1. Home
  2. 暮らし術
  3. 腰の不調を自分で治す! 脊柱管狭窄症は99%完治する
  4. 【お悩み】朝、顔を洗うときに前かがみにな...

腰の不調を自分で治す! 脊柱管狭窄症は99%完治する

2017.04.30 更新 ツイート

【お悩み】朝、顔を洗うときに前かがみになると腰が痛みます。 酒井慎太郎

近年、患者数が増え続けている「脊柱管狭窄症」。腰痛の老化現象と言われているこの症状ですが、これまで定説とされてきた型通りの治療法・対処法では、かえって状態を悪化させてしまうこともあるそうです。
「予約の取れない治療院」として有名なさかいクリニック院長、酒井慎太郎氏は、人それぞれに自分のタイプに合わせて適切に治療をしていけば、脊柱管狭窄症は完治させることができるとおっしゃいます。新刊『脊柱管狭窄症は99%完治する』は、そのそれぞれの原因や自分でできるケア方法を、タイプ別に解説した一冊です。
その一部を抜粋してご紹介しますので、お心当たりのある方は、ぜひご一読ください。

 

* * *

 

【腰痛ケース1】
朝、顔を洗うときに前かがみになると腰が痛みます。

「草むしりやお風呂掃除など、前かがみで作業をしていると、立ち上がるときに腰に強い痛みを感じます。整形外科を受診すると、脊柱管狭窄症という診断で、しばらく様子を見なさいと言われました。ただ、一向に痛みは取れません。とくにつらいのは朝。腰が張ってふとんから立ち上がるのもつらいし、洗面台で顔を洗おうと身をかがめると腰にズキンとする痛みが走ります。この毎朝の腰の痛み、何とかできないものでしょうか」(52歳・主婦)

 

【判定】
椎間板ヘルニアが強いタイプの脊柱管狭窄症
ヘルニア8:狭窄症2


 このケースでは、椎間板ヘルニアの症状がかなり強く出ています。整形外科で『脊柱管狭窄症』という診断が下されたということですが、狭窄症の影響はほんのごくわずか。8:2くらいの割合で、椎間板ヘルニアのほうの影響が勝っているという状況です。

 そもそも、「前かがみになると腰が痛くなる」のは、椎間板ヘルニアの大きな特徴です。腰痛は「前かがみになると痛いタイプ」と「体を後ろへ反ると痛いタイプ」に大別されるのですが、前者の代表選手が椎間板ヘルニアであり、後者の代表選手が脊柱管狭窄症なのです。

 この方の場合、もともと椎間板ヘルニアの傾向があったところへ、少しずつ脊柱管の狭窄が進み始めたものと考えられます。おそらく、整形外科での画像診断の際、わずかに出ていたヘルニアが見逃され、わずかに狭くなってきていた脊柱管のほうが着目されたために『脊柱管狭窄症』という診断が下されたのでしょう。このように、「椎間板ヘルニアの症状が強く出ているのにもかかわらず『脊柱管狭窄症』という診断を下されている人」は、けっこう多いものなのです。

 

●なぜこの症状が起こるのか

 この方は、朝、決まって腰の痛みがひどくなると訴えられていますが、これも椎間板ヘルニアの特徴的な症状のひとつです。通常、朝は椎間板の内圧が高く、内部での膨張プレッシャーが大きくなるので、よりヘルニアが神経に触れやすくなります。このため、起床時や起床後しばらくの間に痛みが出やすいのです。

 また、椎間板ヘルニアの痛みは、体の重心のかけ具合で大きく変わるものなのですが、朝、起きたばかりだと、脳も体も完全に目覚めていない状態で、まだ腰への重心ののせ方がよくつかめていません。それで、寝ぼけまなこでふとんから立ち上がったときや洗面台で身をかがめたときなどに不安定なバランスで腰に体重をかけてしまい、「アイタタタタ……」ということになるわけです。

 

●すぐに症状を軽減させたいときの方法は?

 では、こうした〝朝の腰痛〟を解消させるにはどんな方法をとればいいのでしょう。

 私のおすすめは、起床時の『オットセイ体操』です。これはうつ伏せになって上体を起こし、オットセイのようなポーズをとるエクササイズ。朝、目覚めたときに、ふとんの上でこの体操を行なってみてください。

 このように体を反らせると、腰の筋肉の緊張がほぐれ、腰椎関節の動きもよくなるため、椎間板の内圧を効果的に下げることができます。また、起きてすぐにこの体操を行なうと、脳も体もほどよく目覚めてくるため、立ち上がったときや体をかがめたときに、重心をのせるべき腰のポイントを間違えないようにもなります。 きっと、この体操を行なうのと行なわないのとでは、起床後の腰の痛み具合が大きく違ってくるはずです。

 慣れるまでは少し痛く感じる場合もあるかもしれませんが、1〜2週間がんばって続けてみてください。継続するうちに、朝の腰痛に悩まされなくなるはずです。

 

【ココがポイント!】
朝の腰の痛みは、起床時の『オットセイ体操』で撃退しよう

●オットセイ体操

オットセイのように腰を大きく反らし、腰椎や筋肉の柔軟性を高めます。
とくに椎間板ヘルニアの影響が強いタイプに効果を発揮します。
1回1分が目安です。

 

オットセイ体操は、腰椎の健康キープの定番体操です。
ヘルニアと診断された方、過去に診断された経験のある方は、ぜひお試しください。

次回の更新もお楽しみに。

関連書籍

酒井慎太郎『脊柱管狭窄症は99%完治する “下半身のしびれ”も“間欠性跛行”も、あきらめなくていい!』

『脊柱管狭窄症』セルフケア指南書の決定版! テレビ・ラジオでも大人気のゴットハンドが、症状ごとに、即効性のある対処法を紹介。 簡単&すぐできる15の「解消メニュー」で“あなたの悩み”を、いますぐ解消!

{ この記事をシェアする }

腰の不調を自分で治す! 脊柱管狭窄症は99%完治する

バックナンバー

酒井慎太郎

さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。千葉ロッテマリーンズオフィシャルメディカルアドバイザー。中央医療学園特別講師。整形外科や腰痛専門病院、プロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を生かし、腰痛やスポーツ障害の疾患を得意とする。解剖実習にて「関節包内機能異常」に着目。それ以来、関節包内矯正を中心に難治の腰痛やひざ痛の治療を1日170人以上行なっている。TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド 土曜日版」にレギュラー出演。その他多くのテレビ番組で「注目の腰痛治療」「神の手を持つ治療師」として紹介される。さまざまなアスリートやタレント、医療関係者の治療も手掛ける一方、朝日カルチャーセンターや池袋コミュニティカレッジなどで月4回のペースで一般の方向け講演も行なっている。『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』(学研プラス)、『腰痛は歩き方を変えるだけで完治する』(アスコム)、『腰痛は99%完治する』『肩こり・首痛は99%完治する』『ひざ痛は99%完治する』『関節痛は99%完治する』『股関節痛は99%完治する』『坐骨神経痛は99%完治する』(小社)など著書多数。
ホームページ http://www.sakai-clinic.co.jp

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP