1. Home
  2. 生き方
  3. 水木サンの迷言366日
  4. 連載を切られたマンガ家の話

水木サンの迷言366日

2015.12.26 更新 ツイート

12月26日

連載を切られたマンガ家の話水木しげる

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

水木サンの迷言366日

バックナンバー

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港に育つ。本名・武良茂。戦争中にラバウルで左腕を失う。武蔵野美術学校、紙芝居画家、貸本漫画家を経て漫画家に。67年から「少年マガジン」で「ゲゲゲの鬼太郎」の連載開始。以降、『悪魔くん』『河童の三平』などの人気作品を発表し、妖怪漫画家の第一人者となる。91年に紫綬褒章、2003年に旭日小綬章を受章している。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP