1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 谷川俊太郎さんがTitleにやってきた

本屋の時間

2018.02.01 更新 ツイート

第31回

谷川俊太郎さんがTitleにやってきた辻山良雄

 

(写真提供:ナナロク社)

 これまでも雑誌の取材場所として指定していただいたり、気がつけばお客さんとしてそこで本を読んでいたりと、詩人の谷川俊太郎さんがTitleに来られたことは幾度かありました。しかしお客さんを前にしてお話を伺うことは、また別の話です。

 学生時代、谷川さんのデビュー作「二十億光年の孤独」に触れて以降、その主な作品はほとんど読んできましたが、その書かれた詩には、平易なことばの中にも〈個〉として立つ凛とした姿勢が一貫してあります。もう何十年も現代詩のトップランナーとして活躍されているかたですので、昨年にトークイベントの話が出た時から「はたして、聞き役が無事に務まるのだろうか?」とその日が近づくにつれて不安になってきました。しかし、そんな心配はよそに、イベントの申し込みは即日完売し、ついに当日がやってきました。

 トークは朗読あり、事前に集めた一問一答ありと和やかなものでしたが、思い描いていたイメージを簡単に覆された、谷川さんの人間性に触れた夜でした。お話の中でも、ご自身のことを「保守的な詩人」と評されたことには驚きました。谷川さんには、「常に現代詩の新しい一面を切りひらいてきた人」という印象があったからです。お聞きしてみると、「保守的」とはその人の根っこから出てきたことばを信じる態度のように思えました。谷川さんは自作のどんなに実験的に見える詩でも、どこかに自分が溶け込んでいたと言います。そうしたことばと人への信頼は古風に思えるかもしれませんが、そのような人間への真っ当な理解を支えにしなければ、これだけの高い質と膨大な量の作品は生まれてはこなかったでしょう。

 また、このような話もありました。映画「ギルバート・グレイプ」で、欲しいものを聞かれたジョニー・デップが「I want to be a good person (良い人間になりたいんだ)」と答えるシーンがあるのですが、谷川さんはこれを聞いて、若きジョニー・デップのことが好きになったと言います。「良い人間になりたい」という思いは、人間が生まれながらに持っている祈りのようなものです。その人を見かけや地位で判断せず、人間の心根にある美しさを見つめた、シンプルで若々しい人だと改めて感じ入りました。

 いまは、詩作が楽しくなってきたという谷川俊太郎さん。特に決まった時間を設ける訳ではなく、気が向いたときに詩を書くそうですが、毎日文章を見直している時間が幸せとのことでした。素晴らしい。

 

今回のおすすめ本

谷川俊太郎『こんにちは』(ナナロク社)

 その歩んだ道のりを年表にしてみれば、壁一面では収まらない。なつかしい人はいるがまっすぐ歩いていけば、いつも新しい人がそこにいる。惜しみない詩人の、現在形。

〈お知らせ〉


◯2020年1月10日(金)~ 2020年1月28日(火) Title2階ギャラリー

鹿子裕文『ブードゥーラウンジ』刊行記念展
~モンドくんの原画展+本づくりの舞台裏~

福岡・天神の一風変わった実在のライブハウス「ブードゥーラウンジ」と、そこに集う本物の〈はみだし者〉たちが日夜繰り広げた大騒動を描いたノンフィクション『ブードゥーラウンジ』。本書は『へろへろ 雑誌「ヨレヨレ」と宅老所よりあいの人々』(ナナロク社/ちくま文庫)で大反響を呼んだ鹿子裕文さんの待望の新作。会場では『ブードゥーラウンジ』のカバー装画をはじめ、たくさんの挿絵を描いてくれたモンドくん(奥村門土)の原画を展示します。「ブードゥーラウンジ」に関するチラシや資料も多数。

 

◯2020年1月31日(金) 19:30〜 Title 1階特設スペース

 季刊誌kotobaプレゼンツ「21世紀に書かれた百年の名著を読む」第4回
仲俣暁生×倉本さおり「阿部和重『シンセミア』を読む」

仲俣暁生さんの連載「21世紀に書かれた百年の名著を読む」とのTitle連動イベント第4回。今回のゲストは倉本さおりさん。とくに「監視社会」を描いたという意味では現代に対して預言的だったという解釈もできる『シンセミア』を、ともに書評家として活躍されるお二人が語らいます。


◯2020年 02月01日(土) 17:30~ 二子玉川ライズ ガレリア 特設ステージ

まちを変える本屋
田口幹人さん(楽天ブックサービス)×久禮亮太さん(Pebbles Books)×辻山良雄さん(Title)

現在、楽天ブックサービスで地域と本をテーマに活躍されている田口幹人さん、リブロから独立後、小石川で「Pebbles Books」を運営している久禮亮太さん、Title店主・辻山の3人のトークイベント。梅田 蔦屋書店の北村知之さんが聞き手となり、それぞれが考える「まちの本屋」のあり方と、その未来を考える。

 


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売されました

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 


 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP