1. Home
  2. 生き方
  3. 「日本一有名なニート」と「クマムシ博士」の、ニッチ的生き方のすすめ
  4. 「ずっと寝てたい」と言ってもいい社会

「日本一有名なニート」と「クマムシ博士」の、ニッチ的生き方のすすめ

2015.09.02 更新 ツイート

第3回

「ずっと寝てたい」と言ってもいい社会 pha/堀川大樹

◆自分のための活動が結果的に人のためにもなる

pha  基本はいろんな人に会うことが大事だなと思います。ニートでも人との繋がりがあれば孤立しない。いろんな人に会っていると「実家で人が足りないから手伝わないか」とか、そういう話があるんですよ。それで、ニートというかパチプロだったけどいきなり鹿児島に行って酒蔵で働き始めた友だちがいたり。そういう人づてが大事なんじゃないかなと思いますね。あと、やっぱりスキルを身につけてると脱出しやすいというか、出やすいのもありますね。ニートだけど、フリーランス的に仕事をするとか。

堀川 やっぱりIT系の知識とかそういうのですかね。

pha  そうですね。IT系の知識とかもいいと思いますね。HTMLが書けるとかプログラミングできるとか、文章書けるとか絵が描けるとか、なんでもいんですけど。

堀川 クラウドソーシングとかも普及してますしね。たとえばタイとかに住んで、クラウドソーシングで仕事したら、わりといい感じで暮らせるんじゃないかなと思ったり。

pha  そうですね。だから何かスキルがあったらいいし、クラウドソーソングとか、ネットのおかげで場所にとらわれずに仕事をしたりもある程度できるようになりましたしね。そういうのを活用していったらいろいろできる時代になってると思いますね。

堀川 あとはやっぱり売り込みも多少必要だと思うんですけどね。自分で発信してると、広がっていくかな、と。スルー力を身につけつつ、恐れずに発信し続けると、目に留まりやすくなりますからね。

pha 発信し続けて、変なのが来たらスルーしてみたいな。そこはスキルが必要なのかな。だから、やっぱり意識の持ち方をネット以前と変えなければいけないかもしれないですね。誰かに悪口言われても気にしなくていいとか、全然知らない暇な人が言ってるだけだから、みたいな。

堀川 phaさんのあのブログは、誰かに何かを伝えたいっていうものなんですか? それとも自分のためなんですか?

pha  わりと自分のためで、自分の考えをまとめるみたいな感じで書いてるのもあります。でも、結果的にそれが誰かの役にも立つかなみたいな感じですね。

堀川 いいですよね。自分のためというか、そういう活動をしてて、結果的に人のためにもなるのは理想的だなと思って。

pha  研究とかもそうじゃないですか?

堀川 たぶんそうですね。ところで、phaさんてどんな本をお読みになるんですか?哲学的な本とか?

pha  いえ、哲学関係はそんなに読んでません。社会学とかの方が読んでる感じがありますね。逆にあんまり読んでないので、不勉強な感じがばれるかも。知識を生活に取り入れたいみたいな、そういう感じかな。今回の本も知識をベースに、どんなふうに生きるのかみたいなのを書きたくて書いた感じですね。

堀川 原則ずっと寝てたいっていうのがおもしろくて。

pha  寝てたいですよね。それを言っちゃいけないみたいなのがあるけど、言っていいと思うんですよね。別に自然な感情だし。それだけじゃだめだろうっていうのはそうなんですけど、でもそれは自然な感情だっていうのは、そういう部分が人間にはあるっていうのは言っていいと思うので。寝てたいですよね。

堀川 やりたいことだけをやるって、意外に人間にあってるなと。その方がうまくいくかもしれないですよね。長い目で見たときに。

pha  そうですよね。無理しすぎないで。

堀川 それからちょっと聞きたかったんですけど、こういう活動をされてると、わりと講演の依頼とか来るんじゃないですか?

pha  いえ、そんなに来ません。もし来ても、あまり講演とかは得意じゃないので。

堀川 ですよね。あまり講演をやられてる感じがしないから。それで、今回お目にかかれるっていうので、「え、そんなレアな」みたいな(笑)。

pha  対談とかならわりといいんですけど、講演って本当に一人でしゃべらなきゃいけないじゃないですか。そういうのは苦手な感じがありますね。体力がなくて、1時間ぐらいするとわりとバテちゃうし。

堀川 今日は大丈夫ですか?

pha  今日も50分ぐらい経ったあたりで、エネルギーなくなったなっていう感じで、10分か20分ボーっとしてました(笑)。いまお菓子とか食べてまたちょっと復活してきたので。

堀川 僕も最近しゃべるとすごく疲れて、そのあとの1日がもうダメなんですよ。朝とかしゃべることがあると、1日ぐったりして。phaさん、今日はこれからもう1本取材なんでしょ。大丈夫ですか。

pha  大丈夫です。

堀川 大変ですね。ニートとは思えない(笑)。めっちゃ働いてますよ。

pha  いつもそうではないので、たぶん1カ月に1度ぐらい。昨日とかは寝てました(笑)。

堀川 ハハハ、今日はありがとうございました。

pha ありがとうございました。

関連書籍

pha『持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない』

{ この記事をシェアする }

「日本一有名なニート」と「クマムシ博士」の、ニッチ的生き方のすすめ

バックナンバー

pha

1978年生まれ。大阪府大阪市出身。現在東京都内に在住。京都大学を24歳で卒業し、25歳で就職。できるだけ働きたくなくて社内ニートになるものの、28歳のときにインターネットとプログラミングに出会った衝撃で会社を辞める。以来毎日ふらふらしながら暮らす。シェアハウス「ギークハウスプロジェクト」発起人。著書に『持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない』『ひきこもらない』(幻冬舎)、『ニートの歩き方 お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』(技術評論社)などがある。

堀川大樹

1978年生まれ。北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了。地球科学博士。NASA Ames Research center研究員、AXAポスドクフェロー、パリ第五大学および仏国立衛生医学研究所研究員を経て、慶應義塾大学SFC上席所員。著書に『クマムシ博士の「最強生物」学講座 私が愛した生きものたち』(新潮社)、『クマムシ研究日誌 地上最強生物に恋して』(東海大学出版部)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP