1. Home
  2. 暮らし術
  3. 運玉
  4. 霊格がアップする「霊山登山修行」のススメ

運玉

2019.04.29 更新

霊格がアップする「霊山登山修行」のススメ桜井識子

スピリチュアルな世界についてわかりやすくつづったブログや書籍が大人気の桜井識子さん。豊臣秀吉さんが実行していた「運玉」の育て方や、運命や幸運についてのホントのところを紹介した最新刊『運玉 誰もが持つ幸運の素』(桜井識子氏著・幻冬舎文庫)が発売即重版となる大反響です!

今回は本書の内容から、「霊山登山修行」についてご紹介します。のんびり過ごすゴールデンウィークに飽きてきたら、平成最後or令和最初の霊山登山に出かけてみませんか?

*   *   *

(写真:iStock.com/taka4332)

山岳系神様はどんな山にいるのか

一般人ができる修行の中で一番お手軽なものは、神社仏閣に参拝することです。
ほかの“修行”と言われているものより濃度は落ちますが、それでもコツコツ積み重ねると、霊感(神仏がわかる霊感のほうで、幽霊が見える霊感ではありません)や霊格向上に効果があります。
神仏に目を掛けてもらえるという、ありがたいオマケもついてきます。


これの超強力バージョンが「霊山登山修行」です。
「霊山登山修行」は、私が勝手に作った言葉ですので、聞いたことがないと思いますが、効果は抜群です。
霊山とは一体どんな山? と、まずここからですが、正確に言うと「山岳系神様がいる山」です。
「山岳系神様がいる山に登る修行」と言うと、まどろっこしくて舌を嚙みそうなので「霊山」というすでに存在する言葉を使って簡潔に言っています。


その山に山岳系神様がいるかどうか……という判断が難しいところですが、私が「います」とご紹介した山には確実にいます
「自分で見分ける方法はありますか?」と聞かれたら、う~ん、ちょっと難しいかも、というのが正直なところです。
というのも、私自身も自分で行ってみないといるかいないかの判断ができないからです。
資料などを見て「ここにはいらっしゃるだろうな」ということは予想できますが、行ってみないと「います」と断定ができません。


ひとつの目安として、“ちゃんとした神社”の本殿もしくは奥宮が、山頂や山の中腹にあれば可能性がある、ということが言えると思います。

奈良の三輪山とか、香川の金刀比羅宮がある象頭山(琴平山)とか、山形の月山や湯殿山もそうですし、鳥取の大山、鹿児島と宮崎にまたがる高千穂峰もそうです。もちろん熊野の山々もそうです。
なんとなく、ああ、そういう感じか、という雰囲気はおわかりいただけるかと思います。

(写真:iStock.com/taka4332)

神様に話しかけつつ登るもよし、黙々と歩いてもよし

登山修行は字のごとく、山に登って、参拝して、下りてくるだけです。
登るときにしんどくて、ヒーヒーゼーゼー言うと思いますが、これで体の内部の黒く良くないものが出ていきます
山岳系神様の神域を歩いて長時間その中にいるわけですから、憑いている良くないものも落ちます。さらに、自分の波動も神様の高波動の影響で高まり、質が向上します。
一生懸命登る姿を見て、神様に「おぉ、よう来たよう来た」と歓迎してもらえ、ラッキーな場合は一回の登山でご縁ももらえます。


そのご縁をいただくためには、とにかく神様にたくさん話しかけるといいです。神域内ですので、話しかけた言葉はすべて聞いてくれています。
願掛けだけでなく、日常のこと、たとえば家族やテレビ番組の話、どんなことを考えているとか、こんな仕事をしていますとか、思いつくことはなんでも話すことが、ご縁をもらうコツと言えます。
親や夫、妻、恋人以上に、気兼ねも遠慮もなく自分をさらけ出せる存在ですので、思い切り自分を出すといいです。それによってストレス解消にもなります。
話したことに対するアドバイスなども、のちにこちらがわかる形でくれたりします。


傾斜のきつい坂をゼーゼー登っていると、神仏どころじゃない、あまりにもしんど過ぎてなにも考えられない、という場面もあるかと思いますが、これはこれで大事です。
黙々とひたすら歩く……というそれは「歩行禅」と呼ばれるものであり、立派な修行の一種でお坊さんもしている行なのです。
なにも考えずにただただ歩く、それは歩きながら座禅をしているのと同じです。座禅は苦手という人も、歩行禅なら長時間できるかもしれません。
しんどいときは黙って歩行禅をし、余裕があれば神様にご挨拶をして、たくさん話しかける、それが登山修行です。


自然の中で時間を過ごし、自然と触れ合うことによって、生物としての正しい感覚を取り戻せますし、なにしろリフレッシュができます。
ハイキングのつもりで、または健康維持のためという理由で、霊山に登られてもいいと思います。足腰のためにあの神社に時々、歩いて行こうというのもアリです。

(写真:iStock.com/BankGiga)

コツコツ続けると霊格がレベルアップする

神社仏閣参拝もそうですが、登山修行は“修行”ですので、コツコツ積み重ねていくものです。
何回かやったからといって、すぐに神仏の声が聞こえるとか、神仏が見えるとか、そういうものではありません。
あの空海さんも、あの最澄さんも、おふたりに続く多くの高僧たちも、コツコツと修行を積まれているのです。修行とはそういうものなのです。
10回すれば、即、見える聞こえる! という、魔法のような、即席で習得できるものではありません。


滝行や仏門に入ってするものだけが修行という知識しかなければ、一般の人に修行は無理であり、神仏と繋がりたくてもあきらめるしかなかったと思います。
ですが、神社仏閣に参拝するのも小さな修行、霊山に登るのも修行、ということを知れば、それならコツコツ積み重ねていけるという人もいらっしゃるのではないかと思います。
神様仏様の波動をたくさん浴びることを繰り返していると、自分の波動も神仏色になっていきます。


そうしてコツコツ積み重ねた修行はちゃんと見えない世界でカウントされていますので、自分の能力も霊格も少しずつレベルアップしていきます。
人によっては早めに、「え? もうそんなレベルにまで?」というくらい飛び級で向上する人もいます。元々神仏がわかる霊感があり、霊格も高かったけれど、いままでやり方がわからなかったという人もいるでしょう。
大好きな神様や仏様に会いに行っていたら、いつの間にかこんなに霊格が上がっていました、ああ、ありがたい、というのが神社仏閣参拝修行、霊山登山修行なのです。

 

桜井識子『運玉 誰もが持つ幸運の素』
草履取りから天下人まで上りつめた歴史的強運の持ち主・豊臣秀吉はある秘技を使っていた。それは白く輝く小さな「運玉」を心の中で大事に育てるというもの。実は運玉は誰もが持っているのに、育てている人はほとんどいない。神様とお話しできる著者が秀吉さんに直接聞いた、強運をもたらすワザを大公開。知ると知らないでは人生が大きく変わる! 
Amazonで購入

関連書籍

桜井識子『神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ』

ちょっとしたコツで、お金に好かれる人生がつかめます! もっともお金を呼び込む財布の色は?/神棚や縁起物を用意してチャンスにそなえる/神社でお金を洗う時、心の中で唱える言葉とは/ お金という不思議なものの仕組みはいったいどのようになっているのか、神様とお話できる著者が神仏に直接取材してきました。ほかにも、「家にいる悪いものを追い出す方法」や「おみくじの読み解き方」、「恐山で亡き身内と会ってきた話」など見えない世界の不思議な話が盛りだくさん。みなさまの開運の手助けとなれば幸いです。

桜井識子『神様、福運を招くコツはありますか?直接きいてわかった神仏の本音』

縁起物で運を強くする方法は? 神様はどんな人が好き? 祝詞、お稲荷さん、熊手、願掛け、参拝、お墓、成仏……見えない世界のホントのところ/ 「福運」とはコツコツ育てていく運とは違い、手に入れればただそれだけでツキがもらえるという、棚からぼた餅なラッキーのことです。著者が見つけた、大小さまざまな福運を手に入れる方法などの神仏のご加護をもらうコツを紹介。神仏に守られて、人生を幸転させる秘訣が満載です。読むお守りとしてぜひご活用ください。

{ この記事をシェアする }

運玉

豊臣秀吉に強運をもたらしたスゴい秘技! 

白く輝く玉を育てれば、あなたの人生は大きく変わる

 

運を強くするための不思議で画期的な方法を紹介し、話題騒然となった『運玉』が、新章を追加してついに文庫化です! 

草履取りの立場から天下人にまで大出世を果たした豊臣秀吉。

日本の歴史上まれに見る強運の持ち主である秀吉さんは、ある秘密の技を使っていました。

それは、白く輝く小さな「運玉」を心の中で大事に育てるというもの。

実は運玉は天から与えられて誰もが持っているのに、育てている人はほとんどいないのです。

神様とおはなしができる桜井識子さんが秀吉さんに直接聞いた、運玉を育てるコツを大公開。

知ると知らないでは人生が大きく変わります! 

 

◎運玉はいつ、どこでもらえるのか

◎ラッキーな出来事を喜ぶことがもらうコツ

◎秀吉さんは実は天下を取る運命ではなかった

◎人生の設計図は自分が書いている

◎神仏はなぜ殺人を止めないのか

◎運命を変えるには神様の助けがいる

◎一生お金持ちになれない人の考え方とは

◎スピリチュアルの世界で道に迷わないために ……など

バックナンバー

桜井識子

神仏研究家、文筆家
1962年広島県生まれ。
霊能者の祖母・審神者の祖父の影響で霊や神仏と深く関わって育つ。1,000以上の神社仏閣を参拝して得た神仏の世界の真理、神社仏閣参拝の恩恵などを広く伝えている。神仏を感知する方法、ご縁・ご加護のもらい方、人生を好転させるアドバイス等を書籍やブログを通して発信中。
最新刊『運玉』(幻冬舎文庫)のほか、『神様、福運を招くコツはありますか?』『神様が教えてくれた金運のはなし』『桜井識子の星座占い』(ともに幻冬舎)、『神仏のなみだ』(ハート出版)、『神様と仏様から聞いた 人生が楽になるコツ』(宝島社)、『聖地・高野山で教えてもらった もっと! 神仏のご縁をもらうコツ』(KADOKAWA)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP