1. Home
  2. 社会・教養
  3. 誤解だらけの徳川家康
  4. 「松平」から「徳川」への改姓は公家の仲間...

誤解だらけの徳川家康

2022.07.29 更新 ツイート

「松平」から「徳川」への改姓は公家の仲間入りのためだった! 渡邊大門

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」の放映もあり、徳川家康への関心が高まっています。家康は「寡黙の苦労人」「腹黒い狸親父」というイメージがありますが、その実像は近年の研究により、大きく変わってきています。

家康にまつわる様々な「誤解」を徹底的に検証し真実を解き明かした『誤解だらけの徳川家康』から一部を試し読みとしてお届けします。

*   *   *

(京都御所)

徳川氏改姓の舞台裏

永禄九年(一五六六)十二月、家康は従五位下・三河守に叙位任官され、あわせて松平から徳川に改姓した。実際に勅許を得られたのは翌年一月のことである。

そもそも家康の本姓(ほんせい)は、「源」だった。本姓とは、天皇から下賜(かし)された姓のことで、名字とは別個のものである。たとえば、足利義満は本姓が「源」なので、正式には源義満という。しかし、このとき家康が与えられた口宣案(くぜんあん)(辞令書)には、「藤原家康」と書かれていた。なぜ家康は、本姓を「源」から「藤原」に改姓したのか、まずこの問題を取り上げることにしよう。

そのカギを握るのは、慶長七年二月二十日付の近衛前久(このえさきひさ)書状(近衛信尹(のぶただ)宛)である(「近衛家文書」)。以下、藤井讓治氏の研究(二〇二〇)により、改姓の経緯をまとめておこう。

正親町(おおぎまち)天皇は家康を公家として処遇したかったが、家康の家系の徳川では先例がなかった。ところが、徳川の源氏には二つの系統があり、惣領(そうりよう)の系統が藤原氏になったという例が報告された。この情報を知らせたのは、吉田兼右(かねみぎ)だった。そこで、家康の本姓を「源」から「藤原」に変更することで、右の叙位任官が叶ったのである。当時は先例を重んじる気風があったので、こうした「裏技」を使ったのである。

家康の「松平」から「徳川」への改姓は、永禄九年十二月三日付近衛前久書状(誓願寺泰翁(せいがんじたいおう)宛)に事情が書かれている(「近衛家文書」)。以下、その概要をまとめておこう。実は家康が「徳川」に改姓するまで、書状などに「徳川」と署名した文書はない。改正以後もわずか二通の書状を除き、自ら「徳川」と署名した文書もない。

右の前久の書状によると、誓願寺(京都市中京区)で納所(なつしよ)(金銭の収支を扱う役)を務めた慶深(けいしん)なる者が、「徳川氏はかつて近衛家に仕えていた」と証言したことが書かれている。この件については、「松平」のままでは従五位下・三河守への叙位任官が困難だったので、家康が「徳川」に改姓することによって、認めてもらうよう画策したと指摘されている。こうして家康は、晴れて公家の仲間入りを果たした。

ところで、われわれは「徳川」と表記するが、公家の間では「得川」と書かれるのが一般的だった。先の前久の書状には「徳川は得川と書くのが根本である。『徳』の字を書くのは、事情があるからだ」と書かれている。

家康は叙位任官に際して、間を取り持った近衛氏、吉田氏にお礼をすることになった。近衛氏には馬が進上されたが、約束した二百貫文(現在の貨幣価値で約二千万円)のうち、わずか二十貫文(約二百万円)しか献上されなかったという。吉田氏に至っては、存命中に約束した馬が献上されることはなかった。

{ この記事をシェアする }

誤解だらけの徳川家康

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」の放映もあり、徳川家康への関心が高まっています。家康は「寡黙の苦労人」「腹黒い狸親父」というイメージがありますが、その実像は近年の研究により、大きく変わってきています。

家康にまつわる様々な「誤解」を徹底的に検証した『誤解だらけの徳川家康』から一部を試し読みとしてお届けします。

バックナンバー

渡邊大門

1967年、神奈川県生まれ。歴史学者。関西学院大学文学部史学科日本史学専攻卒業。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専攻は日本中世政治史。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。主な著書に、『豊臣五奉行と家康 関ヶ原合戦をめぐる権力闘争』『戦国大名の戦さ事情』(ともに柏書房)、『倭寇・人身売買・奴隷の戦国日本史』(星海社新書)、『関ケ原合戦全史 1582-1615』(草思社)、『ここまでわかった! 本当の信長 知れば知るほどおもしろい50の謎』(知恵の森文庫)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)、『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP