1. Home
  2. 社会・教養
  3. 金持ち列車、貧乏列車
  4. ゴルフ場で「ワンランク上の人脈」を作るた...

金持ち列車、貧乏列車

2022.01.05 更新 ツイート

ゴルフ場で「ワンランク上の人脈」を作るためのたった2つのルール 末岡よしのり

近年、会社員の副業として人気を集めている不動産投資。「ギガ大家」こと末岡よしのりさんは、なんと個人で1000戸以上を所有する、不動産投資のカリスマとして知られる一人です。『金持ち列車、貧乏列車 成功者だけが持つ「切符」を手に入れる方法』は、そんな末岡さんが大切にしている、最速でお金持ちになるノウハウ・心がまえをまとめた一冊。ここではとくに重要なポイントを抜粋してご紹介します。

*   *   *

自分の「マイヒーロー」を決めよう

落語家の真打襲名披露に招かれて行くと、たくさんの芸能人、タレント、文化人、スポーツ選手がいてびっくりします。

テレビや新聞、雑誌で見かける人たちが何百人と着席しています。

落語は日本の伝統芸能なので、各界の著名人が応援してくれるわけです。

(写真:iStock.com/metamorworks)

有名人になりたかったら、まずは「自分の理想像(マイヒーロー)」を決め、その人が属している「有名人の輪」に入る必要があります。たとえば、本が書きたかったら、ベストセラー作家を見つけて友人になるのがいいでしょう。また、講師デビューしたかったらカリスマ講師と親しく付き合うことが近道です。

私のヒーローは、ロバート・キヨサキです。私よりも数段レベルが上の人で、不動産で成功し、世界的に活躍しているからです。

この「有名人の輪」に入るか入らないかで、人生も成功と失敗にわかれます。

 

輪の中に入る方法は簡単です。まず、ひとりでいいので、有名人と友だちになって、その人を大切にしてください

「最初のひとり」を見つけるのがハードルが高いと思うかもしれませんが、意外と簡単です。私の知り合いの女性は、サザンオールスターズの桑田佳祐さんと一緒にビリヤードをしたことがあるそうです。どうしてそんな大物と知り合えたのかと聞くと、彼女の友だちが桑田さんと大学時代の同級生で、「いきつけのバーに友だちが来ている」と誘われて行ってみたら、なんと桑田さんだったそうです。

このように、あなたの友だちが大物を知っているケースはたくさんあります。

 

最後に、有名人と付き合う際の注意点があります。それは「媚びないこと」です。

有名人には大勢の人がすり寄ってきますが、そんな人はいちばん嫌われます。

間違っても、「ツーショットを撮っていいですか?」といったミーハーぶりを見せないでください。とたんに嫌な顔をされ、あなたは輪の外に放り出されます。

ゴルフ場でワンランク上の人脈をつくる

アメリカで最も多くの起業家を輩出しているスタンフォード大学の面積は約33キロ平方メートルで、だいたい東京都の杉並区と同じ広さです(ちなみに東京大学・本郷キャンパスの面積は約0.4キロ平方メートル)。そんな広大なキャンパスの中には、18ホールの立派なゴルフコースがあります。1番ホールが最も難易度が高く、なんと人や車が通る道路越えです。

あのタイガー・ウッズもスタンフォード大学に在籍していたので、彼も道路越えのボールを打ったに違いありません。起業家を目指すスタンフォードの学生は、ゴルフをすることが推奨されているのです。

なぜ、起業家たちはゴルフをするのでしょうか?

(写真:iStock.com/okimo)

それはゴルフがほかのスポーツと違い、ゆっくりと会話を楽しみながらできるスポーツだからです。プレイの合間にお互いの人間性を知り、しっかりとした信頼関係を築くことができます。そして関係が深まれば、ビジネスの話をすることもできます。

ゴルフでは正直さや慎重さ、戦略的な思考力や忍耐力、さらには決断力も試されます。そのスリルと緊張感がお金持ちには快感なのです。

また、ゴルフをする人は「お金持ち」であり、「時間持ち」です。なぜならゴルフをする余裕があるということは、あくせく働く必要がなく、時間をコントロールできている証拠だからです。そのような人たちが集まる場だからビジネスチャンスもあるのです。

 

さて、ゴルフをするときのマナーとして、気をつけてほしいことがふたつあります。

(1) 自分から売り込んではいけない。

(2) ゴルフ場で聞いたことを他人に話してはいけない。

とくに、(2)が大事です。口がかたいことは、上質な人脈をつくる鉄則です。

たとえば、安倍晋三元首相はトランプ前大統領とよくゴルフをしていましたが、そこで話したことは絶対にマスコミに漏らしませんでした。ゴルフコース上は基本的にSPもいないので、間違いなくトップシークレットな話し合いがされていたことでしょう。

関連書籍

末岡よしのり『金持ち列車、貧乏列車 成功者だけが持つ「切符」を手に入れる方法』

●「副業でおこづかい稼ぎ」をやめる ●普通車に乗るか? グリーン車に乗るか? ●キャピタルゲインとインカムゲイン、どっちを狙う? ●仕事は10倍頑張るより、10分の1に減らす ●異業種にいきなり転職してはいけない その選択が、あなたの収入を左右する! 経営者・投資家が教える、最速でお金持ちになる90の方法 【もくじ】 出発進行 『お金持ち列車』とは何か 〜成功するための乗車券〜 『お金持ち列車』に乗れる人はたった1%/なぜ、自動車ではなく「列車」なのか?/大手企業に入っても『小金持ち列車』しか乗れない/『お金持ち列車』の切符は1億円/お金持ちは3種類しかいない/「どこ」で乗って、「どこ」に行くのか? 1両目『お金持ち列車』の目的地を決める 〜価値観・目標設定〜 なぜ桃太郎は子どもなのに鬼退治ができたのか/「お金持ちは悪」という常識を捨てよ/「価格決定権」を自分で握る/「副業でおこづかい稼ぎ」をやめる/お金を増やす方法は3つしかない/ほしい「金額」「時期」「方法」を書き出す ほか 2両目 新幹線、普通車に乗るか? グリーン車に乗るか? 〜お金が増える生活習慣〜 お金持ちはいつも何を考えているのか?/お金持ちがファーストクラスに乗る本当の理由/ビル・ゲイツはマクドナルドでクーポンを使う/320万円の家に住むウォーレン・バフェット/お金持ちは100円ショップに行かない/競馬は「鉄板レース」だけやれば勝てる ほか 3両目 お金持ちはやたらと名刺交換しない 〜一流の人との付き合い方〜 お金持ちは肩書きで仕事をしない/ビジネスの成功は事前準備が9割/銀行マンを味方につける方法/上から引き上げてもらえる人の共通点/「人脈」は5年で全部入れ替えていい/お金で換算したとたんに人間関係は終わる ほか 4両目 投資を始める前にこれだけは知っておきたい! 〜お金を増やす方法〜 投資で成功するための4つの鍵/コバンザメ投資法のすすめ/キャピタルゲインとインカムゲイン、どっちを狙う?/「必ず儲かる」は相手が儲かるだけ/不動産で儲ける3つの条件/月1万円の返済で、月13万円の不労所得 ほか 5両目 「生き金」「死に金」どっちに使う? 〜お金の使い方〜 黄金比は「浪費1:消費6:投資3」/家計簿をつけてお金の防衛意識を高める/タクシー会社が自動車保険に入らない理由/たった150円のペイフォワード/人への投資がいちばんリターンが大きい/投資家はいくつもの人生を生きられる ほか 6両目 「元本保証」にはウラがある 〜お金の守り方〜 「消費欲求」を抑えすぎてはいけない/お金の貸し借りは必ず友人関係を壊す/あなたを騙そうとする人の3つの特徴/お金持ちが「儲かっている」と言わない理由/儲け話は存在しない。見ない、聞かない、乗らない/金は5000年間一度も値下がりしていない ほか 7両目 お金を稼げる環境の整え方 〜健康、家族、友だち〜 ジョブズが手に入れられなかったもの/なぜ日本の総理大臣は長生きなのか?/健康リスクをひとつずつ排除する/時間は貯蓄できない財産/布団は高いほうを買う/アメリカの子どもはレモネードで儲ける ほか 8両目 「時間管理」は「命の管理」と同じ 〜時間の大切さ〜 お金持ちは行列に並ばない/「時は金なり」を勘違いしていませんか?/仕事は10倍頑張るより、10分の1に減らす/過去の自慢話に耳を貸さない/時間配分は「好き嫌い」で決めていい/お金持ちの仕事とは「ジャッジを下す」こと ほか 9両目 「得意なこと」がお金を生み出す 〜才能の磨き方〜 「やりたくないことリスト」を作る/山中教授も自分の才能に気づいていなかった/「得意」がふたつあればナンバーワンになれる/銀座の寿司屋と地方の寿司屋はどこが違う?/一流の歌舞伎役者は裏地にお金をかける/異業種にいきなり転職してはいけない ほか 10両目 未来を共有できる仲間を集める〜信頼関係のつくり方〜 京都の和菓子屋さんが売ってくれなかった理由/友だちを厳選する/孫正義氏がたった2名の社員にした演説/科学で証明された「応援」の力/お金持ちのメンタリティ/「過去の自分」が未来へのヒント ほか あとがき 終着駅あなた自身が夢のスピーカーになる

{ この記事をシェアする }

金持ち列車、貧乏列車

近年、会社員の副業として人気を集めている不動産投資。「ギガ大家」こと末岡よしのりさんは、なんと個人で1000戸以上を所有する、不動産投資のカリスマとして知られる一人です。『金持ち列車、貧乏列車――成功者だけが持つ「切符」を手に入れる方法』は、そんな末岡さんが大切にしている、最速でお金持ちになるノウハウ・心がまえをまとめた一冊。ここではとくに重要なポイントを抜粋してご紹介します。

バックナンバー

末岡よしのり

パーフェクトパートナー株式会社代表取締役。投資家。1976年、北海道生まれ。母子家庭で、幼少期を風呂なしの市営住宅で過ごす。29歳のころ、ロバート・キヨサキのベストセラー『金持ち父さん、貧乏父さん』に感銘を受ける。女手ひとつで育ててくれた母に副収入を持たせるため不動産投資事業で成功。現在は、個人で1000戸以上を所有する「ギガ大家」。たくさんの人にお金や不動産投資を教える講演家として活動。「日本のロバート・キヨサキ」と呼ばれるようになる。不動産投資家として活躍するかたわら、IPOを夢見て頑張る人を応援する「エンジェル投資家」としての活動も行う。北海道で妻と6人の子どもの8人暮らし。ワイナリーを計画中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP