1. Home
  2. 暮らし術
  3. へぐりさんちは猫の家
  4. 猫は外を見ていたい…専用の「猫窓」をつく...

へぐりさんちは猫の家

2019.09.25 更新 ツイート

猫は外を見ていたい…専用の「猫窓」をつくってあげよう廣瀬慶ニ

猫15匹、犬5匹、人間3人が幸せに暮らせる。そんな夢のような家がありました! 『へぐりさんちは猫の家』は、世界でも珍しい「ペット共生住宅」を専門にする設計士、廣瀬慶二さんによるフォトエッセイ。キャットツリー、爪とぎ柱、ジグザグのキャットウォーク、猫窓、20cm×20cmの穴、トイレ……。猫も人間も幸せになれる家づくりのヒントがつまった本書より、一部をご紹介します。

*   *   *

これが猫の本当の気持ち

猫は窓辺で外をながめていたいのです。テリトリーを守るために監視している子もいますが、遠くで動くものを見ているのは単純に楽しい。

放課後に部活で校庭を走る男子や女子を、ぼーっと教室の窓から見ていた“青春が暇な若者”はいっぱいいるはずです。まるで猫みたいです。それは猫と同じなのです。うらやましい限りです。

窓辺にすわって外を見ている猫をよく観察してみると、目をつむっていたりします。見てないじゃないかっ! ってことですが、ぼーっと外をながめているうちに眠たくなったり、外を監視していても平和だから眠たくなったりするのなら、それはとてもしあわせなことです。

そもそも猫なんだから寝るに決まってます。うらやましい限りです。

猫専用の窓を「猫窓」とよんでいます。窓が大きいと防犯のことを考えないといけないので、高さや幅が極端に小さいものを用います。

さらに外壁の厚みを大きくすることで、サッシの額縁が大きくなりますから、いわゆる出窓になっていなくても、猫にとってゆったりと眠れる窓辺が出来上がります。

「猫窓」は、いろんな高さにたくさん設けましょう。床の高さに設けると、ジャンプ力がなくなった高齢の猫にも喜ばれます。

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

へぐりさんちは猫の家

バックナンバー

廣瀬慶ニ

1969年神戸市生まれ。神戸大学大学院自然科学研究科修了。一級建築士、一級愛玩動物飼育管理士。設計事務所ファウナ・プラス・デザイン代表。ペット共生住宅の専門家として、海外でも知られる。「住まいのリフォームコンクール」国土交通大臣賞受賞。著書に『ペットと暮らす住まいのデザイン』(丸善出版)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP