1. Home
  2. 社会・教養
  3. 脳内麻薬
  4. 脳科学でみると人類はみんな「セックス依存...

脳内麻薬

2018.12.14 更新

脳科学でみると人類はみんな「セックス依存症」?中野信子

 セックス、ギャンブル、アルコール、オンラインゲーム……人間はなぜ、これらをやめることができないのか? 鍵を握るのが、脳内物質「ドーパミン」だ。テレビなどでもおなじみの脳科学者、中野信子先生の『脳内麻薬――人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』は、そんな不思議な脳のしくみに迫った一冊。ドーパミンの働きから、そのコントロール法まで、知的好奇心をくすぐる本書の一部を公開します。

あのとき脳で何が起きているか

 ほかの快感と同じく、セックスの快感にもA10神経を中心とする報酬系が関わっています

iStock.com/ktsimage

 近年では、被験者に性的な写真やビデオを見せながら、脳の活動をスキャンする研究が進んでいます。それによると、性的な内容の映像を見ると確かに報酬系が活性化しているのです。

 ノースウェスタン大学のポール・リーバーらはこの手法を用いて、被験者に性行為映像を見せる実験を行いました。

 ここから容易に推察されることですが、いわゆるオーガズムのときには報酬系が大活躍しているのです。オーガズムは脳の中で起こるもので、その結果として筋肉の収縮や射精などの身体的反応が起こります。

 脳内の報酬系の動きを調べるためには、放射線のラベルのついた化学物質を使わなければならないのですが、これは体内ですぐ分解してしまうため、測定時期の直前60秒以内に静脈注射しなければいけません。

 そのためオーガズム中の脳の活動を調べるのは非常に難しいのですが、オランダのフローニンゲン大学医療センターのヘルト・ホルステーヘが実験に成功しています。

 その結果、男性でも女性でも、オーガズム中にA10神経の根元にあるVTA領域と、A10神経が伸びていてドーパミンを放出している先の部位の双方が強く活性化していることがわかりました。しかもその活動パターンは男女で大きな差がありません。

 唯一大きな違いは、男性では「中脳水道周囲灰白質」という、痛みと鎮痛に関わる部分が活性化していることがわかったことです。ここはエンドルフィンを放出する場所ですが、なぜ、オーガズム中にその部分が活性化しているのか、その生理的な意味はまだよくわかっていません。

「セックス依存症」のしくみ

 セックスの快感に報酬系が関与していることが明らかになると、セックス依存症になるしくみも見えてきます。

iStock.com/grinvalds

 一般的には、あるいは理想的には、セックスは愛情を伴った関係にある人たちの間で行われる行為とみなされています。ですが、現実的には、特に愛情を伴うことがなくとも、身体の特定の箇所に対する刺激だけで、性的な快感は得られます。

 性的な快感をもたらす刺激は、脳の報酬系を活性化させますから、その快感があまりに大きいと、耐性が形成されてしまいます。そして、性的な刺激の頻度や強度が増し、やめたいと思っても離脱症状が起こってやめられない状態になります。

 この状態はあらゆる依存症の中で、もっとも助けを求めにくく、また周囲から理解してもらいにくいものでしょう。セックス依存の知識のない人が、激しい性的欲求を示す人を見ても、当人の趣味・意思で行っているとしか考えないからです。

 おそらくこの病気は人間及びごくわずかの例外的な動物に特有のものです。ほとんどの動物が、メスが妊娠可能な時期にしか性衝動が起きず、性行為もしないからです。

 その時期は短く、行為を楽しむというより、オスならばいかに多くのメスと、メスならばいかにいいオスと交尾して子孫を残すかという競争に費やされます。

 生物の進化の最後に現れた霊長類、その中でも人類だけが、子孫を残すためのセックスの何倍もの時間をかけて、ただ楽しみのためにセックスをし、セックスをしても子孫を残さない工夫に気を遣います

 さらにセックスのパートナーを非常に気難しく選び、相手を獲得するため、納得させるために合コンやデート、食事やコンサート、メールやチャットといったおよそ非生産的な活動に心血を注ぎ、挙げ句の果てには三角関係や嫉妬に傷つき、苦しみます。

 結果としてセックスとそれに関連した活動から来る時間や人力の浪費は、おそらく人類の、いわゆるまっとうな生産活動をかなり低下させていることでしょう。子孫を残す行動に結びつかない、文字通りの非生産的な、快楽を得るためだけのセックス依存症にかかっているのは、実は、人類という種そのものだといえるのかもしれません。

◇ ◇ ◇

現在、幻冬舎では期間限定の電子書籍フェア「【全品399円】幻冬舎新書フェア」を開催中!対象406作品が2週間限定で、全品399円でお楽しみいただけます(12月13日まで)。

岡田尊司 『人はなぜ眠れないのか』 700円 → 369円(税別)
上原隆 『君たちはどう生きるのかの哲学』 741円 → 369円(税別)
島田裕巳 『葬式は、要らない』 703円 → 369円(税別)
岸博幸 『オリンピック恐慌』 836円 → 369円(税別)
森博嗣 『ジャイロモノレール』 741円 → 369円(税別)

→全ての値下げ対象作品を見る

関連書籍

中野信子『脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』

セックス、ギャンブル、アルコール、オンラインゲーム--人間はなぜ、これらをやめることができないのか。それは中脳から放出される“脳内麻薬”ドーパミンが「快感」を司る脳の各部位を巧みに刺激しているからである。コカインや覚醒剤はこの脳内回路「報酬系」を誤動作させて過剰な快楽を与え、依存症を招くものだ。だがこのドーパミンは他人に褒められたり、難易度の高い目標を達成するなど、「真っ当な喜び」を感じる時にも大量に放出されている。なぜ人間の脳はこんなしくみになっているのか。話題の美人脳科学者が人体の深遠なる謎に迫る。

二村ヒトシ/アルテイシア/仲俣暁生/中野信子『恋愛で暴走しないための技術』

「恋は盲目」とはいえ、「好き」という感情をコントロールできずに、暴走した苦い経験は誰しもあるでしょう。 そんな失敗が必要な時期もあります。 しかし、好きなゆえに、暴走して終わり、ではあまりにも悲しい――。 本書は、現代の男女の機微に精通するAV監督の二村ヒトシさんが、三人の恋愛賢者たちとさまざまな角度からその秘訣を探ります。

中野信子『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』

「シャーデンフロイデ」とは、他人を引きずり下ろしたときに生まれる快感のこと。成功者のちょっとした失敗をネット上で糾弾し、喜びに浸る。実はこの行動の根幹には、脳内物質「オキシトシン」が深く関わっている。オキシトシンは、母子間など、人と人との愛着を形成するために欠かせない脳内ホルモンだが、最新の研究では「妬み」感情も高めてしまうことがわかってきた。なぜ人間は一見、非生産的に思える「妬み」という感情を他人に覚え、その不幸を喜ぶのか。現代社会が抱える病理の象徴「シャーデンフロイデ」の正体を解き明かす。

{ この記事をシェアする }

脳内麻薬

バックナンバー

中野信子 脳科学者

一九七五年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部卒業。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所にて、博士研究員として勤務後、帰国。脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。現在、東日本国際大学教授。著書に『脳内麻薬』、『ヒトは「いじめ」をやめられない』『サイコパス』などがある。テレビ番組のコメンテーターとしても活動中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP