1. Home
  2. 暮らし術
  3. 腰の不調を自分で治す! 脊柱管狭窄症は99%完治する
  4. 【お悩み】夜、腰が痛くて横向きじゃないと...

腰の不調を自分で治す! 脊柱管狭窄症は99%完治する

2017.05.17 更新

【お悩み】夜、腰が痛くて横向きじゃないと寝られないのですが……。酒井慎太郎

近年、患者数が増え続けている「脊柱管狭窄症」。腰痛の老化現象と言われているこの症状ですが、これまで定説とされてきた型通りの治療法・対処法では、かえって状態を悪化させてしまうこともあるそうです。
「予約の取れない治療院」として有名なさかいクリニック院長、酒井慎太郎氏は、人それぞれに自分のタイプに合わせて適切に治療をしていけば、脊柱管狭窄症は完治させることができるとおっしゃいます。新刊『脊柱管狭窄症は99%完治する』は、そのそれぞれの原因や自分でできるケア方法を、タイプ別に解説した一冊です。
その一部を抜粋してご紹介しますので、お心当たりのある方は、ぜひご一読ください。

 

* * *

 

【腰痛ケース6】
夜、腰が痛くて横向きじゃないと寝られないのですが……。 

「腰痛が悪化してくると、夜、仰向けで寝ることができません。仰向けだと痛みがひどく、横を向いた姿勢でないと眠れないのです。整形外科を受診したところ、脊柱管狭窄症という診断。医師から『体を丸めたほうがいい』というアドバイスをもらったので、夜も横を向いて体を丸めて寝るようにしています。ところが、このところ、前よりも症状が悪化してきたような気がするのです……。いったいどうしたらいいのでしょう」(65歳・自営業)

 

【判定】
混合タイプの脊柱管狭窄症
ヘルニア5:狭窄症5


 最初に言っておくと「体を丸めて寝たほうがいい」という医師のアドバイスは正しくありません。椎間板ヘルニアにしても脊柱管狭窄症にしても、腰痛を防ぐには仰向け姿勢で寝るのを基本にするのが正しいのです。

 多少痛くても、腰のためには仰向けでまっすぐ寝るほうがいい。この方のように、体を丸めて横向きで寝ていると、かえって状態を悪くしてしまう場合もあるのです。とりわけ椎間板ヘルニアがあると、体を丸めた寝方は症状悪化につながりやすくなります。この方の場合も、おそらく脊柱管狭窄症という診断は出ていても、椎間板ヘルニアを合併している混合タイプなのでしょう。だから、横になって体を丸めて寝ているうちに症状をひどくしてしまったのかもしれません。

 

●なぜこの症状が起こるのか

 「痛くて仰向けでは寝られません」と訴えている方に、「それでも仰向けで寝てください」というのは酷なことかもしれません。しかし、長い目で見れば、仰向けで寝るほうが、治りも早いし苦労せずに済むのです。

 なぜなら、〝仰向け寝〟は、人間が寝る姿勢の基本形であり、荷重のかかり方がもっとも自然で負担が少ないから。専門的には『ゼロ・ポジション』というのですが、背骨や骨盤はもちろん、体の重みが各関節に正しく無理なくかかるのです。横向き寝になると背骨も曲がるし、骨盤の左右どちらかに体の重みがかかり、どうしてもアンバランスになって関節に負担がかかってしまいます。そこへいくと仰向け寝は、人体力学の点から言ってもバランスがよく、関節への負担がたいへん少ないわけです。

 つまり、一時的に痛いのを我慢しなくてはならないとしても、「関節に無理のかからない正しい姿勢」で寝るのを習慣づけてしまうほうが、長い目で見ればおすすめなのです。
 もちろん、寝ている間中、一晩ずっと仰向けでいなくてはならないわけではありません。寝返りは打っていいですし、むしろ、頻繁に寝返りを打って姿勢を変えるくらいのほうがいいのです。寝返りを打つと腰周りの筋肉を使いますし、体のバランスをよくする整体のような効果も期待できます。

 ただ、いろいろ姿勢が変わったとしても、最終的には仰向けという基本形に戻ることが大事。私の患者さんにも、仰向け寝にしたことで脊柱管狭窄症の症状がラクになったという人が数多くいらっしゃいます。ぜひみなさんも仰向けを基本にして寝るようにがんばってみてください。

 

●すぐに症状を軽減させたいときの方法は?

 どうしても仰向けになると痛いという場合は、就寝の際にうつ伏せ寝の姿勢からスタートすると、あとから仰向けになったときに比較的ラクになります。たとえば、ふとんに横になる際にまずはうつ伏せになり、枕部分にタオルなどを敷いてひじを立てて、スマホを見たり本を読んだりしてみてはどうでしょう。30分ほどこうしたポーズをとっていると、腰の筋肉が適度に伸展するため、仰向けになった際に腰に痛みが出にくくなるのです。

 睡眠時の腰痛にお悩みの方は、実践してみるといいでしょう。

 

【ココがポイント!】
うつ伏せからスタートすると、仰向け寝がラクになる

●うつ伏せ寝

うつ伏せの状態でしばらくいることで、腰の筋肉が伸展し、仰向け寝がラクになります。

 

できれば睡眠時は、仰向けで寝ながらたくさん寝返りを打つのが理想です。
横向きでないと眠れないという方は、ぜひお休み前にこの『うつ伏せ寝』をお試しください。

脊柱管狭窄症は99%完治する』からの抜粋は今回で終わりです。
この続きは本書でお楽しみください。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

腰の不調を自分で治す! 脊柱管狭窄症は99%完治する

バックナンバー

酒井慎太郎

さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。千葉ロッテマリーンズオフィシャルメディカルアドバイザー。中央医療学園特別講師。整形外科や腰痛専門病院、プロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を生かし、腰痛やスポーツ障害の疾患を得意とする。解剖実習にて「関節包内機能異常」に着目。それ以来、関節包内矯正を中心に難治の腰痛やひざ痛の治療を1日170人以上行なっている。TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド 土曜日版」にレギュラー出演。その他多くのテレビ番組で「注目の腰痛治療」「神の手を持つ治療師」として紹介される。さまざまなアスリートやタレント、医療関係者の治療も手掛ける一方、朝日カルチャーセンターや池袋コミュニティカレッジなどで月4回のペースで一般の方向け講演も行なっている。『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』(学研プラス)、『腰痛は歩き方を変えるだけで完治する』(アスコム)、『腰痛は99%完治する』『肩こり・首痛は99%完治する』『ひざ痛は99%完治する』『関節痛は99%完治する』『股関節痛は99%完治する』『坐骨神経痛は99%完治する』(小社)など著書多数。
ホームページ http://www.sakai-clinic.co.jp

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP