1. Home
  2. 社会・教養
  3. 子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる !
  4. 「いくら勉強しても頭がよくならない」には...

子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる !

2019.02.28 更新

「いくら勉強しても頭がよくならない」には理由がある林成之

早期教育は年々激化し、ついに「0歳児教育」まで出現する現代。ですが、子どもの才能を伸ばすのに一番重要なのは脳の発達に合わせた教育をすること。年齢ごとに子どもの脳の発達段階は変わるが、それに合わせて子どもをしつけ、教育すると、子どもの才能は驚異的に伸びる!『子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!』では年齢ごとにどのようにしつけ、教育すればいいのかを、著者の林成之さんが脳医学の知見からわかりやすく解説。そんな本書の中から、一部を抜粋してお届けします。

*   *   *

大事になのは「だいたい」ではなく「完璧」に説明できること

(写真:iStock.com/taka4332)

みなさんの中には、「これまで頑張って勉強してきたのに、その割に頭がよくなった気がしない」「努力したけれど、成績が伸びなかった」という人はいませんか?

よく考えると、不思議ですよね。勉強したからといって、誰もが優秀になるわけではありません。このように、いくら勉強しても頭がよくならない理由はどこにあるのでしょうか。

これは、脳のしくみを知るとよくわかります。ここまでご説明してきたことをもとに、理由を見ていきましょう。

 

脳には、常に新しい情報に反応したがるというクセがあります。「夢中になっておしゃべりしていたら、最初に何を言いたかったか忘れてしまった」ということが起きるのはこのためです。

ですから、一つのことに集中できず、勉強の途中で違うことを考えると、脳はそれまでに覚えたり考えたりしたことをすっぽり忘れてしまいます。

また、「だいたいできたから」と中途半端な状態で次の勉強に取りかかると、前に勉強したことは頭から消えていきます。

学んだことが新しい情報によってかき消されないようにするには、「完璧にできた」といえるまで繰り返す必要があります。「完璧に」とは、自分の言葉で説明できるまで、と考えてください。

 

しかし、学校や塾などでは、先を急ぐあまり「だいたいわかった、できた」という状態でよしとしてしまいがちです。子どもが「だいたいわかった」と言うときは、「じゃあ、自分の言葉で説明してごらん」と聞いてみましょう。

「わかったつもり」程度のことは新しい情報にかき消されてしまうので、説明できません。そして、こうした勉強をずっと繰り返していると、「いくら勉強してもちっとも成果が上がらない」という脳ができあがっていくわけです。

(写真:iStock.com/alexkich)

頭をよくするためにはどんなことを意識すべきか?

この「悪い習慣と脳のしくみ」の関係をもとに、東京都のとある予備校で実験を行ったことがあります。

その予備校では、50分の授業の後で10分休憩というサイクルで時間割を組んでいました。そこでまず、成績のよい子どもたちはそのままにして、成績がふるわない子どものクラスは授業を45分に短縮しました。そして、授業後の5分間を、その日学んだことを書く時間に充てたのです。

 

最初はどの子もまったく書けなかったのですが、「わかったつもりが書けない」という現実に気づいたことで、授業で「学んだことを説明できるまで完璧に理解しよう」という姿勢を持つようになりました。

そして、およそ半年経ったころには、きちんと授業で学んだことをまとめられるようになり、その習慣を継続すると、なんと成績がよいクラスの子どもたちを次々と追い抜いていったのです。

勉強はただやればよいというものではありません。「だいたいできた」を繰り返しても、いつまで経っても頭はよくならないのです。

勉強においては、脳のしくみにもとづけば、「気をそらさず集中して取り組むこと」「説明できるくらいまで完璧に理解・記憶すること」「学んだことを確認し、何度も繰り返すこと」が非常に重要といえます。

林成之『子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる! 脳を鍛える10の方法』

早期教育は年々激化し、ついに「0歳児教育」まで出現する有様。だが、子どもの才能を伸ばすのに一番重要なのは脳の発達に合わせた教育である。0歳~3歳は脳の細胞が増え続ける時期で、未熟な脳に負担をかける知識の詰め込みはNG。将来的に才能が伸びなくなる。3歳~7歳の不要な脳の細胞が減っていく時期は、悪い習慣をやめさせることが先決。7歳~10歳からは脳の回路が発達し始めるので、本格的に学習させるべきである。本書では年齢ごとにどのようにしつけ、教育すればいいのかを、脳医学の知見からわかりやすく解説。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる !

バックナンバー

林成之

1939年富山県生まれ。日本大学医学部、同大学院医学研究科博士課程修了後、マイアミ大学医学部脳神経外科、同大学救命救急センターに留学。93年、日本大学医学部附属板橋病院救命救急センター部長に就任する。日本大学医学部教授、マイアミ大学脳神経外科生涯臨床教授を経て、2006年、日本大学総合科学研究科教授。08年、北京オリンピックの競泳日本代表チームに招かれ、「勝つための脳」=勝負脳の奥義について選手たちに講義を行い、結果に大きく貢献する。著書に『〈勝負脳〉を鍛える』(講談社現代新書)、『ビジネス〈勝負脳〉』(KKベストセラーズ)、『望みをかなえる脳』(サンマーク出版)、『思考の解体新書』(産經新聞出版)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP