1. Home
  2. 社会・教養
  3. 「好きなこと」を「好きなだけ」やればいい
  4. 子どもの適正と能力を伸ばせる、親の特徴と...

「好きなこと」を「好きなだけ」やればいい

2022.09.18 更新 ツイート

子どもの適正と能力を伸ばせる、親の特徴とは? 佐藤崇弘

「子どもには好きなことをして生きていってほしい。だから、まずは勉強。嫌いでもやらせなきゃ!」この大きな矛盾に、どれくらいの親御さんが気づいているでしょうか?

入学希望者が殺到する「キャピタル東京インターナショナルスクール(CTIS)」の理事長・佐藤崇弘さんは、「子どもの幸せと成功を願うなら、嫌いなことはいち早く切り捨てて、好きなことだけを追求させたほうがいい」と言います。

凝り固まった教育への概念が、多角的な方向に広がる新しい子育ての教科書『「好きなこと」を「好きなだけ」やればいい』から一部を抜粋してお届けします。

(写真:iStock.com/fizkes)

親がすべきは、「勉強しなさい」でなく、子の将来へのマネジメント

時代の激変に拍車がかかるなか、親がわが子のためにすべきことはなにか。

私は、時代を見ながらわが子の適性と「好き」を見極め、あるときは能力を伸ばし、あるときは「好き」のなかでより最適なほうへと向かわせる、いわばマネジメントであると思います。

 

わが子の「好き」がどうしても学力が必要な方向にある。たとえば医療にあるとしましょう。そのなかでも、わが子がどうしても医者になりたいというのなら、高度な学力は欠かせません。

わが子に「自分は医者になりたい」「自分の将来はここにある」という確固とした目標があるのなら、「そのためには医学部に入学する必要がある」「医学部に入るためにはこれだけの偏差値を取りなさい」という親の言葉も指導も、間違いではありません。それこそ中高生の段階から勉強漬けの毎日になることでしょうし、特に数学に関しては、並はずれた高い学力を身につける必要があります。これはもう、医学部入試の経験者たる私・佐藤が言うのですから、間違いない事実です。

 

ですが、わが子の本当の好きや志向が「医者」ではなくて「医療」であるのなら、勉強漬けの毎日や「勉強しなさい」という叱咤激励は、かならずしも必要とは限りません。

医療は医者だけでは成り立たない仕事です。看護師から薬剤師、検査技師もいれば、医療施設を運営管理する仕事もあります。医療法人を経営する経営者も欠かせませんし、医療機器を研究開発する技術者や、製薬企業の研究者を抜きにしても成り立ちません。

そして子どもは子どもで、志が医療であったとしても、人のお世話をすることが好きな子もいれば、顕微鏡をのぞき、コツコツと腰を据えて研究するほうが向いている子もいます。学力に並はずれたものがあったとしても、医者にもっとも必要な、人とのコミュニケーションは苦手とする子だっていることでしょう。

であれば、「この子は成績がいい。では将来は医者に」ではなくて、まずはわが子に「なぜ医者になりたいの?」と聞き、ともに考える。そして子の性格や志向、成績を見極め、わが子の「好き」を基準にしつつも、適性のある方向へとマネジメントしていく。これこそが、親の役割であるように思えます。

 

最悪なのは、「医療が好き? だったら医者になれ」「勉強して偏差値を上げなさい」と、闇雲にわが子の尻を叩くことです。

子どもが医療に興味を示す、あるいは成績がいいと、「だったら将来は医者に」という思考回路は、私も十分理解できます。かつての私自身もそうでしたから。ですがそれが、親の価値観を優先したものでないか、一度立ち止まり、じっくりと考えてみる必要があるように思います。

関連書籍

佐藤崇弘『「好きなこと」を「好きなだけ」やればいい 今を生きる子どものための、枠にとらわれない教育の在り方』

苦手なことはいち早く切り捨てろ。才能も、天才である必要もない。 「好き」を見つけて、「得意」に変えれば子どもは必ず成功する! 話題のインターナショナルスクール理事長が教える、次代を担う子どもの育て方。 激変する時代にあわせて、あらゆるものが進化しているのに、日本の教育制度や学校の在り方、親の価値観が変わらないのはなぜ? 凝り固まった教育への概念が、多角的な方向に広がる新しい「子育ての教科書」!

{ この記事をシェアする }

「好きなこと」を「好きなだけ」やればいい

2022年4月、東京・南麻布に「キャピタル東京インターナショナルスクール(CTIS)」が開校しました。既存のインターナショナルスクールとは一線を画す教育プログラムにより、入学希望者が殺到しています。世界で活躍する子どもを育てるために親がやるべきこととは? 子どもを伸ばす教育とは? 話題のインターナショナルスクール理事長が教える、新しい子育ての教科書です。

バックナンバー

佐藤崇弘 キャピタル東京インターナショナルスクール(CTIS)理事長

1980年福島県生まれ。大学在学中に障害者施設や高齢者介護施設の事業化に成功。2004年に長野県庁による課長級職員の公募に採用され、翌年、当時最年少で県庁部長級職員に。退庁後、2005年に就職困難者の就労支援を行う株式会社LITALICO(東証プライム上場)を起業し、代表取締役に就任。代表退任後は、スタートアップ支援にて起業家育成に注力する傍ら、奨学金支給等を行う財団法人設立に取り組む。2021年にインターナショナルスクールを運営する株式会社CTISを設立。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP