1. Home
  2. 暮らし術
  3. 運玉
  4. 一生お金持ちになれない人の考え方とは

運玉

2019.05.04 更新 ツイート

一生お金持ちになれない人の考え方とは桜井識子

スピリチュアルな世界についてわかりやすくつづったブログや書籍が大人気の桜井識子さん。豊臣秀吉さんが実行していた「運玉」の育て方や、運命や幸運についてのホントのところを紹介した最新刊『運玉 誰もが持つ幸運の素』(桜井識子氏著・幻冬舎文庫)が発売即重版となる大反響です!

今回は本書の内容から、「自分にポジティブな暗示を掛ける」についてご紹介します。あなたの成功を邪魔しているのは、実はあなた自身の掛けた暗示なのかもしれません。

*   *   *

(写真:iStock.com/bee32)

人は自分で自分に術を掛けている

皆さんご存じのように、日本には“言霊(ことだま)”という考え方があり、実はその力が意外と影響を及ぼす、ということを『幸せになるひっそりスピリチュアル作法』という本に書きました。
これと並行してあるのが、自分に暗示を掛ける、というものです。言霊と共通する部分がありますが、こちらは自分で自分に術を掛けるようなものです。


実は人は知らず知らずのうちに自分に暗示を掛けています。たとえば、
「私、パソコン苦手なのよね~」
と言うクセがあったとします。苦手だ、と言うたびに、口から出たその言葉が耳から入って、「私はパソコンが苦手なのだ」と自分に暗示を掛けています
口癖になっていたら繰り返し繰り返しこの暗示を掛ける行為をしているわけで、いつまでたっても上達しません。
なにかに挑戦しようとして「うまくいかないかもしれないけど」と、失敗したときに恥をかかないよう、ただ単に予防線を張っただけの言葉でも、耳から「うまくいかないかも」という言葉が入ると暗示が掛かります。うまくいかない可能性のほうが高いのだ、と。

(写真:iStock.com/anyaberkut)

これは他人に関しても同じです。
友人がなにかにチャレンジするとします。
「世の中、そんなにうまくいくわけないやんなぁ?」と別の友人と噂話をしたり、もしくはダンナさんにこのような話をしたりすると、その言葉は耳から入って、同じようなことを“自分がするときに”失敗してしまうのです。
「世の中、そんなにうまくいくわけない」と自分が言い聞かせているからです。
“自分の声”が言い聞かせるため、人が言い聞かせるより効果が高いので気をつけたほうがいいです。ネガティブな言動は避けることをお勧めします。

 

一生お金持ちになれない人の考え方とは

逆に言えば、ポジティブなことも暗示に掛けられるということになります。ですので、そちらは大いに利用するといいです。「私はやればできる!」などです。
似たようなお話ですが、人は自分の“考え方”にも暗示を掛けられて、それに縛られていることがあります。その最たるものは、「ラクして儲けるやつはロクなやつじゃない」という言葉です。


嫌悪する気持ち、どうせ陰で悪いことをしてるのだろうコイツは、という見下す気持ちも含まれているように思います。つまり、ラクしてお金持ちになった人は悪人、ととらえているわけです。
となると、魂は、悪人になりたくないのでお金持ちになろうとしません。あいつはロクなやつじゃない、と人に言われたくないからです。
ですから正確に言うと、お金持ちになれない、のではなく、お金持ちにならない、のです。魂の意思です。自分で、お金持ちに“ならない”という道を選んでいるわけです。
この、「ラクして儲けるやつはロクなやつじゃない」という考え方を捨てないと一生、お金持ちにはなれないと思います。

 

ラクして儲けるのは悪いこと? 

高齢者で、この考え方に暗示を掛けられ縛られている人を何人も知っています(お金持ちでないことは不幸なことではありませんが)。
ヘルパーのサービスで一緒にいたときのことです。テレビに裕福な人が出ると、
「どうせ陰で悪いことしてんねやろ」とか、
「こんなやつ、ロクな死に方せえへんで」などと言っていました。

(写真:iStock.com/Torsakarin)

実はラクしてお金を稼ぐことは決して悪いことではありません
たとえ話で説明をしますと、近所の人が和菓子屋さんの事業を始めたとします。資金を投入して店舗を構え、材料を仕入れ、早朝から一生懸命に働いて、和菓子を作ります。人件費も使って人を雇い、和菓子を売ります。
お客さんには従業員一同、常に愛想良くし、朝早くから夜遅くまで汗水たらして働いて、お店の評判が良くなってお店が発展していきます
人は、「一生懸命働いて頑張ったから、お店が繁盛して当然よね」と思います。


しかし、同じ町内に住む若者が、このお店から定価150円の和菓子を交渉して安く仕入れ、パソコンでカチカチやって200円でネットで売ったとします(法的なことはわかりませんので、あくまでもたとえ話としてお読みください)。
「材料厳選!」とか「高級志向の和菓子! 」「お茶会で絶賛される! 」など上手に宣伝してガンガン売ります。市場は全国ですから、当然、儲けも大きいです。店舗で朝早くから生産し、夜遅くまで働いた人より、ラクしてより多くのお金を儲けます


でも、これは悪いことではありません。ネットで売る、というアイデアがあっただけのことです。
人は「ンマー! ラクして儲けちゃって!」と言うかもしれません。
この“ラクして儲けちゃって! ”と言っている人は、お金持ちになれません。ラクして儲けた人を悪人、不快、と思っているので、こんな悪人にならないでおこう、と魂が思うからです。
やって来る金運を遠ざけようとブレーキがかかります。チャンスがあっても自分から逃してしまうのです。


「そうか、ネットで売るというアイデアがあったか、なるほど~」という考えの人は、金持ちは悪人という考えで自分を縛らないため、自分にチャンスが来れば、それをつかみます。
自分を縛る考えの力はとても大きいのです。

 

自分の成功を妨害しているのはあなた自身かも

同様に、「そんなん無理やわ」と決めつけると、できません
「もう年やから、いまから夢を追っても無駄やわ。大きなことはでけへんわ」という方は、スーザン・ボイルさんの例を知っていただきたいです。47歳で冴(さ)えないオバサンから一夜にしてスターになった人です。
スーザン・ボイルさんが47歳という年齢でオーディションに参加したということは、この方には「私、年やから歌手、もう無理やわ」という縛る考えがなかったということです。


高齢で医学部に入学した人とか、高齢になってから画家になった人とか、世間にはそういう人はたくさんいます。
縛る考えがなければ、いくつになっても、どんな道でも開けているのです。

(写真:iStock.com/shironosov)

「そんなん、特別な人だけで私には無理」
と思われるかもしれませんが、どんな人でも同じ人間です。人にできることが自分にできないはずはありません
もしも、私に歌の才能があったら、「スーザン・ボイルさんにできて、私にできないはずがない」と思います。同じ人間なのです。私にもできるはずです。


自分をネガティブな暗示に掛けたり、偏(かたよ)った考え方で縛ったりして、道を閉ざさないことが大切です。自分の成功を一番妨害しているのは、実は自分自身だったりするのです。

 

 

 

関連書籍

桜井識子『運玉 誰もが持つ幸運の素』

草履取りから天下人まで上りつめた歴史的強運の持ち主・豊臣秀吉はある秘技を使っていた。それは白く輝く小さな「運玉」を心の中で大事に育てるというもの。実は運玉は誰もが持っているのに、育てている人はほとんどいない。神様とお話しできる著者が秀吉さんに直接聞いた、強運をもたらすワザを大公開。知ると知らないでは人生が大きく変わる! 

桜井識子『神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ』

ちょっとしたコツで、お金に好かれる人生がつかめます! もっともお金を呼び込む財布の色は?/神棚や縁起物を用意してチャンスにそなえる/神社でお金を洗う時、心の中で唱える言葉とは/ お金という不思議なものの仕組みはいったいどのようになっているのか、神様とお話できる著者が神仏に直接取材してきました。ほかにも、「家にいる悪いものを追い出す方法」や「おみくじの読み解き方」、「恐山で亡き身内と会ってきた話」など見えない世界の不思議な話が盛りだくさん。みなさまの開運の手助けとなれば幸いです。

桜井識子『神様、福運を招くコツはありますか?直接きいてわかった神仏の本音』

縁起物で運を強くする方法は? 神様はどんな人が好き? 祝詞、お稲荷さん、熊手、願掛け、参拝、お墓、成仏……見えない世界のホントのところ/ 「福運」とはコツコツ育てていく運とは違い、手に入れればただそれだけでツキがもらえるという、棚からぼた餅なラッキーのことです。著者が見つけた、大小さまざまな福運を手に入れる方法などの神仏のご加護をもらうコツを紹介。神仏に守られて、人生を幸転させる秘訣が満載です。読むお守りとしてぜひご活用ください。

{ この記事をシェアする }

運玉

豊臣秀吉に強運をもたらしたスゴい秘技! 

白く輝く玉を育てれば、あなたの人生は大きく変わる

 

運を強くするための不思議で画期的な方法を紹介し、話題騒然となった『運玉』が、新章を追加してついに文庫化です! 

草履取りの立場から天下人にまで大出世を果たした豊臣秀吉。

日本の歴史上まれに見る強運の持ち主である秀吉さんは、ある秘密の技を使っていました。

それは、白く輝く小さな「運玉」を心の中で大事に育てるというもの。

実は運玉は天から与えられて誰もが持っているのに、育てている人はほとんどいないのです。

神様とおはなしができる桜井識子さんが秀吉さんに直接聞いた、運玉を育てるコツを大公開。

知ると知らないでは人生が大きく変わります! 

 

◎運玉はいつ、どこでもらえるのか

◎ラッキーな出来事を喜ぶことがもらうコツ

◎秀吉さんは実は天下を取る運命ではなかった

◎人生の設計図は自分が書いている

◎神仏はなぜ殺人を止めないのか

◎運命を変えるには神様の助けがいる

◎一生お金持ちになれない人の考え方とは

◎スピリチュアルの世界で道に迷わないために ……など

バックナンバー

桜井識子

神仏研究家、文筆家
1962年広島県生まれ。
霊能者の祖母・審神者の祖父の影響で霊や神仏と深く関わって育つ。1,000以上の神社仏閣を参拝して得た神仏の世界の真理、神社仏閣参拝の恩恵などを広く伝えている。神仏を感知する方法、ご縁・ご加護のもらい方、人生を好転させるアドバイス等を書籍やブログを通して発信中。
最新刊『運玉』(幻冬舎文庫)のほか、『神様、福運を招くコツはありますか?』『神様が教えてくれた金運のはなし』『桜井識子の星座占い』(ともに幻冬舎)、『神仏のなみだ』(ハート出版)、『神様と仏様から聞いた 人生が楽になるコツ』(宝島社)、『聖地・高野山で教えてもらった もっと! 神仏のご縁をもらうコツ』(KADOKAWA)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP