1. Home
  2. 読書
  3. SEX
  4. 男に飢えてウズく身体は深夜のリビング、ソ...

SEX

2019.06.24 更新 ツイート

男に飢えてウズく身体は深夜のリビング、ソファの上。LiLy

女性から絶大な人気を誇るLiLyさんがはじめて書いた官能小説「SEX」。

マッチングアプリでのワンナイト、泥沼化するオフィスラブ、セックスレスからの不倫、女の子との官能的な同棲生活、SMーー。

女の心情と現代をリアルに切り取った衝撃作が誕生しました。

発売を記念し、特別に全4回の試し読みを行います。

 

*   *   *

 

Lesson01 女の武器を自分の中に探せ。ーーもし、シビアなゲームに参戦するなら。

 

 黒ビキニ、デコルテアイコン。

 名前はmomo。年齢は28歳。

 Got my MBA in Boston, US.

 

 OK。「登録」の文字を指先でワンタップ! たった今、作成したばかりの私のページが世の男どものティンダー内に一気に拡散されてゆく。

 胸の高鳴りに、私は一人息を呑む。男に飢えてウズく身体は深夜のリビング、ソファの上。ここは参戦したばかりのアプリゲーム。

 果たして私は自分に課した目的をクリアできるレベルの女なのか。はじまりを告げるゴングの音が、頭の中で響いている。

 

 

「ありえない」「いい加減にして」「どういうことなの」

 

 狭い世界に浸かりすぎて、いつの間にか目が肥えすぎてしまったのか。このアプリユーザーの質が圧倒的に低いのか。それともこれが世の平均なのか。

 プロフィールに選ぶトップ画像。それは、狙い撃ちしたい大本命の相手に、唯一といっても過言ではない判断材料にされるもの。オーディションの第一次選考のようなものなのだ、これは。

 それなのに、そこに、何故コレを?

 登録者たちの神経そのものを疑いながら、スマホ画面に映し出される男たちを次から次へと指で弾く。「NO」を示す左方向へと画面をスワイプし続けている。あまりの嫌悪感から、画面を弾く指先に力が入ってしまう。指紋が1本くらいは消えそうな圧レベルでの高速「左」スワイプ。その速度が上がるとともに、男たちのセンスなき写真がぶっ壊れたメリーゴーラウンドのように視界を駆け巡る。

 明らかに不自然なツルッツル美肌加工を、男もするのか……。顔立ちが盛れれば良いというわけではないだろう……。いや、ツル肌フィルターや、うさぎ耳のスノーアプリで自撮りする男に発情する女も、多数存在するという何よりの証拠なのかもしれない。わりと高い頻度で出てくるということは……。

 性欲そのものが失せてゆくジレンマとともに、深夜は1時をまわっている。

 いや、なにも、他人を馬鹿にしようと思ってここにきたわけではまったくない。その逆だ。真逆だ。腰が砕けるほどエロい男を探しにきた。そうだ、そうだった。それなのに……。本来の目的を見失うほどのカルチャーショックに疲れてきた。が、ここで負けてたまるものか。

 

 

 登録してまだ1時間も経たないが、このアプリが極めてシンプルなつくりになっていることは理解した。左にスワイプが「NO」、ハートマークが「いいね!」、超気に入った時に押すのがスターマークで「スーパーいいね!」。目を光らせながらも光の速さで、左へのスワイプを続けるのみ。

 深夜は2時を、まわる勢い。目の中でコンタクトが乾いている。指先の指紋も、1本くらいは消えたかも。実在しているのかも不明な男がテキトーに設定した、工事現場に置かれた真っ赤なコーンの写真を私は深夜のリビングで見つめている。

 これをプロフ画像にするなんて、やる気もヤル気もないとしか思えない。スワイプする指すら止まる。唖然となる、とはこういうことだ。

 私、なに、やってんだろ。

 脱力させられた怒りでスマホを床に投げつけようかと思った次の瞬間、トンガリコーンの次に出てきた男に、すべての意識が釘付けになった。

 

 他撮りの笑顔、生粋のイケメン。

 名前はShogo。年齢は33。

 青山でバーを、経営しています。

 

 光の速さでスターマークの「スーパーいいね!」をタップしそうになった。が、落ち着け自分。まずは心の中で、芽生えた感情を言葉にする。

 ─────見つけた。私、この男がいい。

 

*   *   *

 

大阪でイベント決定!

よりセクシーにラグジュアリーに女を楽しむ方法をお話いただきます!

✴︎大阪:7月13日(土曜日)18:30から

詳細・お申し込みはこちらから

*   *   *

LiLy『SEX』

『Numero Tokyo』の大人気連載、女性のための官能小説。
書き下ろしの最新話を加えてついに書籍化!

「この本が、読んでくださったあなたを少しでも、ほんの一瞬でも「ァ」って、キモチ良くできたなら幸せです。何かピンとくるものを感じて本書に腕を伸ばしてくださったあなたを、きもちよくすることに失敗した本作であったならば、期待したのに失望させられた男を捨てるような感覚で「下手クソッ! !」って床に投げ捨ててくださいね」(著者あとがきより)

レッスン1:女の武器を自分の中に探せ。ーーもし、シビアなゲームに参戦するなら

レッスン2:恋に堕ちるのも落とすのも簡単。ーーもし、あなたのアイフォンに、音楽さえ、入っていれば

レッスン3:するかしないか瞬時に分かれ。ーーもし、突然始まる恋を逃したくないのなら。

レッスン4:オンナから子猫へ。ーーもし、ミルクでの溺死が好みなら。

レッスン5:のたうち回れ。ーーもし、本気ならそうなるの。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

SEX

 

 

バックナンバー

LiLy

作家。1981年、横浜生まれ。NY、フロリダでの海外生活後、上智大学卒。音楽ライターを経て2006年デビュー。女性の共感を呼び圧倒的な支持を受ける。小説『オンナ』(幻冬舎文庫)、エッセイ『目もと隠して、オトナのはなし』(宝島社)など著作多数。現在は雑誌「オトナミューズ」「VERY」「Numero TOKYO」にて連載。「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)に出演中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP