1. Home
  2. 読書
  3. 副作用あります!?人生おたすけ処方本
  4. #3 合コン前に読む本(男性向け)

副作用あります!?人生おたすけ処方本

2019.10.01 更新 ツイート

#3 合コン前に読む本(男性向け)三宅香帆

厳しい現実社会を生き抜く私たちには、悩みが尽きません。そんな私たちにオススメなのが、ズバリ「読書」なのです!
9月19日刊行、三宅香帆さんの『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』は、人生のお悩みに合わせて「よく効く本」を処方してくれます。本書から、こんなときにはこの名著、というお話を少し、ご紹介いたします。
 

*   *   *

 

トルストイ『アンナ・カレーニナ』(望月哲男訳、光文社古典新訳文庫)

効く一言:「あら、どうしたのかしら! なぜあの人の耳はあんなになったの?」

(iStock.com/Yuliya Baranych)

ペテルブルグに着いて、汽車が停まると同時に車室を出ると、最初にアンナが注意を引かれたのが夫の顔だった。「あら、どうしたのかしら! なぜあの人の耳はあんなになったの?」落ち着き払って堂々とした夫の体躰と、とりわけ急に異様な感じを覚えた、丸いソフト帽の縁を支えているその耳の軟骨を見つめながら、彼女はそう思った。彼女の姿を認めると夫は唇にいつものからかうような笑みを浮かべ、どんよりとした大きな目でまっすぐにこちらを見ながら近寄ってきた。じっとこちらを見つめるその鈍い視線を受け止めると、まるでそれが想像していた夫とはちがっていたかのように、なにか不快な感情が胸をしめつけた。とくに彼女を驚かせたのは、夫と会ったとたんに感じた自分への不満感であった。

傑作小説『アンナ・カレーニナ』のなかで、私がものすごく好きなエピソードがこちら。汽車を降りて、夫を見かけた瞬間、こみ上げる不快感。そしてそれは「なんであの人の耳はあんなふうなんだろ? あんなのだったかしら?」という、不可解な感情になって表面化する。
分かりますか、これを描けるトルストイの凄さが。「耳」ですよ、「耳」。夫を見た瞬間に異様な感じを受けるのが、「耳」。今ふうの言葉で言ってしまえば、久しぶりに旦那さんを見て、「え、なんかこの人の耳ってキモくない……?」と奥さんがまじまじ思っている。顔とか雰囲気とか息じゃなくて、耳がキモい、と。

 

なんじゃそりゃ、と眉をひそめられそうな話なんですけど。耳ってそんなにしっかり見ないでしょ、百歩譲って見たとしても形にいいもわるいもないでしょ、ましてやキモい耳なんてある? と。
でも私は、女性が男性のことを「なんかよく分からないけど生理的に無理になった、キモい」と思うあの絶望的かつ残酷な瞬間って、結局は「耳」がキモいと思うことなんだよなぁ……と言いたい。
そこに理屈も根拠もなく。ただ「なんかよく分からないけど、キモい」という、あのこみ上げる感情。
それは、それまで何も思ったことのなかった耳に違和感を覚えること、なんです。

 

こんなふうに、トルストイは「なんでそんなところまで分かるの!?」って女性として叫んでしまいそうな細部まで書くんです。書けるんです。

「でもそれがどうしたとおっしゃるの? グリムには『影をなくした男』という寓話があって、男が影を失いますわね。あれは何かの罰なんですのよ。わたしにはそれがどんな罰なのか、わかったためしがございませんが、でも女の場合、影なしではきっとつまらないでしょうね」
「そうね、でも影のある女性というのは、たいてい先行きよくない目にあいますわよ」アンナの友達が言った。
「そんなことおっしゃると罰が当たりますわよ」

「なぜってアレクセイは、これは夫のアレクセイのことだけれど(まったく、二人ともアレクセイなんて、なんと不思議なめぐり合わせでしょうね?)、アレクセイはきっとわたしの言うことを聞いてくれるから。わたしが忘れれば、あの人は許してくれるわ……でも、どうしてあの人は来てくれないのかしら? あの人はいい人よ。ただ自分がいい人だって知らないだけなの。……」

『アンナ・カレーニナ』は、一般に「奥さんが不倫する話」として知られている。だけど読んでみると、そもそも不貞を働いただけでもなく、結局アンナは、不倫先でもすくわれることはない。いやこれ以上言うとネタバレになっちゃうんですけど。
何かからすくわれようとして、夫じゃない彼と恋に落ちたはずなのに。どうしてか、恋をした先でも、すくわれない。
たぶん、アンナは強すぎる。と私は思う。それは単純な「気が強い」みたいなことじゃなくて、精神のタフさとも言うべきものが、ふつうの人よりも濃く、ぎゅうっと詰まっている。そして「アンナの強さに、夫も、彼も、ついていくことができない。引いてしまう。アンナの強さを支えられるくらい、同じくらい強い男性とアンナは巡り合うことができなかった。それがアンナ・カレーニナの悲劇なんだと私は思うのです。

(iStock.com/Sky_melody)


だけどどれだけの女性が、自分と同じくらい強い、タフな男性と巡り合うことができるって言うのか。
アンナの孤独は、女性が背負い続ける孤独なんだな、と感じざるをえない。だって、ねえ、女の人のほうがタフなんだもの(って言うと、何を根拠に、って男性陣には睨まれそうですが)。男の人ってすぐ仕事とか趣味でいっぱいいっぱいになるし。女性は仕事しながら化粧してネイルして友達と長いLINE送りあってるのに! って恨みがましく言っちゃうのは、私が女だからですね。ごめんなさい。
アンナはどうしたらすくわれていたのか。これが『アンナ・カレーニナ』という小説が私たちにもたらす、ひとつの問いです。アンナが自分の業に飲み込まれずに、生きていくためには、何が足りなかったんだろう。
あなたが男性なら、お願い、考えてよ! って私は頼まざるをえない。だってアンナは、この小説に出てくる男の人の誰にも、決して、すくわれなかったんだもの。
男にすくわれようとするなよ、って言ってしまったらその通りなんだけど。

「わたしにどんな望みがありうるのかって言うのね? わたしが望むことのできるのは、あなたに捨てられないことくらいね。あなたはそのつもりでしょうけれど」相手が言葉にしなかったことをすべて読み取って、アンナは答えた。「でもね、わたしはもうそんな望みも捨てたわ。どうでもいいことだから。わたしが欲しいのは愛なの。でも愛がないのよ。だったら、全部おしまいでしょう!」

愛はどこだ、ってよくもまあ19世紀のロシアから21世紀の日本に至るまで人間は変わらずぐるぐる考えてますよね。飽きないんだなあ。
でも残念ながら、愛はどこだ、の結論がどこにもまだ見つかっていないからこそ、私たちは『アンナ・カレーニナ』を読むことができる。きりきりとした切実さと、それを超える甘美さをもって。

合コン前夜の男性諸君、ぜひトルストイを読んでから行ってください。女心が分かりすぎてつらい状態になれるはずです。ほら、「きのう何してたの?」って女の子からきゅるんと見つめられたとき、「トルストイ読んでた」ってどや顔……できないか。いやむしろトルストイ読んでたって言って「えー! 私も好き!」って言う女の子と出会えたらそれは運命。おめでとう!

処方:女心がこんなに分かる小説は古今東西を探してもほかにどこにもありません。『アンナ・カレーニナ』を読んでから行くと、どんな女性の深層心理も透けて見えることでしょう。
 

*   *   *

 

著者の三宅香帆さんは、幻冬舎プラスで「>ラブコメ!萬葉集」も連載しております!こちらも要チェックです。

関連キーワード

関連書籍

三宅香帆『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』

「○○なとき」→こんな本を処方、という形式で書評していきます。 《効用一覧》 ディケンズ『荒涼館』→「まっとうに生きよう…」と仕事へのやる気が起きます。 司馬遼太郎『坂の上の雲』→おじさんおばさんであることを受け入れられます。 浅田彰『構造と力』→恋のエネルギーを学問へのエネルギーに変換できます。 高野文子『るきさん』→残業で疲れきった夜も、なんだかご機嫌になれます。 風呂にはいりたくないとき→さくらももこ『たいのおかしら」、怒られた日の夜→豊島ミホ『夏が僕を抱く』、合コン前→『風と共に去りぬ』『アンナカレーニナ』、死にたいとき→立花隆『臨死体験』ほか。 ※効果には個人差があります。

{ この記事をシェアする }

副作用あります!?人生おたすけ処方本

人生、色々悩みはつきません。そんなときに寄り添ってくれるのは、読書かも?

新進気鋭の書評家が、現代人のお悩み別にとっておきの本を紹介してくれます。あなたの症状にもきっと効くはず!?

バックナンバー

三宅香帆

1994年生まれ。高知県出身。文筆家、書評家。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。天狼院書店(京都天狼院)元店長。大学院にて萬葉集を研究する傍ら、2016年天狼院書店のウェブサイトに掲載した記事「京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う本ベスト20を選んでみた。 ≪リーディング・ハイ≫」が2016年年間総合はてなブックマーク数ランキングで第2位に。選書センスと書評が大反響を呼ぶ。著書に外国文学から日本文学、漫画、人文書まで、人生を狂わされる本を50冊を選書した『人生を狂わす名著50』(ライツ社)、『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(サンクチュアリ出版)がある。

Blog:https://m3myk.hatenablog.com/
Twitter:@m3_myk

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP