1. Home
  2. 生き方
  3. 『わたしの神様』『歪んだ蝸牛』が描く女の欲望・男の本音
  4. 「見て見られる」関係から誰も自由になれな...

『わたしの神様』『歪んだ蝸牛』が描く女の欲望・男の本音

2015.08.13 更新 ツイート

第2回 

「見て見られる」関係から誰も自由になれない小島慶子/田中経一

 『料理の鉄人』など数々の名番組を生み出し、小説『歪んだ蝸牛』では嫉妬と欲望が渦まくテレビ業界を活写したテレビプロデューサー田中経一さん。野心とプライドを胸に秘めた女子アナたちを主人公に、初めての小説『わたしの神様』を上梓した小島慶子さん。
 意外にも初対面だという二人の対話は、「今日、来るのを辞めようかと思った」という田中さんの衝撃告白から始まり、すぐに盛り上がって丁々発止のテレビ論に。そして、そこから見えてきたのは、業界の枠を超えた、「これからの男と女の働き方」「生き方」なのでした――。
 女の欲望と男の本音が炸裂するお二人のトークを、全3回でお届けします。第2回は、テレビ業界の人でなくても、皆からめとられている、「見て見られる関係」をめぐって……。

 

「自分はニッチらしい」と気づいて、楽になりました(小島)

田中 今日どうしてもお聞きしたかったのは、小島さんは、最初はまあおとなしい、普通の局アナだったわけじゃないですか。モデルチェンジしたのはラジオに出演されるようになってからですか。

小島 あははは、モデルチェンジに見えますかね。

田中 モデルチェンジじゃないんですか? おっかない人にモデルチェンジしたように見えました。

小島 私、新人アナ時代って何か面白いこと言わなきゃいけないんじゃないかと思い込んでいたんですよ。

田中 え? 新人時代からですか。

小島 入社したときからです。同期のアナウンサーが女3人で、爽やかなお嬢様系と、天然ボケのかわい子ちゃん系がいたから、じゃ、私は個性派路線がいいのかなと。だから、普通に「こんにちは」と挨拶すればいい場面でつまらないツッコミをいれてみたり。

田中 あらら。当時は女子アナに対して、そういう需要はなかったような。

小島 そう、誰もそんなこと求めてない。しかも、うまくできるわけでもない。つまんないうえに面倒くさい。そんなアナウンサー、誰も使いたくないですよね。

田中 はぁー。逸材だったんだ、小島さん。

小島 最初は勘違いして、これが認められるんじゃないかと思っていたんですけど、それこそモニターで見ると、違うと自分でもわかるわけですよ。

田中 そういうイタいアナウンサーを何年ぐらい続けていたんですか。

小島 入社してから3~4年目までずっとそんな感じでした。

田中 だいぶ続けちゃいましたね。

小島 はい。屈折しきって、なんかもう、「女子アナとか全然興味ないっす」みたいな態度を取り続け……。レッドウィングにデニムと迷彩のフリースで、黒いリュック背負って、ベリーショートの髪にすっぴんで現場に「ちぇーす」って入って技術さんとしか話さない、みたいな。

田中 うーん、それは困った。

小島 スタッフは、「うわ、今回、小島かよ」って。完全に外れくじ扱いです。でもあるときラジオをやったら、たまたまハマったんですね。つまり、アナウンサーというのは発表係なので、書いてあるとおりにやらないと発表にならないじゃないですか。でも、ラジオで求められるのは発表係ではなく、話しかけるという役割。それにたまたま私の特性がハマった感じです。

田中 なるほど、モデルチェンジではなく、もともとそっちだったんだ。

小島 でも、自分ではやっぱりアナウンサーになったからには、「週刊文春」の好きな女子アナランキングに入りたいとか、「CLASSY」とか「25ans」から「人気アナ小島さんのカバンの中身を見せてもらいま~す」みたいな企画が来ないかなあとか思っていたんですよ。

田中 あははは。それじゃ『わたしの神様』まんまの女子アナじゃないですか。

小島 でも適性もないし、需要もないし。で、ある日、気づいた。どうやら私は、ニッチらしい。もう「人気アナであるべき」とか、「全方位的人気者であるべき」とかいう「であるべき」をやめて、ニッチなりに人に喜んでもらえればいいかなと思ったあたりから、ちょっと楽になってきました。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

『わたしの神様』『歪んだ蝸牛』が描く女の欲望・男の本音

バックナンバー

小島慶子

1972年オーストラリア生まれ。エッセイスト、タレント。学習院大学を卒業後、1995年TBSに入社。アナウンサーとしてテレビ・ラジオに出演。1999年第36回ギャラクシーDJパーソナリティ賞を受賞。2010年退社。テレビ・ラジオ出演、連載多数。著書に『女たちの武装解除』『解縛(げばく)〜しんどい親から自由になる』などがある。

田中経一

1962年東京都生まれ。立教大学法学部卒業後、テレビ業界へ。その後、フリーの演出家として独立。フジテレビ「カノッサの屈辱」「料理の鉄人」「ハンマープライス」「クイズ$ミリオネア」「有吉弘行のダレトク!?」やテレビ朝日「愛のエプロン」など数々のテレビ番組の演出を手がけ、多くの受賞歴を持つ。現在はテレビ番組制作会社㈱ホームラン製作所を経営し、テレビ番組や食に関するイベント等を演出している。2014年、『麒麟の舌を持つ男』で小説家デビュー。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP