1. Home
  2. 社会・教養
  3. 脳内麻薬
  4. 太りやすい人は、脳内物質が人より少ない?

脳内麻薬

2018.12.12 更新

太りやすい人は、脳内物質が人より少ない?中野信子

セックス、ギャンブル、アルコール、オンラインゲーム……人間はなぜ、これらをやめることができないのか? 鍵を握るのが、脳内物質「ドーパミン」だ。テレビなどでもおなじみの脳科学者、中野信子先生の『脳内麻薬――人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』は、そんな不思議な脳のしくみに迫った一冊。ドーパミンの働きから、そのコントロール法まで、知的好奇心をくすぐる本書の一部を公開します。

食欲をコントロールする脳内物質

 肥満しやすいラットの側坐核を測定したところ、放出されるドーパミンの量が少ないことがわかりました。この傾向はそのラットの子の代でも同じであり、遺伝することがわかっています。つまり肥満体質のラットはドーパミンの出が悪いので十分な量になるまで食べ続けるのでしょう。

iStock.com/Tomwang112

 人間の体重は、後天的な要素(育った環境など)にかなり影響を受けます。ただし、仮に後天的な要素に変わりがなければ、その8割が遺伝子によって左右されます。ただ、遺伝といっても、体重を決める遺伝子は一つではありません。多くの遺伝子が相互作用することで決まると考えられています。

 食事中に脳をスキャンしてドーパミン放出量をモニターしてみると、食事中にはドーパミンの量が増え、しかもその量は食事のメニューによって変化しています

 さらに、空腹の人が最初の一口を食べるときに、ドーパミンの量が最大になり、食事が進むにつれて減っていくこともわかりました。

 また脳内のドーパミンの量を薬によって増やすと人の食欲は減り、ドーパミン量を減らすと食欲は増します。やはり人の食欲は報酬系によってコントロールされているのです。

 次に、肥満体型の人と痩せた人のドーパミン受容体の数を調べてみると、肥満体型の人のほうが少なくなっています。また、肥満した人と痩せた人がミルクセーキを飲んだときについても調べてみると、肥満した人のほうのドーパミンそのものも、少なくなっていたのです。

 この傾向を持つ人の多くは、ドーパミン受容体の一つであるD2という受容体を作る遺伝子が、ある変異型になっていて、ドーパミン受容体が少ないことがわかっています。

 つまり、肥満の人はドーパミンの放出量が少なく、しかも受容体も少ないために、ドーパミンの刺激がいつも少ない状態=いつも満足できない状態にあるのです。そして、ドーパミンが満足できる量になるまで食べ物を食べると、カロリーの取りすぎになってしまうから太るのだ、ということになります。

肥満の原因がわかってきた

 しかし、もともとドーパミンの量が少ないのに、どうやってその人は食べることの快感を覚えたのでしょうか?

iStock.com/monsitj

 これは「ご褒美」としての快楽物質の本質に関わる問題です。つまりご褒美が少ないとそもそもやる気が出ない。しかし多すぎると少ししか働かないという矛盾です。

 人の脳はこの矛盾を巧妙な方法で解決しています。肥満の人の脳の活動を注意深く見ると、ミルクセーキを飲む前や、まさに飲もうとするときに報酬系が大きく活動しているのです。

 つまりこの人の脳は、眼前に大きな報酬をちらつかされながら、実際に飲むという行動をとったときには少しのご褒美しかもらえないのです。なんと残酷なのでしょう。

 ドーパミン受容体の少ない人は肥満傾向だけではなく、ほかの依存症にもかかりやすいことがわかっています。このことには、実は、同じ「見かけ倒しのご褒美」システムが関係しているのです。

 過食の起こるしくみがドーパミンの分泌異常だとすると、そうなる原因はなんなのでしょうか。

 それは、おもにストレスだと考えられています。特に、過食症の場合は「美しく見られたい」「痩せないといけない」という強迫観念がストレスとなることが多いようです。そのような人が極端なダイエットを行うと、過食を誘発しやすいのです。

 このことは第二次世界大戦中にアメリカ軍がミネソタ大学に依頼した有名な実験で明らかになりました。その実験は、被験者の健康な若者36人を、半年間の食事制限(カロリーを半分にする)で飢餓状態にした後に、食事制限を解く、というものです。

 食事制限中に、被験者たちはイライラや抑うつをはじめとする精神病的症状を示しました。なんと、残飯あさりや食品の窃盗など、それまで見られなかったような行動をとる被験者もいました。

 食事制限解除後、彼らは飢餓状態から来るストレスの解消に最長5ヶ月かかり、その間はコントロール不能の過食や食べ物への極端な執着を示したといいます。

 動物実験でも、ストレスを与えられた動物は、食事の量が増えたり糖や脂肪分の多い食事を好んだりするようになることがわかっています。そのしくみは次のようなものです。

 まず間脳視床下部がCRH(満腹ホルモン)を出し、脳下垂体がそれを受け取ります。そこから副腎皮質刺激ホルモンが放出され、全身に広がりその刺激を受けた副腎からコルチコステロンというホルモンが分泌されます。

 この物質が脳に戻ってきて脳のストレス反応を引き起こします。このストレス反応の中には、報酬系に変化を起こすものがあり、それが原因で摂食障害が起こっていくのです。

◇ ◇ ◇

現在、幻冬舎では期間限定の電子書籍フェア「【全品399円】幻冬舎新書フェア」を開催中!対象406作品が2週間限定で、全品399円でお楽しみいただけます(12月13日まで)。

岡田尊司 『人はなぜ眠れないのか』 700円 → 369円(税別)
上原隆 『君たちはどう生きるのかの哲学』 741円 → 369円(税別)
島田裕巳 『葬式は、要らない』 703円 → 369円(税別)
岸博幸 『オリンピック恐慌』 836円 → 369円(税別)
森博嗣 『ジャイロモノレール』 741円 → 369円(税別)

→全ての値下げ対象作品を見る

関連書籍

中野信子『脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』

セックス、ギャンブル、アルコール、オンラインゲーム--人間はなぜ、これらをやめることができないのか。それは中脳から放出される“脳内麻薬”ドーパミンが「快感」を司る脳の各部位を巧みに刺激しているからである。コカインや覚醒剤はこの脳内回路「報酬系」を誤動作させて過剰な快楽を与え、依存症を招くものだ。だがこのドーパミンは他人に褒められたり、難易度の高い目標を達成するなど、「真っ当な喜び」を感じる時にも大量に放出されている。なぜ人間の脳はこんなしくみになっているのか。話題の美人脳科学者が人体の深遠なる謎に迫る。

二村ヒトシ/アルテイシア/仲俣暁生/中野信子『恋愛で暴走しないための技術』

「恋は盲目」とはいえ、「好き」という感情をコントロールできずに、暴走した苦い経験は誰しもあるでしょう。 そんな失敗が必要な時期もあります。 しかし、好きなゆえに、暴走して終わり、ではあまりにも悲しい――。 本書は、現代の男女の機微に精通するAV監督の二村ヒトシさんが、三人の恋愛賢者たちとさまざまな角度からその秘訣を探ります。

中野信子『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』

「シャーデンフロイデ」とは、他人を引きずり下ろしたときに生まれる快感のこと。成功者のちょっとした失敗をネット上で糾弾し、喜びに浸る。実はこの行動の根幹には、脳内物質「オキシトシン」が深く関わっている。オキシトシンは、母子間など、人と人との愛着を形成するために欠かせない脳内ホルモンだが、最新の研究では「妬み」感情も高めてしまうことがわかってきた。なぜ人間は一見、非生産的に思える「妬み」という感情を他人に覚え、その不幸を喜ぶのか。現代社会が抱える病理の象徴「シャーデンフロイデ」の正体を解き明かす。

{ この記事をシェアする }

脳内麻薬

バックナンバー

中野信子 脳科学者

一九七五年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部卒業。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所にて、博士研究員として勤務後、帰国。脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。現在、東日本国際大学教授。著書に『脳内麻薬』、『ヒトは「いじめ」をやめられない』『サイコパス』などがある。テレビ番組のコメンテーターとしても活動中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP