1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 2020年8月の恋愛運

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2020.07.31 更新 ツイート

2020年8月の恋愛運真木あかり

この占いでは、今月のあなたが得る「ご縁」や傾向をお届けします。

まっすぐに降り注ぐ夏の陽光のように、エネルギッシュな意欲を持つ人が増える時期です。世の中的にも急進的なムードが強まり、困難を乗り越えて状況を良くしていこうという流れができてくるのでしょう。プライベートを大切にすることでも充実します。

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】
内側から熱いエネルギーが湧いてくるような、情熱的な1ヵ月です。語り合う、声を掛け合うといったコミュニケーションが普段よりも恋にプラスにはたらくときで、いい波に乗れる人は多いことでしょう。といっても、この8月になんとしても白黒はっきりつける! とまでは意気込まなくても大丈夫。楽しい話をたくさん共有する。それが、これから育つ愛のための栄養になります。

【カップルの人】
さわやかなコミュニケーションが楽しめるいい時期です。同時に、安定を求める気持ちが強まってくるので、結婚を強く強く願っている人にとっては「楽しいだけの会話なんてどうでもいい、はっきりしてほしい」といった気持ちも生まれるかもしれません。ただ、自然な流れで結婚の話が出てくるなら秋から冬にかけてです。つまり、これからなんですね。ただの会話のように思えても、前向きな楽しい話はきっと、絆を強めるためになくてはならないもの。今はあなたが強運のときですから、強く出ると若干キツく伝わる可能性のほうが高めです。だから、結婚に限らず何事も問い詰めたりはせず、愛を持って話ができると素敵です。

【シングルの人】
積極的に人前に出る機会を持ち、人とたくさん話すことになる1ヵ月。恋もその延長線上にあるでしょう。好きな人とはリアルでもオンラインでも、何らかの言葉を交わすと進展が得やすいはずです。また、19日の新月は、おひつじ座の恋に「はじまり」の風を吹き込んでくれます。マッチングアプリでも、ビジュアルや雰囲気に惑わされず現実的な視点を持ちやすいとき。メッセージを交わしてみるなど、アクションを起こすにはおすすめです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
電話やLINEなど、コミュニケーションの総量が増えるでしょう。会えない、触れられないといった淋しさで胸がいっぱいになっている人も、言葉の連なりに癒されるのかもしれません。その一方で、プライベートでは動きがあります。あなたに家族がいる場合は、「やはり家族を大事にしよう」とこちらに軸足を置き直す人も多いのかもしれません。あなたがシングルの場合、新しい恋が生まれることも。自分が持つ可能性に、もっと期待していいのだろうと思います。

 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】
ラフな気持ちでいろいろな人とコミュニケーションをとると、「風が吹けば桶屋が儲かる」的に、意外なところから恋に前向きな動きが起こりそうです。話が話を呼ぶように偶然がつながっていく、そんなミラクルを楽しんでいきましょう。このコミュニケーションというのは、オンライン・オフラインを問いません。苦手意識があるツールでも、えいと割り切ってみると意外と良かった! なんてことがありそうですよ。

【カップルの人】
趣味を共有することで、愛が深まるときです。お互いの好きな本を貸し借りしたり、一緒に趣味のアクティビティを楽しんだりと、心も時間も充実させていきましょう。発想やとっさのときの対応力など、まだ知らないお相手の魅力を次々と発揮できるはずです。19日の新月前後は、両親や仕事先の人に紹介したり、されたりといったことがありそう。前向きな言葉を選んで、はきはきと自己紹介してみて。

【シングルの人】
婚活や恋活に対して前向きな気持ちが出てきます。友達や仲間などいつも一緒にいるメンバーで固まりがちなときですが、その顔ぶれによって戦略(といったら物騒ですが)は変わります。みんなが恋に対して前向きで、喜び合ったり応援し合ったりする人たちなら、今のままでOK。ただ、「いい出会いがない」「婚活つらい」など恋に対してネガティブな意見が多い人たちなら、少しだけ意識のベクトルをよそに向けてみると恋のチャンスが得やすいでしょう。大事な仲間という気持ちはそのままに、いいアクションも起こしていきましょうね。

【障害のある恋に悩んでいる人】
コミュニケーションが盛り上がります。心が明るくなるような話題をふたりで共有できると素敵です。会話は友達関係のようにあっさりめ。デートをするにもドライブだけ、サク飲みだけといったライトなデートが多くなると思うのですが、それはそれでいい兆候です。ロマンティックな言葉や情熱的なふれあいがなかったとしても、気持ちをやり取りするというその行動にこそ愛が脈打つ時期だからです。

 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】
4月からスタートした恋のシーズンが8月8日に次のステージに移行します。通常であれば1ヵ月程度しか得られない愛と美の星・金星からの追い風が、4ヵ月間にもわたって吹き続けた今年のふたご座。試行錯誤もまた恵みであったはずですが、今はそう思えなくても大丈夫です。この4ヵ月での学びが自分のものにできるのは、この8日から始まる1ヵ月だからです。少し落ち着いて、自分と愛のベストバランスを見極めていく人が多くなるでしょう。

【カップルの人】
自分らしく過ごせるときだけに、恋においても自然とマイペース寄りになります。これまで相手に合わせてきた人も、自分の時間や友達との時間を優先したくなるかも。もともと顔が広く、フットワーク軽くあちこちに出かけていくことが多いふたご座。そのことでパートナーと言い争いをした経験があるのなら、「二の次にしている」「大事にされていない」といったことは思わせないよう、接し方に注意するといいでしょう。

【シングルの人】
どういう人ならベストパートナーになれるのか、シビアな目線で見つめることが増えそう。知らず知らずのうちに、ご縁がある人を採点するような気分になりがちです。ルックス、清潔感、年収……と、条件ばかりが気になってしまうことも。それらも大事なことです。ただ、内面を見る目が少し鈍りがちになることは確かなので、話をしてお互いを理解することも同時にやっていきたいところです。新しい出会いは、意外と身近なところにあります。

【障害のある恋に悩んでいる人】
ツキに恵まれるのは上旬。急に会えることになったり、ちょっとした言葉に愛がにじんでいるのを感じられたりと、嬉しいことが多いでしょう。全体的にコミュニケーションが増える時期なので淋しさは和らぐはず。ネガティブなことはどうしても離れられないにせよ、そこにばかり焦点を当てず「ある」ことにも目を向けていけると素敵です。月末以降、心のつながりが増す見通しも。

 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】
8日以降、愛に強い追い風が吹き始めます。いわゆるモテ期で、来月6日まで続きます。あなたの魅力に注目が集まる時期で、愛され力が高まり、幸福感を覚えることも増えるでしょう。人から誉められたときは、「そんなことないです」などと否定せず「ありがとう」を。そうすることで対人関係が良くなり、恋愛にもいい影響が及ぶはずです。ここ4ヵ月ほど、どこか過去を生きるかのように、終わった恋のことばかり思い出されていた人もいるかもしれません。でも、もう大丈夫。次の幸せに目を向ける準備が、整っているはずです。

【カップルの人】
お金まわりの話が出てくるかもしれません。パートナーの収入が上がったり、働き方について今後を踏まえた相談があったりするのかもしれません。あなた自身も、今以上の収入を目指すスタートラインに立っており、「ふたりでいることのメリット」「現実的にできること・できないこと」などをシビアに考えるのかも。愛と思いやりあふれる時期ですから、きっと前向きな結論を見つけられるでしょう。ただ、パートナーの可能性にふたをするような発言だけはNG。この時期にできたしこりは、尾を引くことになりそうです。

【シングルの人】
2020年のなかでもベスト3に入るくらい、恋が始まりやすい季節です。声をかけられたり、お誘いがあったりする人は多いでしょう。アプリで恋活・婚活をしている人なら、8日までは積極的にいろいろな人のプロフィールを見たり、メッセージを交換したりするといいでしょう。9日以降、いい流れになった人とはスムーズな展開が期待できるはず。

【障害のある恋に悩んでいる人】
ホッとするようなムードが出てきます。「あ、やっぱり愛されていたんだ」「気持ちはあったんだ」と確認できるようなことがあるのでしょう。来月6日まで好調な時期は続きますから、愛あふれる時間が多くなります。また、これは全員に当てはまるわけではないと思うのですが、新たな出会いやお誘いの暗示も出ています。ただ、淋しさを埋めるようにして相手に合わせると、余計にむなしくなります。もしそちらに応じるのなら、今の関係には見切りをつけてから、とする覚悟が必要のようです。

 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】
いろいろなところから連絡が来たり、お誘いをもらったりして、行動範囲が広がっていきそうです。好きな人とももちろん……! ではあるのですが、愛に関してはどこかじっくりと自分のなかで熟成させるような、過去を振り返っては考え込むような、そうした時間が増えるでしょう。といっても決して暗いだけの時間というわけではありません。来月6日から、しし座の人は恋愛運上昇の見通し。そこに向けて、必要であれば心の整理をするタイミングが巡ってくる時期なのです。

【カップルの人】
パートナーのために長く頑張ってきたことがあるならば、月初にその「結果」とも言えるような出来事がありそうです。嬉しい結果なら素敵なこと。嬉しくない結果だったとすれば、それはあなたが悪いわけではなく、頑張り方がちょっぴりずれていたことが理由でしょう。幸いにして、あなたが真に伝えたいと思って発する言葉は“伝わる”時期ですから、何がふたりのためになりうるのか、話し合ってみられるといいですね。特にそうした課題がない場合、ちょっとマイナス思考が強くなりやすいときです。「本当は愛されていないのでは?」などと、変にネガティブな想像で自分をがんじがらめにしないよう気をつけて。

【シングルの人】
月初は友達からの紹介でいい人と出会えたり、友人・知人のなかに気になる人が現れたりと、ときめく時間もありそう。いいなと思う人がいれば、連絡を取り合っておくといいでしょう。しばらくは目立った進展はないかもしれませんが、ご縁があれば9月、ふたたび会おうという流れになるはず。また、過去の恋愛でトラウマがある人は今月あたり、心の修復をしていく流れに。

【障害のある恋に悩んでいる人】
なぜか物事を深刻にとらえてしまいやすいときです。具体的に大きなトラブルや、ふたりの未来を脅かす事件があるというわけではないのです。それでも「連絡してくれないのは愛していないから?」「会えないのは別に好きな人ができたから?」などと、どんどん想像が広がっていくのでしょう。相手にぶつけたくもなるのですが、そうなると余計に距離ができるだけです。深刻になるのは、それだけ相手のことが大切だという証拠、でも、ぶつけないように。カラオケなどで大きな声を出したり、ひとりの時間を作ってぶつぶつとホンネをつぶやく時間を持ったりすると、落ち着きやすくなるでしょう。

 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】
恋の可能性がグッと広がっていきます。これまで仕事が忙しくて恋どころではなかったという人も、8日にはプライベートを充実させるだけの余裕が出てくるでしょう。注意したいのが、片思いでも両思いでも、相手になんとかして合わせようと思いすぎると、いわゆる“都合のいい存在”になりやすいということ。「もしかして、自分って都合のいい存在?」と不安になったら、しばらく合わせるのをやめてみると良さそうです。本当にあなたの幸せを考えてくれる人であれば、合わせなければ向こうが合わせようとしてきますから。

【カップルの人】
共感力がアップ。パートナーの悩みやちょっとした愚痴に耳を傾けると、相手が求めている答えがパッと頭に浮かぶよう。もしくは、相手が自覚していなかったホンネをスルスルと引き出したりすることもできそうです。いずれにせよ、パートナーの一番の味方でいることで絆は強まっていくでしょう。自然と、未来を視野に入れた話も出てくるかもしれません。

【シングルの人】
フランクにいろいろな人と接するなかで「この人なら!」と思える人に出会えそう。友達同士で出かけるのもいいですし、それが無理ならSNSで趣味のサークルに入ったりと、友達を増やすつもりで交流を広げてみましょう。ただ、共通の知り合いが多い場合は「もしフラれたら関係性が悪くなるかも」という恐れがストッパーに。その場合は無理に進めず、10月の恋愛運アップ期まで良い関係を保っていくという選択もアリでしょう。アプローチする前から諦めないことが大事です。

【障害のある恋に悩んでいる人】
言えない思いが胸のなかをぐるぐるして、心がいっぱいになってしまいやすいとき。「相手だって大変なんだから」「自分が言える立場でもないから」といったように、自分の気持ちを理屈で押し込めないほうがいいでしょう。納得できないという思いはいつか、爆発しますから、それよりも友達と会ったり、気持ちをノートに書いて整理したりと、内なる辛さを緩和できる具体的アクションをするほうがいい状態で過ごせそうです。20日以降、話がしやすくなります。

 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】
あなたのなかの、意地っ張りな部分が顔を出していませんか。この時期、てんびん座の人は急に仕事が楽しくなってきたり、きらきらと輝くようなチャンスが巡ってきたりして、恋は少しだけ手薄になりがちです。そうしたなかでちょっぴり素直になれなかったり、「恋なんて別にいいや」と嘘をついて見せたりと、あまのじゃくになってしまいやすい暗示が出ています。この時期は、まっすぐ向き合ってこそ。あなたはもともと、バランスをとることには長けた人です。「むっ!」と思ったときは、ちょっぴりクールダウンできればきっと大丈夫。

【カップルの人】
4日の満月は、あなたの恋愛を司るスポットで起こります。ここまで頑張ってきたことが実った、と思える人は多いはずです。8日あたりから急に仕事が忙しくなってくるのですが、忙しくてもこまめに連絡をするなど、意識して愛を示したほうが良さそうです。ただ、現時点であなたの気持ちが完全に離れてしまっている場合は、この満月のタイミングが「任期満了」……といったら変かもしれませんが、ある意味“気が済んだ”かたちでフェードアウトへと向かっていくでしょう。ただ、納得できているはずなので、視界は明るいはずです。

【シングルの人】
仕事での出会いや、上司からの紹介にいいご縁があるときです。積極的に行動範囲を広げ、出会う人を増やしていきましょう。ただ、今月いっぱいは進展らしい進展は得にくいかも。9月、10月と徐々に恋愛運は上がっていきますので、そこで進めるつもりで8月は仕事に徹するというのはいい選択です。そのほうが、あなた自身の印象も良いものとなります。仕事にも手加減なしで取り組めるので、いい成果につなげられるはずです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
仕事が忙しかったり、周囲の目が気になって話ができなかったりと、何かと邪魔が入りやすいとき。「忙しいなら別にいいよ」などと気丈に振る舞う一方で、我慢ばかりで辛くなってしまうこともありそうです。「あっちから連絡すべきだ」「ドタキャンのときは埋め合わせすべきだ」などと、“べき”という言葉が頭に浮かんだときは、ちょっと肩に力が入りすぎているのかも。気持ちをリセットして、「好き」に戻りましょう。こうした傾向は、9月上旬まで続きます。無理しても、もちませんからね。

 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】
仕事がガチで忙しくなってきます。目の前の仕事も忙しいのですが、キャリアにおいてチャンスと思えるような話も出てきたりしててんてこ舞いに。19日の新月前後では、新しい仕事がスタートしそうな気配もあります。そんなバタバタ期ですが、こういう時期だからこそ、頑張るあなたを自分のことのように応援してくれるかどうか、ともに未来を語り合えるかどうかといったことが、見極めやすくもあります。平時には、なかなか見極められないポイントです。

【カップルの人】
パートナーシップにおいて何らかの緊張感が漂っている場合は、月の半ば頃に穏やかになっていきます。現実を見る目が磨かれるので、「この人と続くかどうか」で悩んでいる場合は自分にとってベストな判断がしやすいでしょう。付き合っているとつい「続く」ことをベースに考えるものですが、大事なのは自分にとっての幸せなのですよね。続けたい場合は、仕事ばかりの毎日にならないようご注意を。

【シングルの人】
「愛とは何か」「結婚とは何か」といった、答えのない問いが頭に浮かぶとき。これまで「パートナーにするならこういう人じゃないと……」と思っていたスペックが急にどうでも良くなって、「人間的に尊敬できるかどうか」などと定量的にはかりようのない指標になることもありそうです。外国人やまるでカルチャーが違う業界にいる人など、自分とまったく違う価値観を持つ人に惹かれる場合も。意外な人に惹かれながら、自分の愛の定義をブラッシュアップしていけたなら、これぞ恋の醍醐味と言えるのかもしれません。

【障害のある恋に悩んでいる人】
自分は辛いけれど、相手も辛いんだ。自分も事情があるけど、相手にも事情があるんだ。そうしたことは、言うまでもなくあなたはわかっておいでだと思います。毎日のように、考えてもいるのでしょう。この時期は、それを辛いこと、自分を苦しめることとしてではなく、相手への思いやりと共感として思い起こすことになるでしょう。その優しさが、相手の胸を打つようなこともありそうです。

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】
今のいて座には、恋に吹き荒れる熱風とパートナーシップに吹き寄せるあたたかなそよ風、ふたつの恋愛運が同時に巡っています。後者の風は今月8日に一段落し、ここからは楽しく自分から行動を起こす流れに恋が集約されていきます。いて座は、的に向かって飛んでいく途中が一番「生きている」という実感を得られ、また生き生きと美しく輝く人々です。その本領発揮、と言えるときであろうと思います。

【カップルの人】
楽しいデートプランを考えてみるといいかもしれません。相手のこだわりや追い求めている何かを、一緒に楽しもうと声をかけてみるのも良さそうです。この4ヵ月の間、あなたはパートナーシップを丁寧に築き上げてきました。ふたりがずっと一緒にいられるように、頑張っていらっしゃいましたね。ここからは、楽しむ時期に入ります。引き金を引くのはあなたで、楽しみつつも前とは違う、確かな愛の手応えを感じられるのだろうと思います。

【シングルの人】
先月に引き続き「自分から行動を起こす」ことが重大なカギとなる好調期です。出会いの場でも積極的になれるのですが、「なんとかライバルに差をつけて目を惹こう」といった競争意識がはたらくと悪目立ちすることに。この時期のあなたは、エネルギーがかなり強めです。存在感は充分ですから、さらに盛らなくても大丈夫ということを意識していらしてください。悪目立ちした状態に惹かれてくる相手など、それなりの人でしかありません。等身大の自分で、楽しいと思える場所に行き、楽しむ。それでこそ、ぴったりの相手が見つかります。

【障害のある恋に悩んでいる人】
世界でたったひとりの大切な人として愛されたい、自分も相手を独占したいという思いが強くなります。普段はそうした気持ちを理性で押し殺していた人ほど、あふれる思いが抑えきれなくなるかもしれません。楽しいだけでは足りなくなるのがこの時期。9月上旬くらいまでは、そうした独占欲が束縛や不満、愚痴として漏れ出てしまわないように注意したいところです。話し合うなら、冷静に。

 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】
パートナーシップにいい風が吹いてきます。カップルも、今は恋を探している途中という人も、嬉しい展開が期待できるでしょう。昨年あたりから、愛において“試される”ようなことが多かったという人も、ここからしばらくの間は安心してただ、人を愛することを楽しむことができるだろうと思います。無理をしたり、辛い思いをしたりしないと愛されないというわけではありません。あなたらしさが、愛されてもいいのですよね。

【カップルの人】
パートナーに明るい気持ちで向き合うことができるとき。気になっていたことをとことん話したり、結婚についての話が出たりと、大地をしっかりと踏みしめるようなふたりの“これから”につながる流れができるでしょう。ただ、深入りを避けて丸くおさめることだけを頑張ってしまうと、ストレスのほうを強く感じてしまうかも。できる範囲で大丈夫ですから、少し踏み込んでみられると素敵です。

【シングルの人】
8日、「愛と美の星」と呼ばれる金星が、あなたのパートナーシップを後押しするポジションに巡ってきます。9月6日まで結婚をも意識するような、素敵な出会いに恵まれる可能性は高いでしょう。自分らしい装いと振る舞いで、行動範囲を広げられると素敵です。メディアによくある「モテテク」「モテファッション」的なことは気にしなくて大丈夫。自分らしくおしゃれを楽しみ、行動するあなたを魅力的だと感じる人こそが、あなたのパートナーになるべき人ですから。地元つながりの人、よく見知った人に改めて目を向けてみるのも良さそうです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
絆を感じられるとき。障害はあっても、幸せを実感できる人が多いでしょう。ただ、今がちょっぴりこじれてしまっている人の場合は、「何を考えているのだろう」「実はもう飽きられたのでは」と相手の気持ちばかりが気になってしまいがちに。見えない心を覗こうとしすぎれば、想像の暗い深みにどんどん沈んでいってしまいます。相手が言葉にしたことだけを見る、そんな覚悟も乗り切るカギとなるかもしれません。

 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】
4月からから約4ヵ月、みずがめ座の人に優しいエールを送り続けていた金星が8日に移動します。ここからは、地に足のついた愛を育てていく流れに入る人もいれば、コミュニケーションが盛り上がってくる人もいるでしょう。情熱を傾け愛を謳歌する時期だけでなく、じっくりと成熟させる時期もあってこそ、愛は深まっていきます。ここからも、楽しんでいきましょう。

【カップルの人】
生活のなかで助けたり助けられたり、つまらないことにも向き合ったりするなかでふたりの愛が深まっていきます。この時期のあなたは饒舌になっているのですが、愛を語る言葉だけでなく「ふつうの言葉」が、愛の栄養となるのでしょう。19日の新月には、ふたりの関係に進展があったり、新しい約束を交わしたりする人もいるのかもしれません。日常を大切にしながら、今を育んでいきましょう。

【シングルの人】
ちょっとした手助けをしたり、人にやわらかい態度で接したりすることが恋のきっかけにつながるとき。仕事をはじめとする組織内でのポジションでも、潤滑油的な役割を意識するといいでしょう。ただし、誰彼かまわず勘違いさせるような言動をすると「真剣に恋をしてはいけない人なのかなと勘違いされてしまうことも。親切心と笑顔はデフォルトで、でも好意は人を選びましょうね。誰にでも好かれることが大事ではないのです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
あなただからできる会話と、あなただから癒せるテーマがあるようです。お相手が誰にも話せないでずっと我慢している弱音を、あなたの前でならそっと吐き出せるのかもしれません。人前では気丈に振る舞っているけれども実は満身創痍で、それをあなたが理解してくれていると思うと、強くなれるのかもしれません。あなたにしか、できないことがあります。その価値を、大切にしたいタイミングです。

 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】
愛にあたたかな追い風が吹き始めます。春あたりから「安定が一番」「傷つくくらいなら何もしないほうがまし」といった気持ちが強まっていた人も、ここから前向きかつ無理のない愛し方を楽しんでいけるだろうと思います。20日以降は、コミュニケーションも活発に。ただし、お金を融通してあげることは、避けたほうが良いでしょう。助けてあげたいという気持ちは確かであっても、お金を貸すことで絆が強まるかもしれないという期待は、持たないほうが自分のためです。

【カップルの人】
愛する喜び、愛される嬉しさをめいっぱい感じることができるときです。この春はふたりの“これから”について意識した人も多いかもしれませんが、おそらくこの8月から現実的に行動を起こすことになるカップルは多いことでしょう。まだそこまで話が進んでいないなら、この時期はできる範囲で相手のサポートをしてあげて。ただし、親のように細かく指図したり、ダメ出しをしたりするのはNG。人としてダメなこと以外は、見守ってあげましょう。

【シングルの人】
8日以降、来月6日までモテ期が継続します。あなたから積極的に行動することで、いいご縁に結びつくでしょう。頭で考えるよりも「感じること」をぜひ、大切にしていらしてください。美しいと感じるもの、見ているだけでときめくようなものを身の回りに置いたり、着るととびきり嬉しくなる服を着たりするのもプラスとなります。20日以降、妙に話が合う人がまわりにいることに気づくかもしれませんが、その人も要チェックでしょう。

【障害のある恋に悩んでいる人】
今がどういった状況にあっても、いい風が吹いてきます。そのためにも、ぜひやっていただきたいのが「生活を整える」ということ。部屋を整頓する、バスタイムを楽しむ、自分の体が欲する健康的な食事をとる、快適なベッドでよく寝る、といったことを、ちょっぴり真面目にやってみるのです。自分を大切にすれば、相手からも大切にされます。大事なのは一生懸命悩むことではなく、世界で一番大切な自分を大切にして、運を良くしてやることなんですね。よろしければ、ぜひお試しください。

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2020年下半期 12星座別あなたの運勢』

物質や金銭中心の「地の時代」から、知性やコミュニケーションを重視する「風の時代」へ。2020年下半期は年末に向けて運気が大きく変動していきます。 星の動きが教えてくれる「幸せのヒント」とは?ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2020年下半期の星占いです。 本作品では、真木あかり先生が12星座別にあなたの運命の流れを徹底解説。 さらに電子書籍版限定コンテンツが盛りだくさん!! ◆恋愛運・仕事運の月ごと(7月〜12月)の流れ ◆幸せになるために手放したいもの ◆幸せになるために手に入れたいもの ◆チャンスにつなげやすいタイミング ◆敢えて無理をしてみたい一歩 ◆グレートコンジャンクションで変わること ◆辛い思いをしているあなたへ などを12星座別にボリュームたっぷりでお知らせいたします。 スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP