1. Home
  2. 生き方
  3. 文豪未満
  4. 下北沢でポエトリー

文豪未満

2022.11.22 更新 ツイート

下北沢でポエトリー 岩井圭也

先日、下北沢にある「本屋B&B」でのイベントに出演した。

四月に刊行された短編集『生者のポエトリー』の記念イベントで、ドリアン助川さんとのトーク、自作詩の朗読、さらには即興詩のパフォーマンスを行った。会場・オンラインともに、想定を超える多くの方々に参加していただいた。

 

写真はトークと朗読の風景である。

人前での朗読は初めての経験で緊張していたが、ドリアンさんや司会のikomaさんの配慮もあり、のびのびとやることができた。会場は観客の皆さんとの距離が近く、その近さが一体感を醸成していた。

当日は作中詩にくわえて四編の自作詩を朗読した。そのうちの一編「蠍」は以下のような詩だ。雰囲気だけでも味わっていただければ幸いである。

肌のうえで蠍を飼うあなたの
毒針は静かにかがやいて
天上の星のかけらを指さしている

蠍の群れがあなたの背中を 腕を 足を
這いまわる
節くれだった足の先がやわらかく沈み
喜びと悲しみのちょうど真ん中で
長い髪をふりみだす

夜を覆う膜をひと突きで破りたい
そうすればあなたは忘れられなくなる
しつこいほど流れ出す塩水を
両手ですくって啜りこんでみせたい

あなたが死んだら蠍は
骨という新たな巣に飛びうつる
そして風になるまで飽きることなく
艶やかな甲殻を光らせるだろう

日ごろ小説を書いていると、文章が「わかりやすさ」に流されていく感覚がある。エンタテイメント文芸を書くうえで、もちろん「わかりやすさ」は無視できない要素だが、一方で他者からの「わかりやすさ」ばかりを意識していると、時に自分にとって腑に落ちない言葉を選択してしまいそうになる瞬間がある。

そういう時、私はしばしば詩を書く。発表する当てがあるわけではない。自分の言語感覚を鋭敏にすることが目的だ。

刀は実戦だけでは鈍ってしまう。時おり研がなければ、鋭さを維持することはできない。私にとって詩を書くという行為は、小説家としての切れ味を衰えさせないための営みだと言ってもいい。

とりわけ面白い体験となったのは、即興詩である。

来場した皆さんから三つのお題をもらい、それらを含めた詩を即興で考えて披露するという趣向だった。実際にいただいたお題は「トラクター」「夕焼け」「会社員」。ドリアンさんが先陣を切ってくださったおかげでいくらか気が楽になり、思い切ってパフォーマンスすることができた。

執筆から反響まで数か月、時には数年を隔てる小説と違って、ライブパフォーマンスはその場で反応が返ってくる。毎日パソコンのディスプレイと向き合っている私にとっては、クセになりそうな非日常的体験であった。

終了後、会場を出るころには午後十時を回っていた。

まだまだ眠る気配がない夜の商店街を歩きながら、この街を舞台に書いたらどんな詩ができるだろう、と考えた。柄にもなくそんなことを思ったのは、どっぷりと詩に浸った後だったせいか。あるいは下北沢という街の空気が、心のなかに眠る詩情を呼び起こしたのかもしれない。

関連書籍

岩井圭也『プリズン・ドクター』

奨学金免除の為しぶしぶ刑務所の医者になった是永史郎。患者にナメられ助手に怒られ、憂鬱な日々を送る。そんなある日の夜、自殺を予告した受刑者が変死した。胸をかきむしった痕、覚せい剤の使用歴。これは自殺か、病死か?「朝までに死因を特定せよ!」所長命令を受け、史郎は美人研究員・有島に検査を依頼するが――手に汗握る医療ミステリ。

{ この記事をシェアする }

文豪未満

デビューしてから4年経った2022年夏。私は10年勤めた会社を辞めて専業作家になっ(てしまっ)た。妻も子どももいる。死に物狂いで書き続けるしかない。

そんな一作家が、七転八倒の日々の中で(願わくば)成長していくさまをお届けできればと思う。

バックナンバー

岩井圭也 作家

1987年生まれ。大阪府出身。北海道大学大学院農学院修了。2018年「永遠についての証明」で第9回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュ ー。著書に『夏の陰』( KADOKAWA)、『文身』(祥伝社)、『最後の鑑定人』(KADOKAWA)、『付き添う人』(ポプラ社)等がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP