1. Home
  2. 社会・教養
  3. 僕らの哲学的対話 棋士と哲学者
  4. 棋士は勝負のプレッシャーをどう乗り越えて...

僕らの哲学的対話 棋士と哲学者

2019.02.12 更新

棋士は勝負のプレッシャーをどう乗り越えているのか?糸谷哲郎/戸谷洋志

(写真:iStock.com/Kavuto)

棋士と哲学者が人間をめぐる様々な問いについて語り合った話題作『僕らの哲学的対話 棋士と哲学者』(イースト・プレス)。戦いによって生計を立てている棋士は、勝負のプレッシャーをどう乗り越え、負けをどう受け止めるのか。第1章「勝負論」からの抜粋をお届けします。

*   *   *

負けることに慣れる。でも悔しさを忘れてはダメ

戸谷 練習には強いけど、本番には弱いという人がいますよね。糸谷さんは、勝負の緊張やプレッシャーをどう乗り越えているんですか。糸谷さんが実践されているメンタルトレーニングについて聞きたいんだけど。

糸谷 よく聞かれるんですが、負けることに慣れるしかないですね。負けているうちに鍛えられていく。もちろん、慣れすぎて悔しさを忘れてはダメですよ。

戸谷 悔しさは必要?

糸谷 勝負に勝つという点においては、多少あったほうがいいと思います。

戸谷 同じ負けでも、プラスに転化することができる人と、マイナスに転化してしまう人とに分かれますよね。負けをどう解釈するかという話だと思うんだけど、その違いってどこにあると思いますか。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP