と伏線回収されていく人も、いるだろうと思います。

【カップルの人】
5月中旬あたりから問題を抱えていた人は、今月にはスッキリと解消に向かうでしょう。気持ちのズレや衝突すらも、ふたりをつなぐ大事な役割を果たしてくれるはずです。ズレや衝突を変に皮肉っぽくとらえず、ふたりの間の大事なステップなのだと思っていらしてください。ただ、もう少し話し合いが必要と思われる場合は、月の半ばから今月いっぱいくらいまでのあいだに機会を設けるとスムーズにお互いの意見を出しやすいはず。

【シングルの人】
いい運気の波に乗ることができます。あなたの魅力が注目され、愛されるときですから、あなたらしい装いを楽しんで気さくに接しましょう。気になる人がいる場合は、さらっとした知り合いレベルのコミュニケーションに終わらず、あと一歩踏み込んでみる勇気を持ってみて。意見を聞いたり、その人のものを借りたりと、何かしら接点をつくってみたいところです。からかうのはNG。ウケるウケない以前に、「ちょっとクセがある人」という印象を与えてしまいそうです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
5月半ばから6月終わりにかけては、たくさん迷う時期でした。しんどいお気持ちもたくさん、噛み締めていらっしゃったでしょう。頑張りましたね。ここからは好調な流れに乗っていけます。とはいえ、コミュニケーションの不調は12日あたりまで残るかもしれませんので、あまり焦らずにいつもどおりにしていること。逆説的かもしれませんが、お相手のことは抜きにして「自分が楽しむ」ことをしていると、意外なタイミングで連絡が来たりします。
 

 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】
上旬までは何事もゆっくりと進んでいくので、ちょっともどかしい気持ちも強いかもしれません。ただ、新しい状況に向けて確実に、物事は動いています。印象的なのは5日の月食。これまでパートナーシップや出会いのために頑張ってきたことがある人は、努力が大きく「報われる」ようなことがありそうです。うまくいかないと感じている場合は、方向転換のタイミング。人はいつもベストなやり方を選べるとは限らないのですよね。違うやり方を試してみるとよさそうです。

【カップルの人】
わだかまりがスッキリしてきます。「あれも実は愛だったのだ」と、ピンとくることもあるかもしれません。パートナーとの関係性がひとつの到達点に至り、次なる試みをする人も。関係性を良いものにするために頑張っていこうと思うなら、半年スパンで見ておくとよさそう。すぐに結果が出なくても大丈夫ですし、時間をかけてじっくり見つめることに意義があります。

【シングルの人】
出会いが増えてきます。特に、仕事つながりで出会う立場が上の人とは、ゆっくりですがいい関係性を築いていける可能性大。恋を急がず、まずは仕事でベストを尽くしながら関係性を良くしていけるといいでしょう。好きな人がいる場合は、月の前半は焦らないこと。後半、新しい自分になりたい! という思いが出てくる人が多いのですが、イメチェンするのはおすすめ。運勢にフレッシュな風を吹き込むことができるはず。

【障害のある恋に悩んでいる人】
粘り強い愛を育てていけるときです。月の上旬は停滞を感じやすいのですが、それもまた「自分を強くしていく」という感覚に変えていけるかもしれません。問題事とは全面対決をはかる……もとい、ガチで話し合うといった選択をするよりは、長い時間をかけて解決すべきことと思っていたほうがうまくいきます。じっと待てることもまた、愛のひとつのかたちなんですね。

 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】
行動範囲や好奇心の範囲が広がることで、恋に限らずさまざまな人とのご縁が生まれます。友人・知人とのやりとりのなかで「ああ、こういうのも愛のかたちなのだなあ」と改めて学ぶこともありそう。もし、ずっと解決できずにいる愛のテーマがあるのなら、この時期は哲学や心理学、文学といったものから愛を学ぶことができそうです。古今東西の名著のなかに、学びがあります。

【カップルの人】
相手の優しさや気遣いを受け入れること、がカギとなりそうです。この時期のあなたはとても忙しく、仕事も生活もバタバタしがちです。そんなときでも「ちょっと休んだほうがいいよ」という心配の声は聞いたほうがいいですし、「このお菓子好きでしょ? 買っておいたから」という気遣いはありがたく受け止めたほうがいいのです。たとえちょっとズレた行動であっても、相手がいることにまずは感謝を。あたたかな気持ちのやりとりが、ここから始まります。

【シングルの人】
人との交流が多くなります。ここ1~2ヵ月、ちょっと素っ気なかった人やうまく予定が合わなかった人とは、7月中旬以降に再度調整を試みてみるといいでしょう。あの合わなさは何だったのか、と思えるほどに穏やかな関係性が復活することでしょう。過去にこだわらず連絡してみては。また、これまではただの知人だった人、ちょっと手が届かない憧れの人などが、この時期は急に気になる存在に思えてくるかもしれません。

【障害のある恋に悩んでいる人】
未来を思ってあれこれ想像が広がります。待っていればうまくいくだろうかとか、遠い未来のことでいいから一緒になりたいとか、さまざまな気持ちが浮かぶでしょう。お相手からそうした話題が出てくることもあるかもしれませんが、まだそのお話は「種」の時期。芽が出るまでには時間がかかりますから、現実的にああだこうだと言うよりは、楽しくふんわり夢を広げていくのが一番です。相手への要求や、確約が欲しいといった気持ちはそっと胸のなかにしまっておくこと。

 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】
愛においては大いなる成長期です。5日の月食は、長いあいだの努力や思いがかたちになる大きな節目のとき。頑張ってきてよかったと思えるような展開が待ち受けている人は少なくないでしょう。一方で、「制限と試練の星」と呼ばれる土星が3月以降、久々に恋愛を司る位置に戻ってきます。解決済みでない問題がある場合、ふたたび直面することになる可能性大。ただ、思いがけないことが起きたときは「チャンス」と思ってみてもいいかもしれません。しっかり向き合いさえすれば、ベストな未来へと自然につながっていくのが今だからです。

【カップルの人】
嬉しいことが多い月です。ふたりの関係性が一歩前へと進み、未来につながる話を始める人もいそうです。これまでパートナーに言葉を濁されていたことも「ちゃんと話そう」というムードが出てくるだろうと思います。ただ、もしもあなたがちょっぴり逃げ腰になっている愛の課題があるのなら、ここでしっかり向き合って。特に、「指摘したら嫌われるかも」と見逃してきた相手の嘘やごまかしは、スルーし続けてもあなたを幸せにすることはないのです。自分のためにも相手のためにも、しっかり向き合って。それもまた愛なのですよね。

【シングルの人】
マッチングアプリやネット婚活よりは、リアルな場所でいい出会いに恵まれるとき。特に仕事つながりの人には期待が持てそうです。仕事への向き合い方、人との協力の仕方、トークの巧みさなど、いいなと感じさせてくれる人がいるはず。ただ、お相手の素性はよくよく確認すること。この時期は秘密にしなければいけない関係になるとわかってお誘いしてくる人もいそうなのです。また、好きな人がいるなら友達のアシストは強力な味方に。グループでの食事のお誘いなど、検討してみては。

【障害のある恋に悩んでいる人】
ふたりにとっては正念場。先が見えない、希望が持ちにくいといった困難が、ここ3ヵ月ほどは少し軽く感じられていただろうと思うのです。ただ、ここからは、心の重たさが戻ってくるかもしれません。続けていかれるのならば、あまり思いつめることなく柔軟でいましょう。甘さや心地よさはもちろんのこと、相手のずるさも嘘もまるごと愛する……くらいのお気持ちでいるのが、あなたらしさを失わずにいることにつながるだろうと思います。

 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】
6月末から来年1月にかけて、てんびん座の人のパートナーシップには強い追い風が吹き続けます。ここでの気持ちには、嘘やごまかしといったノイズはまったくありません。どこを切り取っても澄み切った、純粋な愛や熱意であるはずです。今の恋人との関係性の純度が高まっていく人はとても多いでしょう。結婚を考えるようなパートナーとの出会いもありそうです。すべてが本気の半年間、走り抜けていきましょう。胸のなかにはいつも「幸せになる」という気持ちをしっかり、抱いておいて。

【カップルの人】
安定を求める気持ちが強くなります。未婚カップルなら結婚に向けた話が進んでいくときですが、「好きにしていいよ」「あなたが決めたほうに合わせるよ」といった発言はしないこと。しっかり考えて、話し合って、「ふたりのベスト」にしていくことが大事なのです。これは何も、結婚式や親と同居する・しないといったことに限りません。デートの行き先やディナーの場所でも、なんでもそうです。ふたりでたくさん意見を出し合って、「ふたりのベスト」を見つけましょう。

【シングルの人】
いずれ結婚に発展していくような、信頼できるパートナーとの出会いにつながりやすい半年間がスタートします。仕事で大きなチャンスが巡ってきたり、住まいのことで解決すべき課題が見つかったりと忙しい時期なのですが、人と接する機会があればオンラインでもオフラインでも積極的に参加して。ここから半年間で出会う相手は、あなたに大きな刺激を与えてくれる見通しです。ゆえに、初対面の印象は「!?」という感じで相容れるところが少ないかもしれません。そういう人がいたとしても、毛嫌いせずじっくり接してみて。

【障害のある恋に悩んでいる人】
ケンカになりやすい時期です。家庭の事情でなかなか会えなかったり、仕事観の違いが心のズレにもつながったりと、ちょっとしたことが引き金となって激論に進展。これも自分たちの関係性だからとおおらかに構えていられれば良いのですが、普段から我慢を重ねている人にとっては「どれだけ我慢すればいいの!?」とキレたくなってしまいそう。言いたいことは溜め込まずにその都度言う、言葉を選ぶなど、建設的な会話を心がけて。

 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】
相手に期待しすぎたり、逆に相手に期待されすぎたり。甘えたり、甘えさせてあげたり、ときに甘え過ぎたり……そうしたことがちょいちょい発生しそうな予感です。限りなく現実的な視点ですごすことが多いこの時期ですが、それゆえに正解がない恋のことは、考えすぎてこじらせてしまったり、エイヤと出て空回りしたりしがちに。「相手はこう思っているだろう」と自分ひとりで考えるよりは、まずは会話を重ねてお互いの一致点を見つけられると、運命の輪はスムーズに回り始めるのではないかと思います。

【カップルの人】
想像力がいつも以上に高まります。パートナーは何を求めているんだろう、どうすれば喜んでもらえるんだろう。たくさん尽くせば愛されるとばかりにあれこれ作戦を練るのですが、反応を期待して頑張りすぎると、愛が重たいと受け取られてしまうこともありそう。「大切に思ってさえいれば、それで充分」ということをまず念頭において、コミュニケーションをとりながら程よい関係を築いていけると、この時期の運をうまく使っていけます。

【シングルの人】
「その気にさせる」「意識させる」系のテクニックは無用です。夏ですが、露出多めのファッションというのも変な虫(いろいろな意味で)を引きつけるだけ。それよりも、自然と会話が弾んだり、同じ場所でよく顔を合わせたりする人のほうがいいご縁につながりやすいでしょう。なお、月の後半、ちょっと疎遠になっている人とふたたびつながる時間が訪れるかも。近況が気になる人がいるなら、SNSなどで連絡をとってみては。

【障害のある恋に悩んでいる人】
先月の間は心のつながりが感じられなかった人も、今月は愛を感じることが多くなるかと思います。突然「言葉が通じるようになった」という感覚を抱く人も多そう。あまり悩みすぎず、自分にできることをしながら「愛を受け取る」ことを意識してみるといいでしょう。「他のカップルみたいに」「ふつうの恋みたいに」と思いすぎず、ふたりだけの特別な関係性を味わい尽くすことができる月です。

 

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】
2020年で最も、恋愛運が盛り上がる1ヵ月です。ここから8月8日までずっと、カップルの人にとっても、いいご縁を求めている方にとっても、愛とパートナーシップがアツい追い風に包まれます。あなたらしくのびのびと、愛を謳歌していけます。自分から行動を起こすことでうまくいく時期ですが、この傾向は向こう半年間ずっと継続します。もしも「自分からって、どういうことなんだろう」と悩んだときは、2011年から2019年にかけてあなたが愛を通して失ったこと、手に入れたこと、学んだこと――「思い知った」という言葉が近いかもしれませんが――を思い出してみて。大事にすべきものは何か、過去の自分が教えてくれるはずです。

【カップルの人】
パートナーシップが強い愛によって結ばれていきます。5月、6月は関係性づくりに迷いもあったかもしれませんが、もう答えはちゃんと見えていますね。迷わずまっすぐに愛して大丈夫ですし、また相手にも求めて良いときといえます。話すタイミングをうかがっていた、ちょっと重ためのテーマがあるのなら、月の半ば以降で切り出してみるのがおすすめ。あなただけが悩むのではなく、ふたりの問題として、大事に共有できるはずです。

【シングルの人】
絶好調です。今月に限らず、2021年1月7日までは恋に追い風が吹きますので、自分史上最高の恋をすると、しっかり決めていらしてください。途中、アップダウンは多少ある見通しなのですが、それすら自分を発見するいい機会にしていけるはずです。特に今月は、結婚してもいいと思えるくらい気が合う相手と出会える見通し。アプリでも、リアルでも、「自分から動く」のが運のスイッチを入れるカギとなります。できることからどんどんトライあるのみ。ただし、いきなり体の関係に持ち込もうとする人だけはNGです。今月は巧みなトークで強引にもっていこうとする人もいそうなので注意して。

【障害のある恋に悩んでいる人】
障害があるとはいえ、今のおふたりのお立場やお気持ちをふまえた上で、可能なレベルで最大の愛が期待できるときです。コミュニケーションが噛み合わないと思われている方でも、月の後半にはまたあたたかなやりとりを交わしていけるでしょう。また、こんなことを言っては叱られてしまうかもしれませんが、今月のあなたには「障害の少ない恋」の暗示も出ています。今よりも負担が軽減するお相手か、もしくはまっすぐに一対一で向き合えるご縁も確かにありそうです。もちろん今のお相手のことしか考えたくないというお気持ちであれば気になさる必要はまったくありません。ただ、苦しむこと、悩むことは愛に必須ではないということは、覚えていてください。

 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】
思いと行動がイマイチ、ちぐはぐになりやすいとき。特に前半は迷走モードなので、大事なことはできるだけ決めないほうが後悔も少ないでしょう。本格的なモテ期は8月8日以降なのですが、それでも月の後半はだんだん運気も上がってきます。特に21日の新月前後は、愛につながる大事な話をする人は少なくないでしょう。自分を変えたいと思う人は、5日の月食前後から半年計画で“最高の自分になる”ロードマップを描いてみるのがベストです。

【カップルの人】
相手の動きが読めないときです。おそらくですが、理由はふたつ。ひとつは相手の言動で、連絡が来ない・いつもと違った行動パターンを呼ぶといったことが挙げられます。もうひとつは自分のこと。自分がどうしたいのか迷ううえに、「こんなことを考えてはいけない」と相手に気持ちを確かめたりすることを手控えてしまいがちに。月の半ば以降はスカッと話しやすくなってくるはずなので、ここは焦らず、あなたらしくやっていきましょうね。

【シングルの人】
安定を求める気持ちが強く働いて、結婚を始めとする“先行きが約束された関係性”にしたい、そういう相手が欲しいという気持ちが高まるでしょう。パートナー候補を探すときもそういった視点が強く働きます。ただ、それゆえに条件ばかり見て、相手のお人柄が二の次になってしまうことも。「こういう人だったら付き合ってくれるのではないか」と、安全パイを狙いにいって変なご縁をつかんでしまっては、あまりよろしくありません。「幸せになるのは決まっている」ということにして、ちょっぴり肩の力を抜いていくとちょうどよさそうですよ。なお、21日の新月前後はいい出会いにつながりそうな予感です。

【障害のある恋に悩んでいる人】
6月下旬から連絡があまり来なくなってしまったという人は、ちょっとしんどい時期ですね。この傾向は7月12日まで続きます。それまではどうしたって運気は不安定ですから、自分を追い込むような考え方は避け、「そういう時期」と思ってやり過ごしましょう。月の後半は、たくさんお話ができます。21日の新月前後では、今後が楽しみになるような約束もできるかもしれません。

 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】
5月半ばから6月下旬にかけて続いていた停滞期は無事終了。すでにスッキリとした気持ちになっている方も多いかもしれませんが、それは“気のせい”なんかではないはず。ここからまた、自分らしく人を愛していけるようになるでしょう。また、この時期は不思議と、「絶対許さない」と思っていた人とのことを、自分のなかでケリをつけられる暗示が出ています。そういう時期が来たのでしょう。元恋人でも、ライバルの行為でも「もう、どうでもいい」と思えることを、ぜひ大事にしてみてください。

【カップルの人】
ふたりの愛が、以前よりも強く、かつしなやかさを帯びたものに変化しています。今月からたくさん、たくさんコミュニケーションできることになっているので、ぜひお話をする機会をたくさんつくるようにしましょう。交わした言葉の数だけ、ふたりのつながりも堅固なものとなるでしょう。3月以降、どうにも自分を抑え気味だった人も、ここからまっすぐな愛をパートナーに注いでいくことができるはずです。

【シングルの人】
素敵な出会いに恵まれる1ヵ月。ここから8月8日まで、「いつベストな人と出会ってもおかしくない」と思って、積極的に行動を起こしていきましょう。自分から動いてこそ! の時期なので、大人しく待っていないほうが良いのです。今月は趣味つながり、読書会や勉強会つながりの人とは特に接点が持ちやすく、話も盛り上がる見通し。ちょっとした手助けやアイスブレイクトークで一気に打ち解けることも。手近なところで参加したいイベントがないか、探してみるといいと思います。

【障害のある恋に悩んでいる人】
とても楽しい1ヵ月です。連絡やおしゃべりの頻度は次第に復活していきますし、コミュニケーションの内容も前向きで明るいものとなるでしょう。何より、ときめきは数え切れないほど感じられるはず。「この人を好きになってよかった」と思える瞬間も、たくさんあるはずですよ。過去に落胆させられることが続いた人は「どうせスルーでしょ」「どうせドタキャンでしょ」といった悪い想像ばかりが働いてしまうでしょうか。できれば「過去はどうあれ、これからはいいことがあってもいい」と思っておかれると、運気が好転しやすくなります。

 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】
6月下旬から、主にコミュニケーション面で停滞感が強くなりがちな時期が続いています。これはどの星座の人にも共通して見られる傾向なのですが、この時期のうお座の人々は特に、恋において重点的にそうした傾向が出やすくなっていました。淋しい気持ちを味わった方、しんどかったですね。この時期は7月12日まで続きます。ただ、悪いことばかりではありません。過去の失敗をリベンジしたり、復縁のきっかけがつかめたりする人もいます。全員に当てはまることではないと思いますが、もし「今かな」と思ったら、即動くようにしてみてくださいね。

【カップルの人】
現状で特に問題がなく、順調なふたりは同棲・結婚を連想するような時間を過ごせる人が多そうです。料理を作って一緒に食べたり、お互いのプライベート空間でずっと一緒に過ごしたりと、あたたかな時間となるでしょう。現状、コミュニケーションがぎくしゃくしているなど課題があるふたりの場合、状況が一転するのは12日以降。ここから一気に話しやすくなってきます。パートナーの意外な一面を覗けたり、初耳の話をいっぱい聞いたりしながら、愛が深まっていくでしょう。

【シングルの人】
身近なところに出会いがありそうです。たとえば親しい友達や同僚、地元つながりの人など、すでに出会っているけれど視野に入っていなかった人たちです。「灯台下暗し」とはよく言ったもので、身近すぎて良さに気付けないことも、人ってたまにはあるのですよね。進展はおそらく12日以降。21日の新月などは、かなり強い「恋のはじまり」の暗示が出ています。あなたの「運を動かす力」がパワーアップするときですから、勇気を出してみるというのもアリだろうと思います。

【障害のある恋に悩んでいる人】
お気持ちをグッと抑え込む、そんな時間が続いているのではないでしょうか。ストレスは相当のものでしょうに、頑張っていらっしゃいますね。7月はスタートから停滞感が強めなのですが、運気が好転するのは12日以降。21日などは、ふたりの関係にフレッシュな風が吹き込む見通しも出ています。モヤモヤを吹き飛ばすような、新しいニュースも入ってくるかもしれませんね。なんにせよ、悩むことだけにエネルギーを集中しすぎないことです。ご自身の未来や夢を描くなど、できる限りエネルギーを分散させるだけでも、お気持ちが楽になるはずです。

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2020年下半期 12星座別あなたの運勢』

物質や金銭中心の「地の時代」から、知性やコミュニケーションを重視する「風の時代」へ。2020年下半期は年末に向けて運気が大きく変動していきます。 星の動きが教えてくれる「幸せのヒント」とは?ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2020年下半期の星占いです。 本作品では、真木あかり先生が12星座別にあなたの運命の流れを徹底解説。 さらに電子書籍版限定コンテンツが盛りだくさん!! ◆恋愛運・仕事運の月ごと(7月〜12月)の流れ ◆幸せになるために手放したいもの ◆幸せになるために手に入れたいもの ◆チャンスにつなげやすいタイミング ◆敢えて無理をしてみたい一歩 ◆グレートコンジャンクションで変わること ◆辛い思いをしているあなたへ などを12星座別にボリュームたっぷりでお知らせいたします。 スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP