1. Home
  2. 社会・教養
  3. 沖縄陸軍病院南風原壕を“奇跡の戦跡”にした男たち
  4. 「沖縄戦の本物の壕を公開する」14年かけ...

沖縄陸軍病院南風原壕を“奇跡の戦跡”にした男たち

2016.02.11 更新 ツイート

第2回

「沖縄戦の本物の壕を公開する」14年かけた町長の挑戦 大平一枝

日本で最初に戦争遺跡文化財に指定された、沖縄陸軍病院第二外科20号壕。リアリティを追求した展示内容に毎年、多くの人が見学に訪れる。この設立と文化財指定に奮闘した沖縄・南風原町(はえばるちょう)の男たちを追う——。


見学者が増え続ける沖縄ダークツーリズムの隠れたシンボル

南風原壕群20号 見学ツアーは約20分。一般300円、小中学生100円

人口3万7000人の小さな町に、年間2万5000人が訪れる平和学習施設がある。沖縄戦を今に伝える、沖縄陸軍病院20号壕とその隣地に建つ南風原町文化センターだ。飾り気のない、まじめ一本やりの地味な公共施設である。炎天地にもかかわらず、傍らにジュースの自動販売機すらない。あるのは、沖縄戦時、病院代わりに使われた湿った土の洞穴(壕)と、醤油樽を担ぐひめゆり学徒の人形や、貧相な木組みのベッド、薬品などが並ぶ展示空間である。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

沖縄陸軍病院南風原壕を“奇跡の戦跡”にした男たち

バックナンバー

大平一枝

文筆家。長野県生まれ。大量生産、大量消費の社会からこぼれ落ちるもの・こと・価値観をテーマに各誌紙に執筆。著書に『東京の台所』『男と女の台所』『もう、ビニール傘は買わない。』(平凡社)、『届かなかった手紙』(角川書店)、『あの人の宝物』(誠文堂新光社)、『新米母は各駅停車でだんだん本物の母になっていく』(大和書房)ほか。「東京の台所2」(朝日新聞デジタル&w)、金曜エッセイ「あ、それ忘れてました(汗)」(北欧、暮らしの道具店)、「令和・かぞくの肖像」(OIL MAGAZINE)など連載多数。
HP:https://kurashi-no-gara.com/

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP