1. Home
  2. 読書
  3. 鳥居の向こうは、知らない世界でした。
  4. #3 異界への扉――この夏読みたい異世界...

鳥居の向こうは、知らない世界でした。

2018.08.10 更新 ツイート

#3 異界への扉――この夏読みたい異世界幻想譚!友麻碧

 孤独な女子大生・千歳は、20歳の誕生日に神社の鳥居を越え、「千国」という異界に迷いこむ。そこで毒舌イケメン仙人の薬師・零に拾われ、弟子として働くが、「この安本丹!」と叱られる毎日。ところが、お客を癒す薬膳料理をつくるうちに、ここが自分の居場所に……。

 友麻碧さんの人気シリーズ、『鳥居の向こうは、知らない世界でした。』は、そんなほっこり師弟コンビの異世界ファンタジー。読むほどに引き込まれる、夏休みにぴったりの一冊です。ここではストーリーの序盤を、ほんの少し公開します。

イラスト/防人

異界への扉

 くぐる。千本鳥居を。

「なんなの……これ……この状況……」

 千本鳥居はぎゅーぎゅーに連なっていて、ここから外へ抜け出せる程の隙間は無い。

 まるで、朱に染まった四角のトンネルみたいだ。外部からは隔離され、ただ下へと下りて行く他無い。

 あれ。鳥居のあちこちから、鮮やかなランタンがぶら下がっている。

 朱と橙の灯が照らし出す、極彩色の模様。これ、中華ランタンという奴かな。和風の提灯とは少し違う。

 千本鳥居の四角いトンネルを、異国チックなランタンが照らしているなんて変なの。

 美しくて、不気味で、やっぱりどこか怖い。
 ………不思議の国のアリスの物語を、こんな時に思い出す。

 幼い頃、母がよく読み聞かせてくれた物語の一つだ。母も自分の母に、何度も読んでもらったのだと嬉しそうに語りながら。

 そう……アリスは白ウサギを追いかけて、ウサギの巣穴に転がり落ちる。

 そのまま、下へ下へと、不思議な世界に迷い込むのだ。

 私も黒ウサギにそそのかされ、この訳の分からない朱の四角をひたすら下りている。

 どこまで下りたのか、どれほど鳥居をくぐったのかすら、もう分からない。

 ああ、そうか。きっとこれはアリスと同じで、夢なんだろうな……

 下りてしまえば夢は覚める。私ももう少しすれば、あの境内で目を覚ますのだ。

 さっき膝に顔を埋めたまま、眠ってしまったに違いないのだから。

 どうかそうであって欲しい。そうでなければ困る。

 怖い。怖い。

 延々と続く朱色の囲いを、焦燥の気持ちのまま下りていた。足には力が入らず、何度ももつれて転びそうになりながら……

iStock.com/tatulaju

 しかし突如として終わりはあった。

 千本鳥居を越えたのか、四角く切り取られた様な、光の出口が見えたのだ。それまで慎重に下りていた私も、思わず足に力が入り、駆け足で出口を目指す。

 良かった……っ、もう永遠に、出られないかと思った!

「…………」

 青と白の蝶々が、ひらひらと舞っている───

 そう。光の先にあったものは、私の想像とは遥かに違うものだった。

 神社へ連れて行った、住宅地の裏手の道路はそこに無く、ただ凜として張りつめた空気の中、青と白の蝶が静かに舞う不思議な庭園が広がっている。

 甘い匂いと苦い匂いが混じり合った、懐かしいとすら感じる草木の香り。さっきまでの恐怖の余韻を消し、呼吸を整える為に、何度もこの空気を吸い込む。

 ここは、どこ?

 そう。問題はそこだ。空を見上げると、高い樹々の隙間から濃い夕暮れの空と、大きな大きな入道雲が見える。

 また、奇妙な模様が描かれた色とりどりのランタンが、あちこちの樹の枝からぶら下がっていた。さっきの鳥居で見たものに近い。

「そうだ、黒ウサギ」

 知らない場所に出てしまったが、あの黒ウサギはどこに行ったのだろう。

 スマホを奪われたままだ。キョロキョロと辺りを見渡し、ぐるりと振り返る。

「……え」

 千本鳥居が、無い。

 そこにはただひっそりと、苔むした大きな赤鳥居が一つあるだけだった。鳥居の向こう側に見えるのは、この庭園の続きの緑だけ。私が下りてきたあの石段も無い。

「何なのよ……何なのよ、いったい」

 この不思議な現象の何もかもが分からず、私はもう震えそうになる体を両手で抱いて、ただただ、その鳥居を見上げた。

 何千何百年前のものなんだろう。

 朱の色も所々剥げ、今にも朽ちて壊れそうな、古の大鳥居。

 誰からも忘れられたものの象徴。その退廃的で孤高な姿は、同時に、もうあの場所へは戻れないのではという恐怖を私に与えた。

 やはり静かに、蝶が舞う。

 清々しい空気と、懐かしい気がする甘い香りが、私を包む。

 何がきっかけだったのか何なのか、突如小雨はとんでもない豪雨へと変わって、私の体を強く強く打ち付けた。

 立っていられずふらついて、そのまま地面に倒れ込む。おかげで服も髪も、持っていた鞄さえびしゃびしゃだ。眼鏡も雨の衝撃で顔から弾かれ、どこかへ流されてしまった。

 ……でも、まあいいか。

 体は痛いけれど、夕焼けを映し込んだ水たまりに浸っているのは、何だか悪くない。

 夏の火照った体を冷やし、隠し続けた胸の痛みを暴く。

 そうして、過去も、煩わしいだけの家族との繋がりも、自分にくっついて離れない“別の女との娘”というレッテルも、全部全部、流れてしまえばいい。

 ……あの、黒ウサギの声がする。

 ハッピーバースデイ。おめでとう。

 だけど、お前はこれから、たった一人でどこへ行くんだい?

 何の為に、誰の為に、頑張って生きていくの?

「……おい小娘。そこで何を転がっている」

 聞いた事の無い別の男の声までもが、私に問いかける。

 この猛烈な雨の中、音も無く現れ、悠々と側に立ち、顔を覗き込む者が居たのだ。

 銀……白銀の……髪?

「やれやれ……異界の……は……」

 雨音のせいで言葉が聞き取り難い。それに、なぜかとても眠いのだ。

 甘く懐かしい香りが、そうさせる。

(つづく)

◇ ◇ ◇

現在、幻冬舎では期間限定で「心を運ぶ名作一○○。」フェアを開催中!夏に読みたい336作品が最大60%オフでお楽しみいただけます(8月16日まで)。

◆イシコ『世界一周ひとりメシ』570円→399円(税別)
◆浦賀和宏『彼女は存在しない』 652円→521円(税別)
◆秋吉ユイ『教室の隅にいた女が、調子に乗るとこうなります。』618円→432円(税別)
◆鈴木由紀子『大奥』470円→188円(税別)
◆福澤徹三『死小説』542円→433円(税別)
◆新堂冬樹『血塗られた神話』570円→399円(税別)

→全ての値下げ対象作品を見る

関連キーワード

関連書籍

友麻碧『鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠』

孤独な女子大生・千歳は、二十歳の誕生日に神社の鳥居を越え「千国」という異界に迷い込む。イケメン仙人の薬師・零に拾われ彼の弟子として働くが、「この安本丹!」と叱られる毎日。しかし、客を癒す薬膳料理を作るうちに、ここが自分の居場所に……。そんな中、夢で自分を探す家族の姿を見てしまう。ほっこり師弟コンビの異世界幻想譚、開幕!

友麻碧『鳥居の向こうは、知らない世界でした。2 群青の花と、異界の迷い子』

異界に迷い込んだ女子大生の千歳は、薬師・零の弟子として働く日々。千歳が弾くピアノは青い光を放つ花を咲かせ、王宮から重宝されていた。ある日、鳥居を越えて来たという腹違いの弟・優に会う。「ごめんって、ずっと、言えなかった」と涙を流す優は、昔、自分のせいで千歳がピアノをやめたことを気にしていた。二人の距離は縮まっていくが……。

友麻碧『鳥居の向こうは、知らない世界でした。3 〜後宮の妖精と真夏の恋の夢〜』

異界「千国」に迷い込んだ千歳。薬師・零の弟子として働いていたが、ある日、王宮から「第三王子・透李に嫁ぐ西国の王女を世話せよ」と命ぜられる。透李に恋する千歳は、素直に応援できない自分を責め、叶わぬ恋だと諦めて薬の勉強に励む。再び王宮から呼ばれた千歳は、流行している危険な“惚れ薬”を調べるように言われ、原料を突き止めるが……。

{ この記事をシェアする }

鳥居の向こうは、知らない世界でした。

バックナンバー

友麻碧

福岡県出身。小説「かくりよの宿飯」シリーズ(富士見L文庫)が大ヒットし、コミカライズ(B's-LOG COMIC)、テレビアニメ化、舞台化される。「浅草鬼嫁日記」シリーズ(富士見L文庫)も好評発売中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP