1. Home
  2. 社会・教養
  3. インカメ越しのネット世界
  4. 「盛りたいだけ」はもう古い?自撮り文化が...

インカメ越しのネット世界

2016.11.14 更新 ツイート

「盛りたいだけ」はもう古い?自撮り文化がもたらす新しいコミュニケーション りょかち

「自撮り」「セルフィー」が若者文化として注目されて久しい。ガッキーこと新垣結衣ちゃんがセルフィー風の写真でNYLONの表紙に登場したのは2014年12月号。実はすでに2年前なのだ。

しかし2年の月日が経った今もなお、自撮り文化は進化し続けている。サイバーエージェントの藤田晋さんが、「2016年は動画元年」と語ったけれど、「観る」動画はもちろん、「SNOW」や「Snapchat」など、「撮る」文化においても2016年は「動画元年」だったのではないかと思う。

いまや、SNSのタイムラインを見れば、可愛い女の子たちが犬やら猫やらに変身して手を振りながら微笑んでくれる動画で溢れている。自撮り文化はこの2年間、少しずつ進化しながら、"新しい文化"であり続けているのだ。

「自撮り=盛り文化」?

2016年現在の日本で、自撮り・動画撮影アプリでメインストリームと言えるのは、「SNOW」「Snapchat」あるいは「BeautyPlus」「Camera360」あたりだろうか。共通した機能は顔の上に動物などのエフェクトをかけられる「フィルター」や、目を大きくしたり、肌をきれいに見せたりできる「加工」など。つまりは自分をより可愛く見せる「盛る」ための機能である。

かくいう私も、「盛る」自撮りをテーマに取り上げられることが多い。取材や、リアル世界で会った人に必ず聞かれるのは、「どうやったら盛れる写真が撮れますか?」「今一番盛れるアプリは?」といったことだ。

自撮りといえば、「盛り」。いつだって自撮りが取り上げられるときには、別人のように撮影できるテクニックや、その魅力に取り憑かれたように自撮りをする女の子たちが注目されがちである。(つづく)

■■■つづきは書籍『インカメ越しのネット世界』でお楽しみください ■■■

インカメ越しのネット世界 りょかち(著)

◯内容紹介
IT企業で働く傍ら「自撮り女子」として人気の著者が、セルフィーアプリ、ネットレビュー、動画コミュニケーション、ネット広告の未来、マッチングアプリ、サブアカウント、SNS時代のブランディング、レガシーメディアとWEBメディアなどの新しいインターネット文化を独自の目線でエモく斬る! 幻冬舎plusので人気連載に書き下ろしコンテンツを加え、待望の書籍化。巻末には、はあちゅうとの15,000字を超える赤裸々対談「女の子がいつまでもネットの第一線に立ち続けるために」も収録。さらに購入者限定にりょかちからLINEであとがきが送られてくる特典付き! 

 

↓↓購入はこちらから↓↓
◯電子書籍版(5/26発売)
Amazon Kindleストア
https://www.amazon.co.jp/dp/B0728BJBNK/

楽天kobo
http://books.rakuten.co.jp/rk/fddc2bcfbfc731678efe2d0dbd4f64bd/

iBooks
https://itunes.apple.com/jp/book/id1237523367?mt=11

◯紙書籍<プリントオンデマンド版>(5/26発売)
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B071HV6CS3

↓↓イベントもします!↓↓
さらにさらに!! 
出版を記念して1日限りの「りょかちBAR」イベントを開催します。
詳細はこちら → http://www.gentosha.jp/articles/-/7923

 

■■■新ミニコーナー「りょかち いい店、撮れる店」■■■

【鳥貴族渋谷文化村通り店】

東京では大人気の鳥貴族。しかし実は自撮りもガンガンできちゃうのが鳥貴族の魅力でもあるんです。ポイントは明るすぎない照明! 広めの店内に対して照明自体が多くないので光が強すぎず撮影できるのです。(照明は明るすぎず近すぎないのが最高。)そして、鳥貴族のジョッキで輪郭を隠せばカンペキ。

リーズナブルなお店でも、鳥貴族ならなんか許せる。キラキラ女子とは一線を画して「私、鳥貴族でも全然嬉しいよ!楽しく飲んじゃうよ!」アピールまでできる。今日から鳥貴族に行ったら「私と鳥貴族しよ?」自撮りしちゃいましょう。
 
・店舗情報
鳥貴族渋谷文化村通り店
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町34-5-2F
https://www.torikizoku.co.jp/shops/detail/186

りょかち ツイッターより

{ この記事をシェアする }

インカメ越しのネット世界

某IT企業で働きながら、自撮ラー(自撮り女子)としてネットで人気急上昇中の「りょかち」が真面目にネット世界について語ります!

バックナンバー

りょかち

1992年生まれ。京都府出身。神戸大学卒。学生時代より、ライターとして各種ウェブメディアで執筆。「自撮ラー」を名乗り、話題になる。新卒でIT企業に入社し、WEBサービスの企画開発・マーケティングに従事した後、独立。コラムのみならず、エッセイ・脚本・コピー制作も行う。著書に『インカメ越しのネット世界』(幻冬舎刊)。その他、幻冬舎、宣伝会議(アドタイ)などで連載。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP