1. Home
  2. 生き方
  3. 私がオバさんになったよ
  4. よくいる「ダメな夫」と同じことをしている...

私がオバさんになったよ

2019.04.20 更新 ツイート

よくいる「ダメな夫」と同じことをしている自分ジェーン・スー

どうやら、人生は折り返してからの方が楽しいらしい。ジェーン・スーと、わが道を歩く8人が語り尽くした本『私がオバさんになったよ』の刊行を記念した試し読み。最終回のお相手は『私以外みんな不潔』で5歳の目に映る瑞々しい世界を私小説として上梓した能町みね子さん。二人に共通する意外な点とは。

ジェーン 今はお引っ越しされて、サムソン高橋さんと一緒にお住まいですね。

能町 そのあたりの話をスーさんとしてみたかったです。スーさんは未婚のプロを名乗ってますけど、特定のお相手はいるじゃないですか。めっちゃ聞かれていると思いますけど……別にするべきとは思わないですけど、なんで結婚しないんですか? 

ジェーン 私もだんだんわからなくなってきたんですよ。非婚イデオロギーがあるわけでもなく、ただ結婚することによってなにが変わるのかわからんなーと言ってたらこの歳になりました。?35くらいまではちゃんと結婚しないと人として欠陥商品だという思い込みがあったんですけど、それを超えたら、糸の切れた凧ですよ。メリット・デメリットで考えている時点でダメなんでしょうね。

能町 私はサムソンさんと最初から結婚する気だったんですよ。……なんですけど、聞いてみたら向こうはあまりしたくないらしくて。したくないものを無理強いするつもりもないので、このまま結婚せずにいくんだろうというのが今の感じです。

ジェーン ルームシェアとは違うんですよね。

能町 違いますね。向こうが主夫という感じです。

ジェーン うちと一緒です。結婚してないから、主夫とは言え相手は未婚の無職ということになってしまって申し訳なくもある。

能町「未婚の無職」。その言い方はパンチありますね(笑)。サムソンさんはライターもちょっとやってて、パートもしてるので、専業主夫ではないんですけど。でも私がお金を入れるからと言って、料理、洗濯、掃除、家事のほぼ全部をやってもらってます。

ジェーン 最高ですね。

能町 最高ですよね。付き合ってどのくらいですか? 

ジェーン 今年で7年目です。会社で言ったら6期が終わって、7期目です。

能町 最初からそういう感じですか? 

ジェーン 40?代で「彼氏」と言うとちょっと酸っぱいものがこみ上げてくるので、相手のことを「おじさん」と呼んでるんですけど。「おじさん」が諸事情で休職した時、この人にこのまま家にいてもらった方がよいのでは? と。先方は私より家事が上手なので、じゃあ家の方をメインで、とお願いすることになりました。

このスタイルにしてから、役割や立場が発言を作るということがよくわかりました。女ってこういうことを言いがちだよなって言われていることがあるじゃないですか。ところが役割とか立場が変わってみると、そういうことって性別と全然関係してないということがよくわかる。付き合いが長くなってくると、「おじさん」の方がアラサーOLみたいなことを言い出すわけですよ。「このまま結婚しないような付き合いを大人が続けていいと思うの?」みたいな。

能町 向こうは結婚したいんですね! 

ジェーン そうみたいです。それを私がのらりくらりかわしてしまっている。よくないですね。結婚したくないわけではないのに、リアリティが出てきた途端及び腰になるアラサー男子のようです。

能町 私も同じようなこと、あります。仕事場でダラダラ仕事しちゃって「今日は外でご飯食べるからいいや」ってLINEすると、「食材が腐る~」って文句言われたり。それって思いっ切り昭和のサラリーマンと主婦のやりとりじゃないですか。まさか自分がそれを男女逆の立場でやるとは。

ジェーン わかります、わかります。私も「夕方五時以降に『今日は夕飯食べない』って言ってくるのはすごく迷惑」とか、「急に家で食べるって言われても食材の用意がない」と言われます。

能町「せっかく作ったのに……」とかね。

ジェーン 冗談で「米くらい炊いといてよ」って言ったら怒っちゃって、それから一回もお米を炊いてくれない。デリカシーのない夫の発言にぶち切れる妻、みたいな。「未婚の主夫って、その期間のことが履歴書に書けないんだよ」と言われた時も、責任重大だと思いました。

地位が人を作る

ジェーン 人生に大きなゴールがない人がいてもいいと思うんですよね。あえてキャリアの道を諦めて専業主夫になった男性ばかりが注目を浴びがちですけど、もっとずるっこずるっこした人たちがいてもいいような。

能町 「ヒモ」みたいに言われるのは私が嫌なんですよね。その点は否定したい。

ジェーン? 2ちゃんにヒモって書かれたっておじさん言ってました。

能町 ヒモはやめてほしいって思います。

ジェーン ヒモは仕事として家のことをやらないですもんね。

能町 主夫という仕事をしてますからね。

ジェーン 暮らし始めて、さんざんリベラルなことを言いながら、結局は単に昭和のおっさん化したなと思います。

能町 それはそう思います。家事の分担とか全然しないし。

ジェーン なんやかんや言って、責め立てていたおっさんと私は同じだな、と。

能町 そうそう。自分に関して言うと、よくいる「ダメな夫」と全く同じことをしてますね。ちょっと家事をやろうかと思ってシンクに行ったけど、普段やってないからスポンジがどこにあるかわからない。聞く前に探そうと思っても見つからなくて、スポンジどこ? って結局聞いちゃって、「いいよ、やるよ」って言われてすぐ引き下がって。

ジェーン すごいわかる。私も全くそれ。すぐ引き下がる。ゴミ箱がパンパンになった時も、一人暮らしだったらまとめて玄関に持っていくとか、次に外に出る際に持ち出すとかやるのに、今だと「まだいける」ってゴミを詰め込んでる自分に気づいて最悪だなと。

能町 どんどん甘やかされてます。

ジェーン 自分ってこんな人だったっけ? と思います。性別だけの話ではないんですよね。あんなに血気盛んに上司に歯向かっていた先輩が、昇進して肩書きがついた途端にのらりくらりした人になるのと同じ話で。

能町 地位が人を作る、ってことですかね。

ジェーン 本当に気をつけなきゃ。この話がわかってくれる人が見つかってよかったです。

能町 この生活の報告はお互いこれからできますね。

ジェーン また報告会やれたら嬉しいです。

ジェーン・スー『私がオバさんになったよ』

著者:ジェーン・スー 光浦靖子 山内マリコ 中野信子 田中俊之 海野つなみ 宇多丸 酒井順子 能町みね子

人生、折り返してからの方が楽しいってよ。

考えることをやめない。変わることをおそれない。間違えたときにふてくされない。

ジェーン・スーと、わが道を歩く8人が語り尽くす「いま」。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

私がオバさんになったよ

私がオバさんになったよ』刊行記念。ジェーン・スー×光浦靖子 山内マリコ 田中俊之 中野信子 海野つなみ 宇多丸 酒井順子 能町みね子……ジェーン・スーとわが道を歩く8人が語り尽くす「いま」。

バックナンバー

ジェーン・スー

1973年、東京生まれ東京育ちの日本人。作詞家/ラジオパーソナリティー/コラムニスト。音楽クリエイター集団agehaspringsでの作詞家としての活動に加え、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」をはじめとするラジオ番組でパーソナリティーとして活躍中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP