1. Home
  2. 暮らし術
  3. 腰の不調を自分で治す! 脊柱管狭窄症は99%完治する
  4. 【お悩み】デスクワーク中、足腰にずっとし...

腰の不調を自分で治す! 脊柱管狭窄症は99%完治する

2017.05.10 更新 ツイート

【お悩み】デスクワーク中、足腰にずっとしびれがあるのですが……。 酒井慎太郎

近年、患者数が増え続けている「脊柱管狭窄症」。腰痛の老化現象と言われているこの症状ですが、これまで定説とされてきた型通りの治療法・対処法では、かえって状態を悪化させてしまうこともあるそうです。
「予約の取れない治療院」として有名なさかいクリニック院長、酒井慎太郎氏は、人それぞれに自分のタイプに合わせて適切に治療をしていけば、脊柱管狭窄症は完治させることができるとおっしゃいます。新刊『脊柱管狭窄症は99%完治する』は、そのそれぞれの原因や自分でできるケア方法を、タイプ別に解説した一冊です。
その一部を抜粋してご紹介しますので、お心当たりのある方は、ぜひご一読ください。

 

* * *

 

【腰痛ケース4】
デスクワーク中、足腰にずっとしびれがあるのですが……。

「私の仕事はパソコンの入力なので、ほぼ1日中座ってキーボードを打ち続けています。ただ、ここ数か月、仕事中に足腰がしびれてくるようになって困っています。お尻から太ももの裏側、ひざ下全体にチリチリとしびれがあり、とくに夕方になると症状がひどくなるのです。以前、何度かぎっくり腰になったことはあるのですが、その影響なのでしょうか。これ以上ひどくなると仕事にも支障が出かねないので、いい対策法があったら教えてください」(45歳・会社員)​

 

【判定】
混合タイプの脊柱管狭窄症
ヘルニア5:狭窄症5


 坐骨神経痛は椎間板ヘルニアでも脊柱管狭窄症でも現われます。イスに座り続けているとしびれてくるのは椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の特徴であり、夕方に症状がひどくなったり、太もも裏やひざ下全体にしびれが出たりするのは脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の特徴です。おそらくこの方の場合、両方の症状が出ているのでしょう。

 40代半ばで脊柱管狭窄症が現われるのは通常よりも少し早いのですが、過去にぎっくり腰を患い、もともとヘルニアがあったところへ脊柱管の狭窄が進んできて、神経が圧迫された結果、坐骨神経痛の症状が現われていると考えられます。

 

●なぜこの症状が起こるのか

 坐骨神経痛のしびれ症状は、神経の流れと血液の流れの両方が滞ることにより起こります。

 流れを悪くする要因はいろいろありますが、中でも気をつけたいのが“長時間座り続けての作業”と“足腰の冷え”です。前者の対策としては、小まめに休憩をとって体を伸ばすのがいちばん。デスクワークでパソコンを打ち続けているとつい時間が経ってしまうものですが、意識的に席を立って、少し体を動かすようにしてください。

 30分から40分ごとに背伸びをしたり、トイレへ行ったりするだけでもだいぶ違うはずです。 また、後者の冷え対策は、あの手この手を使って足腰を温めるようにしてください。ひざかけやストールで足腰をくるんだり、使い捨てのカイロを貼ったりするといいでしょう。坐骨神経痛の場合、カイロは「腰の仙腸関節部分」「お尻の横下の部分」「ひざ小僧の下のやや外側部分(腓骨頭の位置)」の3点に貼るのが有効です。これらのポイントを温めていれば、神経の流れや血液の流れをよくしてしびれなどの症状を抑えることができるでしょう。

 それと、家に帰ったらゆっくりお風呂で温まりましょう。日々の入浴による温熱刺激は、神経や血液の流れをよくするのに欠かせません。さらに、足湯を習慣づけるのもおすすめ。足湯をする場合は、深めのバケツなどを用いてひざ下全体を湯につけて温めるようにしてください。

 

●すぐに症状を軽減させたいときの方法は?

 デスクワークなどでイスに座っている最中に坐骨神経痛の症状に襲われた場合、スピーディに問題を解消してくれるおすすめの方法があります。

 それが『腓骨頭マッサージ』です。腓骨頭とは、ひざ小僧の下のやや外側にあるビー玉サイズの小さな出っ張りのこと。この出っ張り付近はひざ下へ向かう神経の流れが集中するポイントであり、ここをつまんで力強くもんだり軽く動かしたりすると、神経の流れがよくなって、しびれなどの症状を即時的に改善することができるのです。

 この『腓骨頭マッサージ』ならデスクワーク中に机の下で行なうことができますし、会議中にこっそり行なうこともできます。とくにひざ下のしびれ症状に対して大きな効果を発揮するので、ぜひさまざまなシチュエーションで実践してみてください。

 

【ココがポイント!】
ひざ下のしびれ症状は『腓骨頭マッサージ』で即効解消!

●腓骨頭マッサージ

脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛を解消させるための裏ワザメニュー。
ひざ下のしびれがひどいときに行ないましょう。

 

とくに、下半身が冷えたりむくんだりしがちな女性は、足のしびれも起こしやすいもの。
すぐに試せる『腓骨頭マッサージ』を、ぜひお試しください。

次回の更新もお楽しみに。

関連書籍

酒井慎太郎『脊柱管狭窄症は99%完治する “下半身のしびれ”も“間欠性跛行”も、あきらめなくていい!』

『脊柱管狭窄症』セルフケア指南書の決定版! テレビ・ラジオでも大人気のゴットハンドが、症状ごとに、即効性のある対処法を紹介。 簡単&すぐできる15の「解消メニュー」で“あなたの悩み”を、いますぐ解消!

{ この記事をシェアする }

腰の不調を自分で治す! 脊柱管狭窄症は99%完治する

バックナンバー

酒井慎太郎

さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。千葉ロッテマリーンズオフィシャルメディカルアドバイザー。中央医療学園特別講師。整形外科や腰痛専門病院、プロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を生かし、腰痛やスポーツ障害の疾患を得意とする。解剖実習にて「関節包内機能異常」に着目。それ以来、関節包内矯正を中心に難治の腰痛やひざ痛の治療を1日170人以上行なっている。TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド 土曜日版」にレギュラー出演。その他多くのテレビ番組で「注目の腰痛治療」「神の手を持つ治療師」として紹介される。さまざまなアスリートやタレント、医療関係者の治療も手掛ける一方、朝日カルチャーセンターや池袋コミュニティカレッジなどで月4回のペースで一般の方向け講演も行なっている。『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』(学研プラス)、『腰痛は歩き方を変えるだけで完治する』(アスコム)、『腰痛は99%完治する』『肩こり・首痛は99%完治する』『ひざ痛は99%完治する』『関節痛は99%完治する』『股関節痛は99%完治する』『坐骨神経痛は99%完治する』(小社)など著書多数。
ホームページ http://www.sakai-clinic.co.jp

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP