1. Home
  2. 生き方
  3. 〈狂わずして何が人生〉著者インタビュー
  4. 踏破率90.2%!電車の虜になった男の生...

〈狂わずして何が人生〉著者インタビュー

2013.12.11 更新 ツイート

特集〈狂わずして何が人生〉著者インタビュー

踏破率90.2%!電車の虜になった男の生き様(第1回) 杉山淳一

――なるほど。杉山さんの人生を勝手にスゴロクにさせていただいた図表を見ますと(前ページ)、ターニングポイントがいくつかありますね。「ヒナドリのように電車が親だと思っていた」0歳から始まり、「日本の鉄道に全部乗ってやろう」と決意したのが12歳。18歳で鉄道趣味から少し離れ、本格的な「乗り鉄ライフ」に戻るのが36歳。そして今はライターとしてのお仕事も鉄道分野が中心になっています。

杉山 信州大学に受かって4年間、松本市に住んでいました。大学時代は車に乗り始めたので、電車からは遠ざかりましたね。松本は、やはり東京と比べると全国に電車で行くには不便ということもあって。それまでは、動いているんだったら、乗りたいという思いで、「廃止対象リスト」を優先し、乗った体験をせっせとコレクションしていたのですけれど。
 でも正直言って、初めての一人暮らしが楽しくて仕方なかったんです。松本にいること自体が毎日、旅のようなもので、ミニカターボという軽自動車に夢中になってしまって乗り回してました。そういうこと言うと「裏切り者」とか言われちゃうんですけど(笑)。

――「乗り鉄」の中では、そういう途中休憩はナシなんですか?

杉山 そうですねえ。そういう経験をしている方は、いっぱいいるとは思いますけどね。就職とか結婚で、中断する時期は誰でもありますし。

――その後、杉山さんは就職されてからだんだん電車に戻ってきて、36歳で「本格復帰」されると。それは〝乗り鉄の神様〟と呼ばれる宮脇俊三氏(1926〜2003)が死去したことがきっかけだったとか。

杉山 やっぱりショックだったんですよね。「え? 死んじゃったの?」と、心の中にポッカリ穴があいてしまったようで。


宮脇俊三に始まり、宮脇俊三に目を覚まされる

杉山 12歳の時に、宮脇さんの『時刻表2万キロ』とか『最長片道切符の旅』を夢中になって読んで、そこから僕の〝乗り鉄人生〟は始まりました。その後、先生の本を何冊か読みましたが、社会人になってからそんなに熱心に新刊を追い求めてはいなかった。亡くなったと聞いて「あ、いかん」とハッとして、古本屋さんを巡って、昔出していた本を探し回りました。その時、宮脇先生に「乗りなさいよ、あなた。何してたの?」と言われているような気がして。「すみません先生、僕、忘れてました」という反省の念が湧き上がってきたんです。会ったことないんですけどね、宮脇先生には(笑)。

――話が逸れるうえにシロウト質問で恐縮ですが、宮脇俊三さんのすごさというのは、やはり1977年に国鉄路線の全線踏破を達成した、その1点につきるのでしょうか。

杉山 いや、それまで全国の鉄道に乗ったという人はいっぱいいるんです。ただ、宮脇さんのすごいところは、かつて「中央公論」の編集長であり、中央公論社の取締役でもあった、社会的にステイタスのある知的レベルの高い方が――というと語弊があるかもしれませんが、鉄道という趣味をやって、その市民権を得るようにしてくれたってことじゃないでしょうか。しかも面白く文章にして残してくれたという。

――鉄道趣味の「市民権」ですか。

杉山 マニアックなことに対して、昔は「ネクラ」とかいう時代もあって。それが今は「個性」になっているので、その走りじゃないですかね。

{ この記事をシェアする }

〈狂わずして何が人生〉著者インタビュー

バックナンバー

杉山淳一

1967年、東京生まれ。都立日比谷高校、信州大学経済学部卒。PC系出版社に入社し、ゲーム雑誌の広告営業を経てフリーライターとなる。近所を走る東急池上線の踏切音を子守唄として育ち、小学生で「乗り鉄」に目覚めて東急電鉄を完乗。現在の踏破率は日本全国鉄道網の約90%で、廃止された路線を含め累計27467.9kmを踏破。著書に『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』、ゲーム『A列車で行こう』シリーズ公式ガイドブックなど。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP